toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

大縣神社

2015大縣神社豊年祭 女陰を崇拝する神社 

2015.3.15

愛知県小牧市にある 田縣(たがた)神社の豊年祭に出掛けてきた

DSCF0484
このお祭りも先日行った 長岡の奇祭『ほだれ祭り』と

同じ男根をお祀りして子孫繁栄・五穀豊穣等を祈願す

る祭りです

熊野神社に参拝に出掛けた際 役員さんから姫の宮社でも同じ豊年祭が

今日執り行われていて 姫の宮社は、女陰を崇拝する神様と聞いたため

足を運ぶことにした

姫の宮社は、正式には大縣神社(おおあがたじんじゃ)と言い犬山市にあ

神社である。

名鉄田縣神社前駅から電車に乗り次駅の楽田駅へ向かった

駅から約2kmの道のりを歩いていると同じ参拝者の会話が耳に入ってきた

“ここ小牧市周辺には色々な神社がある 男根の神社、今行く女陰の神社

更にはおっぱい神社もあるんだぜ・・・”の言葉に耳を疑ったもんだ

調べてみれば『間々観音』と言うらしい

間々観音(ままかんのん)は、愛知県小牧市にある浄土宗寺院で、本尊

の千手観音像には授乳の願いに御利益があるとされていて、日本唯一の

"お乳のお寺"
として知られる。

え!本当にあったんだ おっぱい(神社)観音。

DSCF0522
参道には沢山の参拝客の姿があった

9:42



DSCF0523
着いた 大縣神社(おおあがたじんじゃ)

