toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

露天湯

本沢温泉 八ヶ岳開山式イブ 雲上の露天風呂 再訪

2017.06.03

9月の3連休に阿曾原温泉へ行きたくて 会長を誘い予行演習

兼ねて登山とキャンプを計画した。

登山計画地は、八ヶ岳山中にある本沢温泉にある雲上の露天風

呂だ、道程は欅平駅直後の急勾配こそ無いが、恐らく水平歩道の

ような道であろうとここに決めた。

DSCF8058
10:40 本沢温泉入り口 RV車は、この先の

駐車場まで非舗装路を進むことが出来るが、

コンパクトカーでトライしたが直ぐにオイルパ

DSCF8059ンに砂利が接触しおとなしく駐車場に車を駐

め戻し前回と同じくここから歩き始めた。

初回は2010.06.05単独行であった。


DSCF8060
阿曾原温泉は、長年の夢、是非行ってみた

いが、単独行は危険。そこで会長を口説き今

日に至った。

DSCF8061DSCF8062
まだ順調な足運び 気温15℃

に加え小鳥の囀り、なんて気持

ちいいんだろう

DSCF8063
11:18 駐車場到着

ここまでは意外と勾配角がありきつかった。

初回より3分遅いペース、あまり体力落ちないのかな。

DSCF8064
会長です。歩き方が悪い。

足を地面に着いた際バタっと音を立てるんだ。その歩

き方は、直した方がいいよ。

着地の時に大きな音をたてる歩き方は良くありません。脚を前に出すのと同時に重心も移動してしまっているためこのような事が起こりますが、バランスも悪く膝や内臓にもダメージを与えてしまいます。常に後ろ脚に重心を残して静かに着地をするよう心がけましょう。

DSCF8065
12:00 秩父連山と野辺山  あの白いものはなん

だ・・・



DSCF8066
12:06 途中昼食を取った為1時間26分経過

初回も同じ季節に来ていたこと忘れていた。



DSCF8067
12:21

濡れ場 と言ってもベットシーンではありませんよ。

これが現れれば宿はすぐそこ。

DSCF8068
12:26 葉が伸びた水芭蕉





DSCF8069
テント場 標高2100mのここでは早朝には、氷点下

近くまで気温が下がることだろう。ご苦労さん。



DSCF8070
あ!雪だ! 山の頂に微かに残る残雪は、車中か

らも見ていたが、目の前に残雪が現れるなんて・・・

と思ったら

DSCF8072
12:34

本沢温泉に到着 1時間56分



DSCF8073
すると 祝八ヶ岳開山式の看板が掲げられている。

聞けば 明日開山式がここで行われるそうだが、そ

の脇では数名の方が山から下りて来るじゃないか

DSCF8075
開山式前にすでに登山しているじゃないか

そして今日は、創業135周年感謝祭6月3日(土)に

行われるそうです。夜間。

DSCF8074
そんな訳で、「多忙に付き内湯入浴お断り」

でも内湯には興味なし



DSCF8076
露天風呂代 600円を支払い ここから5分離れた

湯へ移動しよう



DSCF8077
そういえばここにはモモンガが現れるんだ。

会いたいな。



DSCF8078DSCF8091
さあ露天風呂に向けてもう

一踏ん張りだ



DSCF8079DSCF8080
見えたって男性の逸物じゃな

いよ。露天風呂のことだよ



BlogPaint
12:47 着いた露天風呂。日本一高所にある野天風呂。

標高21150m  湯船が新しくなっていた。以前の物は

天然に近かったが、四方を木で囲み完全に人工物に

なっていた。


DSCF8083
湯温は40℃。気温10℃ 昨年新調された湯船は

まだまだ真新しくて快適そのもの。足を踏み入れ

れば湯底は砂地のまま、確か足下湧出温泉の

DSCF8082
はずだが、山肌から直接太いパイプが湯船に突

っ込まれているこれって 温泉パイプ?



