toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

野湯

本沢温泉 八ヶ岳開山式イブ 雲上の露天風呂 再訪

2017.06.03

9月の3連休に阿曾原温泉へ行きたくて 会長を誘い予行演習

兼ねて登山とキャンプを計画した。

登山計画地は、八ヶ岳山中にある本沢温泉にある雲上の露天風

呂だ、道程は欅平駅直後の急勾配こそ無いが、恐らく水平歩道の

ような道であろうとここに決めた。

DSCF8058
10:40 本沢温泉入り口 RV車は、この先の

駐車場まで非舗装路を進むことが出来るが、

コンパクトカーでトライしたが直ぐにオイルパ

DSCF8059ンに砂利が接触しおとなしく駐車場に車を駐

め戻し前回と同じくここから歩き始めた。

初回は2010.06.05単独行であった。


DSCF8060
阿曾原温泉は、長年の夢、是非行ってみた

いが、単独行は危険。そこで会長を口説き今

日に至った。

DSCF8061DSCF8062
まだ順調な足運び 気温15℃

に加え小鳥の囀り、なんて気持

ちいいんだろう

DSCF8063
11:18 駐車場到着

ここまでは意外と勾配角がありきつかった。

初回より3分遅いペース、あまり体力落ちないのかな。

DSCF8064
会長です。歩き方が悪い。

足を地面に着いた際バタっと音を立てるんだ。その歩

き方は、直した方がいいよ。

着地の時に大きな音をたてる歩き方は良くありません。脚を前に出すのと同時に重心も移動してしまっているためこのような事が起こりますが、バランスも悪く膝や内臓にもダメージを与えてしまいます。常に後ろ脚に重心を残して静かに着地をするよう心がけましょう。

DSCF8065
12:00 秩父連山と野辺山  あの白いものはなん

だ・・・



DSCF8066
12:06 途中昼食を取った為1時間26分経過

初回も同じ季節に来ていたこと忘れていた。



DSCF8067
12:21

濡れ場 と言ってもベットシーンではありませんよ。

これが現れれば宿はすぐそこ。

DSCF8068
12:26 葉が伸びた水芭蕉





DSCF8069
テント場 標高2100mのここでは早朝には、氷点下

近くまで気温が下がることだろう。ご苦労さん。



DSCF8070
あ!雪だ! 山の頂に微かに残る残雪は、車中か

らも見ていたが、目の前に残雪が現れるなんて・・・

と思ったら

DSCF8072
12:34

本沢温泉に到着 1時間56分



DSCF8073
すると 祝八ヶ岳開山式の看板が掲げられている。

聞けば 明日開山式がここで行われるそうだが、そ

の脇では数名の方が山から下りて来るじゃないか

DSCF8075
開山式前にすでに登山しているじゃないか

そして今日は、創業135周年感謝祭6月3日(土)に

行われるそうです。夜間。

DSCF8074
そんな訳で、「多忙に付き内湯入浴お断り」

でも内湯には興味なし



DSCF8076
露天風呂代 600円を支払い ここから5分離れた

湯へ移動しよう



DSCF8077
そういえばここにはモモンガが現れるんだ。

会いたいな。



DSCF8078DSCF8091
さあ露天風呂に向けてもう

一踏ん張りだ



DSCF8079DSCF8080
見えたって男性の逸物じゃな

いよ。露天風呂のことだよ



BlogPaint
12:47 着いた露天風呂。日本一高所にある野天風呂。

標高21150m  湯船が新しくなっていた。以前の物は

天然に近かったが、四方を木で囲み完全に人工物に

なっていた。


DSCF8083
湯温は40℃。気温10℃ 昨年新調された湯船は

まだまだ真新しくて快適そのもの。足を踏み入れ

れば湯底は砂地のまま、確か足下湧出温泉の

DSCF8082
はずだが、山肌から直接太いパイプが湯船に突

っ込まれているこれって 温泉パイプ?



