2015.4.5

神奈川県川崎市にある若宮神社の奇祭『かなまら祭り』に出掛けてきた

DSCF0741DSCF0724DSCF0725






最近拙者のブログ、コンセプトが変わったゾって悪友から言われたが

自分ではそんな気は全く無い

日本に存在する 奇祭に興味があっただけで

事の始まりは信州で行われた 御柱祭(奇祭)であった

DSCF0708DSCF0694
小雨降る中 開催が危ぶまれたが

7:45若宮神社に到着  地図



DSCF0695このような男根を崇拝する祭りはこれで3度目となる

初回は、長岡市のほだれ祭り 2度目は、小牧市にあ

田縣神社の豊年祭、そしてこれが3度目となる


DSCF0696
当地に早く着いたのは、訳がある。祭りが始まる頃に

は、境内大混雑となりゆっくり参拝できないのを察知し

てのことだった

DSCF0702DSCF0703
境内にあった男根像

凜々しい姿にうっとり



DSCF0706
絵馬殿

ここに沢山の絵馬が奉納されており絵柄が全て特徴

的で楽しめた

DSCF0697DSCF0698DSCF0701DSCF0699






DSCF0700DSCF0762
絵馬殿の梁に沢山の男根が

奉納されている



DSCF0705
この真っ黒な建物が、金山神社本殿であり

10時の火入れ式と共にかなまら祭りは始まる



DSCF0704
鉱山や鍛冶の神である金山比古神(かなやまひこの

かみ)と金山比売神(
かなやまひめのかみ)の二柱を

祭神として祀っていた。

DSCF0707DSCF0723
どうしてこの男根祭りは春先に集

中しているのかな

やっぱり春は芽吹きの季節、生命誕

DSCF0726生の時期、即ち五穀豊穣に絡んでくる話だからだろう






DSCF0727DSCF0728DSCF0737
今回もしっかり

なでなで信仰



DSCF0729
今回も子宝授かり飴如く男根女陰の多様な商品が

販売されていたが、さすがに初回に買っているため

購入はしなかった

DSCF0730DSCF0731
万古酒?ま〇こ酒?いや「ばん

こ酒」。いや~正直焦った

金玉酒?「きんぎょく酒」

DSCF0732
ほだれ酒が、売っていた。

長岡市栃尾地区の酒かな でもこんな酒、素面では

とても飲めない。

DSCF0733こんなの飲んだら又子供が出来ちゃいそうだ・・・って

そういう酒か

ああ真っ赤になっちゃって可哀想。旗日は、我慢しなくちゃ


DSCF0734DSCF0735
このTシャツを外人が購入していたが、

これ来て街中歩けるのかな・・・

それにしても外人の数が凄く多い

DSCF0740DSCF0746
挙げ句の果て、海外のTV局まで

取材に来ている始末だ



DSCF0763DSCF0747DSCF0748
中央の女陰型飴は

リアルな姿に唖然。

それを公然で舐め

DSCF0770ている外人には、誠なりか?と言いたかった

クレイジー!!




DSCF0742DSCF0745DSCF0744






10:00

DSCF0752
金山神社本殿にてかなまら祭りの神事 火入れ式が執り

行われた



DSCF0753
本殿は、まるで鍛冶屋のような造りであった

https://youtu.be/8O8nvz9ag94



DSCF0757
辺りに目を配れば 見慣れた風貌の外人がいるじゃ無いか

一眼レフカメラの2セットといいほだれ祭りに来ていた人だった

神事が全て終わってから話しかけたらやっぱりそうだった

DSCF0760拙者のことも覚えていてくれた。更には田縣神社の豊年祭に

も出掛けていたのにあの時は会えず終いだった




DSCF0766
男根型の合羽?見たことあるけど思い出せない





DSCF0768DSCF0767
神輿巡行の前に御神輿に御霊を

入れる



DSCF0769
沿道には沢山の観客が今か今かと待ちわびている

1万人ぐらいの人出があった気がする



DSCF0774DSCF0778DSCF0779
変なぬいぐるみ?

ペニ助



DSCF0790DSCF0788
このピンクの男根がエリザベス神輿。

担ぎ手は、ニューハーフと言うが、

ちょっと無理がある

ニューハーフはもっと綺麗な人が多い。あからさまにおっさんだらけだった。

神輿の掛け声は、ワッショイ ワッショイやセイヤ セイヤですが

エリザベス神輿は アサマラ おっきいマラ アサマラ おっきいマラ

https://youtu.be/iix9O51M1NQ  https://youtu.be/vK4Ec10crHs

DSCF0775DSCF0795DSCF0796






取りあえず 今年の男根祭り巡りはこれでお終い

来年は、どうしようかな