2011.7.3

次は寒の地獄温泉です

鉱泉の湯だろう 岐阜県の厳立峡ひめしゃがの湯と和歌山県の花山温泉に入浴した際に皆源泉にばかり

浸かる光景を見てから鉱泉ファンになった

厳立峡ひめしゃがの湯  花山温泉  

だからこそ寒の地獄温泉に行ってみたくてしょうがなかった

2011年07月03日_P7030173
ここが正門と言うべきなのか入り口です

今日は下界は晴れでもここ九重連山山中は大雨だった



2011年07月03日_P70301902011年07月03日_P7030174
川底が白濁した小川を眺めながら歩き玄関へ到着

実は 冷泉にも入浴できる期間があるのを知らなかった

7月-9月いっぱいまでだった 今日は7/2ぎりぎりセーフだった

2011年07月03日_P7030175
それにしても性格は出る物だ 冷泉に入るには水着類が必要だった

Ipadあるから下調べしないまま来てしまうも性格が出ていたのだ

宿の好意で水着を貸して頂き 入浴料500円払いいざ入浴へと

行きたいが

2011年07月03日_P7030188
初めての拙者に脱衣場やボイラー室など事細かく教えて頂いた

が、常連さんが入浴しているので解らないことがあったら聞いて

・・・で終わってしまった

ここですでにひんやりとした冷気に包まれている

2011年07月03日_P7030176
これは覚悟が必要だ 宿の方が“温泉の方がいいのでは”と声

をかけてくれた意味がまだ解らなかった

寒気さえ感じる脱衣場

2011年07月03日_P7030178
おお 入浴している人がいるで湯温を手で触りたまげた

これは山中を流れる沢の水だ 温泉なんてモンじゃない

いくら硫化水素泉と言われてもこれは温泉じゃない

2011年07月03日_P7030177
足を入れてみたが針に指されるような苦痛しかなく ここで

先ほどの宿の方の優しい心使いの意味が初めて解った・軟

弱男にはここの湯には入れそうもない

仕方なし 飲泉所で飲泉し意を決し再挑戦

2011年07月03日_P7030180
湯温(冷温)は13.9℃とやっぱり温泉じゃね-ぞ

意を決し入浴開始 足までは入れたが股間が冷泉に浸か

るのを許してくれなかった

ただでさえ小さいのにこの冷泉に浸かるものなら史上最小の逸物になってしまう

2011年07月03日_P7030182
だめだ ギブアップ ボイラー室に直行

うわー情けねえ こんなに根性なしだったのか 男を試すい

い場になりそうだ

拙者が女だったら 結婚する相手とここに来てこの冷泉に浸かれたら結婚してあげる!

2011年07月03日_P70301862011年07月03日_P7030187浸かれないなら 根性なしで結婚を諦めろ

 もっと違った男

探す試練の湯にすることだろう!

何でこのボイラー室には落書きにしか思えない嬲り書きが

いっぱいあるのだろう

忸怩たる重いが綴られているのだろう

とてもじゃないが読む気にもなれない

2011年07月03日_P7030183
浴室内のは冷泉行進曲の歌詞があった。古くは「冷泉行進曲」

という歌を歌いながら入ったという。

正式な入浴作法は。冷泉に10分浸かったら暖房室で20分暖を

取り、冷泉と暖房室を往復するのが伝統の入浴法。

2011年07月03日_P7030184
上の画像の男性が難儀している拙者を見て『両手を胸の前で

組むと入りやすい』と助言、清水の舞台から飛び降りる又は

バンジージャンプで飛び降りるつもりで再チャレンジ

桑原 桑原・・・えええぃ

2011年07月03日_P7030185 
実はセルフタイマーが作動した勢いで入った冷泉

ま 何でもいい 入浴成功 

でも全身に針を刺されるような激痛が襲う。関節は痛くなって

くるし歯はガクガクいってくるし 本当にこんな冷泉に使って効能があるんだろうか

野球のピッチャーが肩をアイシングするのと訳が違う

相当な時間が経ったと思われたが まだ5分しか経っていなかった

意識が遠くなり もう限界やでも 先ほどの結婚の試練がもし本当に自分にあっ

たらと思うとゾッとしてくる

結婚していて良かった 

プラット一人でどこかへ出掛ける変な連れ合いに奥さん愛想尽かしていないかな 

お土産買って帰ろう

2011年07月03日_P7030189
何とか男の威厳は保つことが出来た

ここはカップルで来るところではないぞ

男の威厳が問われるぞ 気をつけろ若者よ

2011年07月03日_P7030191
この湯に入るのに凄く体力を使った へとへとだ

冷泉上がりのゆで卵が妙にうまかった

文頭の鉱泉好きの言葉取り消します  失礼いたしました