DSCF8085
会長もご満悦の湯となっていた。慣れない登山

に文句も言わず付き合ってくれた。感謝だね。

会長!白濁しているから見えないが動いちゃ駄

DSCF8084目だよ。

暫く二人っきりの湯となり 充分すぎるほど本沢温泉

を堪能出来た。

会長 湯あたりする前に上がろう


DSCF8086honzawa
会長曰く 空に一番近い湯・・・良か

ったよ



DSCF8087DSCF8089DSCF8090






DSCF8092
石楠花の湯。

ここも新築されていた。これが宿の内湯の一つ。

もう一つ苔桃の湯もある

さあ下山開始。13:31

いつの日か 八ヶ岳を縦走して赤岳鉱泉にも行きたいな

DSCF8093
14:35 途中 今夜開かれる創業135年感謝祭

に参加する荷物を持った人とすれ違った。



DSCF8094
14:49 やっぱり会長は、足にダメージが来てい

る模様。これを機に歩き方を直そう。



DSCF8095
15:08 無事登山口に到着。

無事帰って来られたことに感謝しよう。

会長 助手席で休んでいてね

9月の連休に敢行する阿曾原温泉予行演習で登った本沢温泉だが、

色々問題点が浮き彫りとなった。

会長の膝の具合 それを考えた荷物の量 装備を購入する予算等

考えると 6/7現在黄色信号が灯った。

もしかしたら 単独行になるかも知れない

単独行になっても行く考えに変わらないが やっぱり会長がいないと

楽しくないんだ

次は時間がないが JR東日本 大人の休日倶楽部CMロケ地 白駒池

へ急ごう。




















イタリアの野天湯 サトゥルニア温泉

2016.1.21

降って湧いたイタリア旅行が始まった。

スマホナビとレンタカーを使いローマからフィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノと

そしてピサ巡る旅行が始まった。

本日のローマでの行程を全て終えた(真実の口とトレヴィの泉行き忘れていた)

本来ならここで宿へ行くのだが、なんせ初めてのイタリア旅行、ましてローマか

らフィレンツェの道のりに不安があり 航空券を予約した同時期にはしっかりと

宿を予約していたがいつの日かキャンセルしていた。

予約をしていたのは 『日本人が経営する世界の宿

カルロ アルベルト ハウス(Carlo Alberto House)