途中には、この後執り行われる稚児行列

為に綺麗な衣装を着飾った稚児が沢山いたが

DSCF0525
はしゃいでいるのはどうも親御さんだけかも

しれない。でもいいね子供の成長を祝うお祭

りなんて拙者の部落では七五三くらいだから

DSCF0526DSCF0527羨ましい。

この絵馬?棟方志功作じ

ゃないの凄いことだよ


DSCF0528DSCF0529
まずは、本堂に参拝から始めた

ここは古来より安産・子授など女性

の守護神として崇敬されており、

をかたどった石などが奉納されている。

これは小牧市田縣神社男根に対応するものである。


DSCF0530DSCF0531
人形串という身代わり守り





DSCF0537
これが大縣神社境内にある摂社の姫の宮





DSCF0532
開運招福鳥居くぐりだが、さすがに行わなかったが、

仁王様の又くぐり(松戸市萬満寺)が同じ下総の国

にもあった

DSCF0538
むすひ池

この光景見たことある 昨年島根県に行った際に

八重垣神社で同じことを行っていた

DSCF0539
足元しか映っていないが、この家族の娘さんが占

っていた。最初5円玉で始めたが一向に沈まない

早く沈めば願いが早くに成就 人の位置から離れれば

DSCF0540遠くの人と縁があると言う

気が引けたがその家族のことを遠目から見ていた

なかなか硬貨を乗せた和紙が沈まないことに苛立ち 

硬貨を追加したら一気に沈んでいった。

結局神様も金次第って思いたくは無いが 金を積んだら願いを聞き入れた

みたいだった

そんなことだったら最初から500円玉を賽銭としてはめればよかったものの

DSCF0541でもこの池の水 1円玉は簡単に浮かせることが出来

る神秘水に間違いは無いらしい




DSCF0534
姫石

唯々 合掌するのみだった



DSCF0533
境内にある梅の木は今を盛りに咲き誇っていた

白梅、紅梅のコントラストが見事



DSCF0535DSCF0536DSCF0524






DSCF0543DSCF0544DSCF0545





別名「於祖々祭(おそそ祭)」とも言う。毎年3月15日直前の日曜日に行

なわれる祭事。女陰をかたどった山車などが練り歩居ていたが、近年

おかめの仮面で隠すようになっていた。

残念ながらそれを見ずに田縣神社へ戻ってしまった






2015田縣神社 豊年祭(奇祭)に出掛けてきた

2015.3.15

愛知県小牧市にある 田縣(たがた)神社の豊年祭に出掛けてきた

DSCF0484
このお祭りも先日行った 長岡の奇祭『ほだれ祭り』と

同じ男根をお祀りして子孫繁栄・五穀豊穣等を祈願す

るもの

DSCF0477拙者は、この祭りに初めて参加するため要領を得ず8

時に臨時駐車場に駐めたが一等賞になりこれは縁起

がいいと勝手に解釈  地図


DSCF0476
日程表を確認しても男根を担ぐ行事はどの時間帯か解

らず、ただ解っていたのは、この祭りは曜日に関係なく

毎年3月15日と決まっていて今年は週末に重なった為


急遽予定を組み入れたが、次回3/15が土日になるのは、2020年東京オリンピッ

クの年迄なかった

DSCF0479DSCF0492
まずはその神社に出掛け情報収集

9時 参拝開始

まだまだ人出が少ない境内だが、午

              後になるともの凄い

DSCF0481人が駆けつけるとは思ってもいなかった

境内には、沢山の出店が出ていたが目指すは珍品の

出展品。


DSCF0482
並んでいる並んでいる、ほだれ祭りよりも変わったもの

が多数並んでいた。前回購入した飴があるかと探したが

同じメーカーのもはなく違うメーカーのものが並んでいる

DSCF0483DSCF0496
ありました男根型飴に女性器型飴

見るからに完全手作り品でこの日

だけの販売品らしい包装

DSCF0497DSCF0499
ほだれ祭りの際に飴を購入したが

これが土産として『爆笑』を呼んだ

が今回もまた行ったのかと言われ

DSCF0498る、ため購入は躊躇ってしまった

男根型パンまで売っているじゃないか。でもこれを食べる

勇気は無かった


DSCF0494
まずは、本殿に参拝。願いは、「道中安全、家内安泰」

間違っても「子宝」は禁物だった



DSCF0484
本殿を見渡せば、黒々といきり立つ男根があるじゃ無い

か。その凜々しい姿にほれぼれしてしまう



DSCF0488
奥の院へ進もう

境内奥の院にある、小さな祠(ほこら)。「男根」をかたど

った石が、配置され崇拝されている

DSCF0486
お賽銭を入れれば、チャリーンでは無く『チ~ン』と聞こえる

は、拙者の耳が可笑しい性では無いはず

境内のあちこちには、男性根を思わせる石や女陰のような

DSCF0485DSCF0487石が設置されているは、異様で

日本に、こんな神社が存在すると

は今まで知らなかった


DSCF0489DSCF0490DSCF0491
亀頭ちゃんを

なぜなぜ



DSCF0493
時刻は9:02だが、午後再び境内に戻ってくると奥の院に

参拝する人の列が100m近くも伸びていた


DSCF0547
人気のあるお祭りに来る際は、早くに到着し人気の少な

い時間帯に参拝等を済ませておくことが肝心かも知れない



係の人に 日程を聞けば神輿は 2時頃熊野神社を旅立つそうでその熊野神社

へ行ってみることにした

熊野神社記事

熊野神社へ行く道中に役員さんから 田縣神社は男根に対し姫の宮社は、女陰

を崇拝している・・・場所は隣駅で出掛けた記事はここ



大縣神社近くでお酒を飲み すっかり気分がよくなり暫し車中でお昼寝タイム

そして再び 田縣神社へ戻ってきた

DSCF0500
祭りが本格的始まるまでもう少し時間があるため境内を

ウォッチング。それにしても外人の姿をよく見かける

臨時バス駐車場には、横田基地からのバスが停まってい

DSCF0501たが、乗客はすべて『YOU』なんだろう

ざっと1割程度は外人さんはちょっとオーバーかな

でもぎょうさんのYOUが居たのは確か


DSCF0495DSCF0505こんなにYOUが沢山いればあのT

V番組(YOUは何しに日本へ?)も

来ていることだろうと期待したが、

                           見当たらなかった。

DSCF0502
でもそのYOU達の行動には絶句した

境内の露店で売っていた女陰飴を堂々となめている男性、

男根飴を人前で平気で舐める女性YOU。見ているこっち

DSCF0503DSCF0504が、照れてしまう






DSCF0515DSCF0521DSCF0513







DSCF0549
いよいよ祭りは、御旅処を出発したところ

先導は猿田彦は、天孫降臨の際に、天照大神に遣わされ

た瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を道案内した国津神。

DSCF0550DSCF0551DSCF0552
沿道は人人人

で身動きが取れない



DSCF0553
ちんこの幟が登場したがあまりのリアルさに風営法違反じゃ無

いのか心配になった。裏筋、血管陰毛まであるんだぜ



DSCF0554
五人衆。選考で選ばれた5名は当日「五人衆」として古式のま

まに着飾り、お旅所から田縣神社までの間、男茎形を抱きな

がら行列に加わり一緒に練り歩く。

沿道の人たちは この男茎形に触ると子宝に恵まれると言われがあり我先にとなで

なでしていた

DSCF0555
主祭神の御歳神の神輿が続きます





DSCF0556DSCF0557
沿道の観客に御神酒を振る舞われ

和やかに祭りは進んでいった



DSCF0558
来た~真打ち登場と言っても午前中に拝見済み

更には「素手タッチ」済みだった

この後県道に出て境内へと入るが 帰宅時間を

DSCF0560
考慮してここで祭りを後にした

確かにほだれ祭りより規模が大きいが拙者は、

一般人が神輿を担げるほだれ祭りの素朴さが好きだな

次回、2020年3月15日(日)も元気なら又来てみたいな


4/5(日)川崎市のかなまら祭りに出掛けるぞ

2015.4.5参拝記
記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