2015.5.23

4年ぶりのおんせん県の別名を持つ大分にやって来た

今度は いつも近くの長湯温泉まで来ているが、七里田温泉には何故か

縁が無く素通りしていたが、日本屈指の炭酸泉を味わいたく立ち寄った

DSCF0904
七里田温泉 木の葉の湯

着いたここがあの炭酸泉か

じっくり堪能するとしようか

DSCF0905
館外に飲泉所が設けてあり 飲泉できる湯に多い炭酸泉

これで更に胸が高鳴りが増してきた

早く温泉と出会いたい

DSCF0906
入浴料を払い浴室へ・・・

その前に 経営者の方がなんか言っていたが・・・

気にも留めず歩を進めてしまった

DSCF0907
内湯に1つ 露天湯に2つ湯船がある

ここは最奥の湯船。日中のこの時間入浴客は数名しか

おらずほとんど独占の湯でもあった

DSCF0908
独占の湯なら炭酸泉を充分堪能できる

炭酸泉は、必ずと言っていいほど、じっと身動きせず体表に

泡が付くのをひたすら我慢するのだが、いくらじっとしていても

一向に泡が付かない

長湯温泉にあるラムネの湯も 長時間じっとしていて初めて泡が付きだした

ああ ここも名ばかりの炭酸泉だったのかで・・・内湯にも入らず出てきてしまった

すると受付の前でご主人に声を掛けられた

“お客さんはラムネの湯に入りに来たんじゃ無いの?”

  ラムネの湯は長湯温泉で入浴しました

“違うよ 内のラムネの湯はよそのラムネの湯とは別物よ”

え そうなんですか 

今お風呂に入ったが、ちっとも気泡が付かずガッカリしていたんだ

“今は誰も入っていないから 独りでは入れるよ”
DSCF0909
更にお金を払い 入浴施設へ移動開始

ラムネの湯へはここから歩いて2分程度の場所にあった



DSCF0910
こんな奥まった所に湯があったのか

木の葉の湯から離れているため 監視カメラが付いていて

常に無賃入浴者を見張っている

DSCF0911
入浴代+鍵の保証代千円を払うと専用の鍵が貸し出され

中に入る事が出来る

鍵は全部で6個あるから他の客と同湯になる事がある

↑この画像は女湯 無人を確かめてから撮影

DSCF0912
男湯

これが噂の炭酸泉か・・・実力は如何に?で

早速入浴

DSCF0913
入った瞬間に他の炭酸泉との違いはすぐに解った

あったいう間に気泡が体に纏わり付くんだ



DSCF0914
見てこの気泡凄いでしょ

もっと凄かったのは 陰毛に付く気泡だが、さすがに撮影

してもブログにupできない

DSCF0915
ここが源泉口。ここからコップで飲泉してみたら驚いた

甘く正しくラムネ味なのだ

こんな泉質は初めて

以前山形のカルデラ温泉の炭酸泉も凄かったが、そんなの比では無い

格段に別物の湯

恐らく日本一の炭酸泉と言っていいだろう

DSCF0917
見てこの気泡。水中カメラで撮影しています





DSCF0918
凄いでしょ 手で払ってもまたすぐこの状態になるの

は本当に凄い



DSCF0919
こんな凄い湯に今まで何で来なかったんだろう

これから大分に来ることがあれば 絶対に立ち寄る湯になった



DSCF0920DSCF0921DSCF0922





DSCF0923
おんせん県おおいた キャンペーンが始まるようだ

7/1-9/30