単独行の拙者にとって 解らないことがどうして解決できないことがある

それを初夜に日本人の経営する宿で情報収集出来る為どうしても泊まりたかっ

たが、ローマからフィレンツェまで約300kmもあるほかイタリアで温泉に入浴も

企んでいた。

その温泉は、Le Cascate del Mulino(野湯)といいネットで見たら是非是非寄っ

てみたく宿をキャンセルしてしまった。

その為に日本から冬用の寝袋を持参していた。

日本では、よく車中泊をするが 日本でさえ車中泊する場所選定で悩む。

少しでも人気を感じるところで無いと無理であった。まして異国のイタリアでは、

どこで車中泊をするかの選択肢は決まっていた。恐らく多くのドライバーが仮眠

する場所と言えば、それは高速道路のパーキングであり拙者以外の車もエンジ

ンを掛けている光景が自然な場所でもあった。

まずは100km程走って明日の行程が少しでも楽になるよう仕向け最寄りのパー

キングで仮眠を取ったが、長時間の飛行機移動と時差で横になった途端に落ち

るように眠ってしまった。



2016.1.22

それでも寒さから朝方3時に目覚めてしまいそのまま起き上がり運転することに

したが、まずは、Terme dei Papiと言う人気のSPAに向かっているがイタリアに

はコンビニが無いんだ

すると住宅地に灯りがともり車が数台駐まっているところがあるじゃないかと、

拙者も店内へ入っていくとそこはドーナッツ類を置いてあるパン屋さんだった。

DSCF3135
時刻は4;33

これは助かるとドーナッツ類3個を購入できた。

この先のことを考えると女神に救われた気分であった。

この店がどこにあったのか今となっては行方不明、もしかしたら夢だったのか

も知れない。

DSCF3136 
4:51 Terme dei Papi到着。

門が閉まっているのを見て正気に戻った。

当たり前じゃんこんな時間に訪問したって入浴なんて出

来るわけ無いじゃんでそそくさと引き返してしまった。


次に望みを掛けLe Cascate del Mulino(野湯)に向けアクセルを踏み込んだ。

DSCF3137
ナビでは目的地が間もないことを表示していると道端から

大量の湯気が湧き出しているのを発見急停車。



DSCF3141
7:33 やっと黎明の刻だが、こんな時間に温泉入っている

者など居ないし後どれくらいしたら現れる保証も無い。

だって今の気温は1℃なんだもん

DSCF3142
ここまで来て温泉に入らないわけにも行かず意を決して身

支度開始。地図



DSCF3143
ネットの写真以上の凄い湯量と轟音。

その轟音が反対にちょっと不気味なくらいだった。



DSCF3144
凄い湯滝だ

一体この湯はどこから来ているのかと崖を登ってみた



DSCF3145
するとそこには湯川が流れており 考えるに源泉はこ

こじゃ無く他の地にあり川となって流れここに辿り着い

た訳か

DSCF3146
湯温はややぬるめの38℃前後だろうか、外気温が低

い為温かく感じられる。他の客が誰も居ないと全裸で

入浴するが、ここはイタリア居なくても水着着用で入浴

DSCF3148をしたのは、いざと言うときの為でもあった。

白濁とした湯にはカルシュームが多いのだろうあちらこ

ちらに温泉の析出物からなる窪地が沢山造られ丁度よ


DSCF3149い湯船となっていた。






DSCF3150
イタリア旅行も始まったばかりここで怪我をしたら大変な

ことになると無茶に窪地を歩くのを控えたほどだ



DSCF3151
それにしてももの凄い湯量。日本で言うと『山ん城温泉

か『川原毛大湯滝』と言ったところかな



DSCF3152
イタリアは意外にも温泉大国なのだが、温泉利用はもっ

ぱらプールとしてのリゾートSPAが基本で冬場は休業の

場合が多い。

DSCF3154
そんなイタリアにも日本のような温泉文化が広がって貰

いたいものだ。冬は意外と寒いイタリアには温泉は絶対

似合うと思うんだが

DSCF3155
ローマには『カラカラ浴場』と言う観光施設があるが、ロ

ーマ帝国時代には、皆裸で入浴していた施設があるじゃ

ないか。裸で入浴するDNAを持っているイタリアに日本

DSCF3157式の共同浴場出来ないかな

どのくらい入浴しただろうか 誰も来ないうちに退散する

ことにしよう


DSCF3158
さすがに湯上がりは寒い。気温1℃は濡れた髪の毛が凍

りそう。早くエンジン掛けて暖を取ろう。



ああ暖まった・・・が、どうしても気になる場所がある

あの湯川は一体どこから来ているの・・・で車を走らせた。

DSCF3160
地図 500m走ると川が道路に最接近。ここでも湯煙モク

モク♨



湯川の源泉はTerme di Saturnia Spa & Golf Resort ここから始まっている

ようだ。辺りを徘徊してもあの湯川が突如消えていたんだ

高塀の中を覗き込むとそこには大きなプールが見えた

もしかしてあの湯川は、廃湯なんかじゃ無いよね

DSCF3161
帰り道 高台からサトゥルニア温泉の全景がよく見えた





DSCF3162









蛇ん湯 別府三秘湯の湯

2015.5.24

4年ぶりの大分温泉旅行もいよいよ終盤戦 次は別府三秘湯の一つ 蛇ん湯へ向かう

鍋山の湯から同じ道を通るが、荒廃した道をまたもや慎重に進むが この荒廃の原因

は、雨水によって削られたものであった

鍋山の湯同様 蛇ん湯の道のりも 勝手知ったるものだった

DSCF1017ここの湯は鍋山の湯に比べて森の中にあるため 日差しが

遮られ快適な入浴が出来る反面、草むらに犯罪者が隠れ

女性客の入浴シーンをのぞき見する輩が出る怖い湯でもあった


DSCF1021
今日は若者4人組がおり 退場後ひとりの湯を楽しんだ

ここはまるで時が止まったような 4年前と同じ風景が残っている



DSCF1018
風景だけで無く湯も当時のまま静かに湧き出し快適な湯温を

維持している神秘に改めて感動の連続であった



DSCF1020
三秘湯にもそれぞれの個性がある

鍋山の湯は泥湯。脱衣場も無いまさに野天湯そのもの。

怖いが夜間に入浴するれば別府の温泉の夜景が楽しめる

そしてここ 蛇ん湯は木漏れ日の中の湯。簡易脱衣場も完備され単純泉ながら

無色透明の綺麗な湯

DSCF1025最後は鶴の湯 ここは一番入浴客が多い湯

正直 どの湯も甲乙付けがたく判断に困るくらい




DSCF1026
これで2度目の湯だが 同じ若葉の頃であり紅葉期の湯も

素晴らしいこと請け合いだろう

次は、いつと言えないが又絶対来るぞ

DSCF1027ありがとう 蛇ん湯

長湯温泉 牛洗い場の湯とコロナダ飲泉所

2015.5.23

今長湯温泉名物 無料の露天風呂『ガニ湯』に久し振りに入浴しやっぱり

拙者には無料や寸志の湯が似合っていることに改めて気付かされた

気分よく車を走らせていると異様な建物(施設)が目に飛び込んできた
DSCF0894
なんだこの宮殿??らしき建物で・・・思わず車を急

停止させてしまった  地図



DSCF0888
車から降り近付いてみるとどうも温泉施設のようだが、

湯の気配が無い。自然湧出のようでなさそうからすれば

栓が閉じられているみたいだ

DSCF0889
更に考察すれば 入浴施設と言うよりも飲泉所のようだ

長湯温泉泉質は「飲んで効き 長湯して利く 長湯のお

湯は 心臓胃腸に血の薬」
と称えられています

DSCF0890
ここの施設名は コロナダ と言うらしい

飲泉と無料で湯が汲める施設らしいぞ



DSCF0892
ふむふむふむ 納得納得





DSCF0893
ちょっと気になったので煉瓦の裏側を覗いてみれば

給湯施設があった



今度は辺りを見渡せば 芹川対岸にホテルがあるが営業はしていない模様だ

DSCF0891
だが、浴場施設からは今も廃湯が流されており泉質特有

の析出物跡がくっきりと確認できる

これは、もしかしたらで敷地に入っていった

DSCF0896
するとここにも不思議な施設と思ったら 飲水所であった

広瀬湧水と言う 湧水を利用した飲水所



DSCF0895
ホテルは国民宿舎直入荘で現在改修工事中。だが浴場は、

湯が自然湧出しているのだろう湯船に満たされているのは

感じられた

やっぱり気になったので館の裏手へ回り込むと田んぼ片隅から湯煙が上がっている

DSCF0897
近づいて確認すると大量の温泉が川に捨てられているじゃない

か。ホースをたぐり寄せて湯に触れると“熱!”

