2020.11.24

日本橋から49.5km 11.35 幸手宿到着。

DSCF9208さあ次へ行こう。ここは飯
村医院さん。地図
開業は大正時代と幸手市の中
で一番歴史があるお医者さん。
診察がはやいところがお勧め

DSCF9209らしいです。小児科・内科を
診療。休診日:日曜・祝日。
土曜診療しています。
ここは高濱商社。肥料などを
主に取り扱い創業約70年を
誇る会社です。

DSCF9210コンビニローソンの脇の路地
は日光御廻道追分です。地図
日光御廻道とは、徳川将軍の
日光社参の時、水害の難を避
けるために幸手宿と栗橋宿ま

DSCF9211での迂回路を整備したもので
す。幸手・栗橋間の日光道中
は2里3町(約8.2㎞)である
のに、この御廻道は3里(約
11.8㎞)となっていますが、

一度も使われずに終えた幻の脇街道です。

DSCF9212ここは、幸手一里塚跡 地図
幸手宿北端に当たる地で、江
戸から12番目の一里塚となり
ます。日光街道幸手を感じる
会が2019年8月に一里塚石碑

を寄贈した際に周りも整備しとても綺麗になってい
た。
幸手一里塚の元形は、街道両側にあったそうで
す。こうして日本橋から歩いてきたが、一里塚跡の
碑はあるが更地になってしまったり影も形も無い一
里塚もあった。今からでも良いから木の苗一本でも
植えることをどうして行わないのかな。11:51

DSCF9213当時の幸手宿は宿長さ南北9
町45間(約1km)、幸手宿
内を貫いてきた旧日光街道
は、正福寺参道前から右折
して左折という宿場の出入

口らしい枡形の道筋を形成していた。

DSCF9214権現堂堤が見えだした。
戸時代は
利根川の支流であ
った権現堂川堤防として
築かれたが、1920年頃利根
川や江戸川の流路変更に伴

い、権現堂川は締め切られ後に廃川となり、堤防は
荒廃していった。戦後になり、旧権現堂川堤防跡に
ソメイヨシノを植樹したものが現在の権現堂堤であ
る。春には約千本の桜並木が約1kmに渡って咲き誇
る姿は圧巻です。

DSCF9215日本橋から50km 古河まで
14kmって4時間近く掛かるの
か!歩けるかな。 12:14
行幸橋を越え、左折すると再
び街道となり、旧日光街道ら

DSCF9216しい面影漂う素朴な道となる。
ここは右つくば道、左日光へ
分かれる追分地。地図
今でこそアスファルトが敷か
れているものの、当時は砂利

DSCF9217道って当たり前か。周りに
は数軒の民家があるが当時
は雑木林かもしくは今と同
じような畑が広がっていた
んだろうな

DSCF9219DSCF9218






DSCF9220すると驚くことに民家が数軒
しか無い地に酒屋さんがある
じゃないか。それも建物は昭
和期に建てられた年代物。未
だに経営されているのに敬意

を払います。吉羽酒店 地図
収穫を終えた田んぼの中をスペーシアが通っていく
金色に塗られた特別車両であった。日光東照宮四百

DSCF9221年式年大祭を記念した“金の
「スペーシア」であり、外観
だけで無く6号車では「金の
個室」も設けられ、風水士の
Dr.コパさんが監修する「金の

DSCF9223個室で運気上昇」らしいです。
日本橋から14番目の一里塚で、
この塚は幸手宿と栗橋宿の中
間の旧小右衛門村にあり、幸
手宿内の一里塚の次に当たり

ます。塚には弁財天堂が建てられている。

DSCF9222桜の名所として親しまれてい
る幸手権現堂桜堤や隣接する
権現堂調整池の水辺空間を活
かし、「レクリエーションの
拠点ならびに水とのふれあい

の場となる公園」を目指した県立公園です。 平成16
年の「彩の国まごころ国体」においてカヌー競技場
となった権現堂調節池と中川の合流部、茨城県との
境に位置しています。

DSCF9225街道は、権現堂川の畔を進む。
元利根川の本流であったこの
川を現在の利根川に流れを変
えたり後に堰き止めたり周辺
は河川工事が多かった筈なの

DSCF9226にどうしてこの護岸を旧日光
街道は通っているんだろうか
不思議だ。ましてまだまだ治
水など行われていないため、
ひとたび大雨が降れば、洪水

DSCF9227が発生していただろうし、本
当にこの道って旧街道なんだ
ろうか。でも野鳥を見ながら
歩くのも捨てたもんじゃない
ね。

DSCF9228国4を渡るそこには大人の娯
楽場があり、昼間なのに沢山
の車が駐まっているのには驚
かされる。地図


DSCF9230後ろ髪引かれる思いでこの地
を後にした。





DSCF9231国125のガードを潜るといよ
いよ栗橋宿となる。現代のメ
イン道路から外れた栗橋宿は
、古民家が多数見受けられる
が、多少なりともの道路拡張

DSCF9232で様変わりもしていた。ここ
は、小林畳店。地図 それで
も戦後に建てられた建物と推
測する。


DSCF9233DSCF9234






DSCF9235ここでもカスリーン台風の浸
水が有り1.8mの深さまで水が
押し寄せていた。



DSCF9236第2回 川内杯栗橋関所マラソ
ン (2020年12月27日) 川内優
輝選手の地元、埼玉県久喜市
で開催される川内杯栗橋関所
マラソン。

DSCF9237箱根・碓井と並ぶ重要な関所
である栗橋関が置かれた宿場
であったが、利根川の河川改
修や後のスーパー堤防建設に
伴い旧日光街道の史跡は見事

DSCF9239なまでに破壊され、見る影も
無い。ここは、橋原屋さん。
江戸時代末期に建築された建
物で、店先にある屋号を記し
た木札には、創業は明治中期

DSCF9240、当初は、燃料店を営んでい
たが、後に味噌や醤油などの
食料品を取り扱った業種に代
わっていった。往時の栗橋宿
の面影を唯一伝える建造物で

DSCF9238あった。
この木札は、吉岡燃料店さん
創業明治中期、利根川を使っ
た船の回漕業から創業し、昭
和初期から燃料店へ鞍替えし

DSCF9241ていた。店舗は昭和初期建築
だそうです。画像が吉岡燃料
店ではありません。




DSCF9242栗橋関所跡。栗橋北付近にあ
った関所跡地は利根川の改修
工事により、現在の河川敷内
となり遺構等は残されてなく
ここの碑は、形だけのもので

DSCF9243す。江戸時代の寛永元年(
1624)には、関所開所され、
江戸時代末期から明治まで設
置されていた。この関所の役
割は、「入鉄砲に出女」と呼

DSCF9244ばれるように、武器の通行の
監視や、江戸に人質として差
し出された諸大名の妻子の国
元への逃亡の取り締まりが主
な役割でした。実はこの日の

近くに、栗橋宿本陣がありました。

8u7yt67埼玉県埋蔵文化財調査事業団
が、平成26年4月1日~平成27
年3月31日に栗橋宿本陣跡を
発掘している写真です。写真
の上部に民家の塀が写り込ん

76tghbvnでおり、Googleマップで確認
すると塀の色が同じ事が解り
位置が確定できました。地図
現在は、土手上に通じるスロ
ープ道路が本陣跡の一部を通
過し、残りの敷地は埋め立てられていた。
日光街道奥州街道の内日本橋ら数えて7番目宿場、
栗橋宿 本陣到着 13:52 日本橋から58km

DSCF9245本陣跡をも消し去ったスロー
プ道路だが、根本は近年の異
常気象が原因であったが為に
堤防強靱化が必要であった。