DSCF8085
会長もご満悦の湯となっていた。慣れない登山

に文句も言わず付き合ってくれた。感謝だね。

会長!白濁しているから見えないが動いちゃ駄

DSCF8084目だよ。

暫く二人っきりの湯となり 充分すぎるほど本沢温泉

を堪能出来た。

会長 湯あたりする前に上がろう


DSCF8086honzawa
会長曰く 空に一番近い湯・・・良か

ったよ



DSCF8087DSCF8089DSCF8090






DSCF8092
石楠花の湯。

ここも新築されていた。これが宿の内湯の一つ。

もう一つ苔桃の湯もある

さあ下山開始。13:31

いつの日か 八ヶ岳を縦走して赤岳鉱泉にも行きたいな

DSCF8093
14:35 途中 今夜開かれる創業135年感謝祭

に参加する荷物を持った人とすれ違った。



DSCF8094
14:49 やっぱり会長は、足にダメージが来てい

る模様。これを機に歩き方を直そう。



DSCF8095
15:08 無事登山口に到着。

無事帰って来られたことに感謝しよう。

会長 助手席で休んでいてね

9月の連休に敢行する阿曾原温泉予行演習で登った本沢温泉だが、

色々問題点が浮き彫りとなった。

会長の膝の具合 それを考えた荷物の量 装備を購入する予算等

考えると 6/7現在黄色信号が灯った。

もしかしたら 単独行になるかも知れない

単独行になっても行く考えに変わらないが やっぱり会長がいないと

楽しくないんだ

次は時間がないが JR東日本 大人の休日倶楽部CMロケ地 白駒池

へ急ごう。




















満願寺温泉 日本一恥ずかしい露天風呂

2015.5.23

4年ぶりのおおいたおんせん県に来ていた。

目的は、勿論温泉巡りに決まっていた

今ほど 初めての湯 七里田温泉ラムネの湯(下湯)へ入浴し年甲斐も無く感激して

しまった。

まだ日本には、こんな素晴らしい温泉があるのかと・・・

それにしても今日一番目で入った 長湯温泉の無料湯『ガニ湯』もそうだが、

拙者にはやっぱり秘湯(著名、話題)という名の湯が合っていることを確信した

本来の行程では 天草にある弓ヶ浜温泉へ行くつもりだったが、無理して強行するより

4年ぶりと言うことでやっぱり寄りたい湯があった

南小国町にある満願寺温泉や杖立温泉の元湯、湯布院温泉、別府温泉のことを考えたら

弓ヶ浜温泉に向かうことを取りやめてしまった

DSCF0926
辿り着いたは、満願寺温泉。ここには日本一恥ずかしいという

寸志の露天風呂がある

よく同行する会長と2011年の正月休みに来たが会長は

こんなどぶ川の脇にある湯船なんていやだと言っていたが、拙者にとってはお気に

入りの湯又はロケーションであった

無料や寸志の湯は辺鄙な地にあることが多いが ここは列記とした住宅地の中。

DSCF0927
それをみんなで大切に守っている点が高評価の湯でもあった

4年ぶりに訪れた今日も 足元から懇々と無色透明の湯を湧

き続けていた

DSCF0939専用駐車場から川湯へ向かって歩いていたら洗面器を持った

住民が先を歩くではないか

これは滅多に無い住民と一緒の湯になるのかなと期待してい


DSCF0940たら案の定公衆浴場へ入ってしまった

ここが公衆浴場入り口。その先に川湯が見えます




DSCF0928
この年になると恥ずかしさは失せていたが、大事な所をタオル

で隠し入浴開始。

川上には、青菜?を洗う住民が居てこの共存こそが醍醐味の

DSCF0929湯でもあった

洗浄している川上からの汚水は湯船には決して入り込まず

綺麗そのものの湯であった


BlogPaint
湯温は適温の42℃。泉質は恐らくアルカリ性単純泉だろう

たまに通る車からは覗かれるが、それもまたこの上ない快

感でもあった。

(決して変質者や変態では自分では無いと思っているが、・・・)

DSCF0933DSCF0931DSCF0935
公衆浴場から出

てきた住民を見つ

けたが、こんな

DSCF0936
素敵な湯があって公衆浴場には絶対行かないぞ

車はご覧の通りこんな様子で通過する。運転手からは見えに

くいかも知れないが助手席からはよく湯船が見えるはず

BlogPaint
いいね この環境がいいね

日本唯一といっていいこの温泉。

今度は、いつと言えないが 昨今のLCC航空会社が頑張って

DSCF0937くれるのならそんなに遠くない内の又再訪できるかな





DSCF0938
次は、3度目の正直で 杖立温泉元湯へ行ってみることにした

ハンドルを握っていたら見慣れた風景に出会す

茅葺き屋根のバス停だ

DSCF0941
中山道五十六次を歩いていた際 和田宿でいくつも見かけていた

あの風景がここにもあった 懐かしい







記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