50℃近くあってそのままでは利用不可能で諦めてしまった

DSCF0898
そこで廃湯管の先に目をやれば小さな小屋発見・・・

で近づいてみると それはホテルの所有物の源泉で

休業中だが、地元民に開放されていた

DSCF0899
「牛洗浄用・・・」え 牛を洗うの???

子供用プールがあればここで入浴出来たのだが

自家用車には積んであるが、さすがに飛行機に積んでまで

DSCF0903持ってはこなかった

対岸から見えた浴室の廃湯跡

今も大量の温泉がどばどば川へと流れ去っていく現状を

見れば浴室は湯に満たされた浴槽があるはずだが、塀などに痛みは無いよりも

壊れていた所で中に入れば 建造物侵入罪で豚箱入りだ

間違っても一線越えてはならない

ただでさえ 温泉を見ればすぐに裸になる癖がある

強制わいせつ罪紛いはよくあることだった



またまたこの近くに変な施設があるじゃ無いか
DSCF0900
川辺にある夏季限定プールだった

中央の小島には、真っ白い排水跡?

もしかして温泉の析出物かなと期待して行ったが、やっぱり

DSCF0901水であった。

でも開場時温泉水を注入していることだろうと 湯こぼれが

ないかと探し回ったがこぼれている水はただの真水であった


DSCF0902
ああ子供用プール持っていたなら 牛洗用温泉で入浴出来た

のに・・・悔し~~~い!

湯泊温泉 全部で3つある湯船  屋久島

2012.5.13

平内海中温泉に入浴していたら 後から見えた男性が“あっちの湯は温かった”と放った一言に

何か忘れ物をしている気になりメモを書いた紙を見直した

いけねぇ この近くに『湯泊温泉』と言う海岸の野湯があることを思い出した
P5130448
目印は 湯泊郵便局です。局のはす向かいの道を海側に折れる





P5130426
道なりに進むと温泉の看板が出るので迷うことはない

専用の駐車場があり駐車も楽々



P5130427
清掃協力費100円払いいざ入浴





P5130440P5130441
簡易パーティションで仕切られただけの露天風呂

右側が男湯

湯温は38℃とやや微温湯

P5130435P5130436
平内海中温泉のような潮の満ち引きに関係なく24時間

入浴可能。

屋根がないので雨降り時と低気温の時は辛い湯

P5130437P5130438
今度は女湯へ移動。移動と言っても隣です。

簡易パーティションは空中だけの仕切りで湯船の中は

仕切られてません。

P5130442P5130443
この湯船 湯がどこから湧き出し(注ぎ込む)ているのか

同湯人に聞いたが湯が出ているのを感じられなかった

湯は、山側のパーティション足元から出ているそうです

P5130439
湯は男湯から女湯へ移動そして 女湯にはもう一つの小さな浴槽があった

川下に当たるため更に湯温が下がっていた



P5130444
湯船近くに丸い蓋の不思議なものがあった。

開けるとゴキブリが5匹くらいいて吃驚したが この中には排水コックがあったのだ



P5130445







そしてもう一つの浴槽が海岸近くにあった
P5130428
今の湯船から 平内方面へ歩いて50m進むと 湯船が現れる

この湯船は干潮時のみ入浴可能となる



P5130430P5130429
こっちの湯は足元湧出温泉と思われる

泉質は先ほどの湯と同じ

こっちの湯船は清掃が行き届いていないのか苔でぬるぬるしていた
P5130433P5130432
周りを見渡せば 浴槽らしきものがあるではないか

恐る恐る手を入れれば暖かい

これは入浴出来るぞ

P5130431
ここも足元湧出温泉だが、やっぱり苔でぬるぬるの湯だった

ああすごい顔しているな さすがに縄文杉登山後と言うだけあって疲労困憊だ

でも 意外にも気分がすがすがしかったんだよ

P5130434
でも よかった。あの一言を聞き漏らしていたらここに入浴せずに帰っていたこと

だろう。

きっと天使の囁きだったんだろう。

P5130446P5130447
近くには足湯もあったが湯ではなかった

さあこの後は下山祝いの祝杯を挙げよう
記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