2017.11.18

「2017高千穂夜神楽」 初日が始まると言うことで高千穂旅行を

計画した。

昨年初めて高千穂旅行した際、偶然に高千穂神社 神楽殿にて

初神楽を見て農閑期に高千穂地域で開かれる「夜神楽」の存在を

知り今日に至った。

DSCF9927熊本空港からレンタカーを利用し途中寄り道

し15:01 会場にたどり着いた。 

岩屋宿神楽 下永の内岩神の郷公民館 地図


DSCF9867夜神楽とは、里ごとに氏神(うじがみ)様を神楽宿と呼ばれる民家や公民館にお招きし、 夜を徹して三十三番の神楽を一晩かけて奉納する、昔からの神事です。

例祭日(れいさいび)は集落によって異なり、毎年11月中旬から翌年2月上旬にかけて、町内二十の集落で奉納されます。



[夜神楽の問い合わせ先] 高千穂町観光協会(0982-73-1213)     
[天岩戸夜神楽33番大公開まつり]
日時  11月3日(金・祝)午前10時~午後10時 
場所  天岩戸神社 電話 0982-74-8239  
[神話の高千穂夜神楽まつり]
日時  11月22日(水)午後 6時~午後11時
   11月23日(木・祝)午前10時~午後11時
場所  高千穂神社 電話 0982-72-2413  
平成29年度高千穂の夜神楽日程表
平成29年11月18日~平成30年2月10日(国指定重要無形民俗文化財) 
  高千穂町役場企画観光課(0982-73-1212)伝承の村まつり・高千穂の夜神楽
●夜神楽は秋の収穫感謝、冬の鎮魂儀礼、春の豊穣余祝を祈願する「氏神様の村まつり」です。高千穂の村まつり
は、氏神様を里の神楽宿にお招きし、33番の神楽を夜を徹して奉納するのが、古くからのシキタリです。祭り風景の
なかで、カッポ酒、煮物料理等のふるまいが紹介されていますが、「ふるまい」は、年に一度降臨された神々と里人
が神人一体となる直会の儀式料理です。
● 近年、本物志向から「村まつり」に参座される観光客の方々も年々増加し、交流として「ふるまい」をされる集落も
増えていますが、その接待は神事儀礼の一環であり、村々の考えで行われています。
●お見えになった方々が、食事代として、初穂料・ご神前を供えられ、ふるまい料理を要求される事も多々あります
が、村各々のシキタリの中で接待されますので、ご理解いただきますようお願いいたします。



まだまだ早いよ

開始は19時頃だからもう少し観光してきなさい・・・だって

DSCF9868
元高千穂鉄道 高千穂駅、高千穂渓谷、

高千穂神社を巡ってきた。




17:00 再び戻ってきた。

初穂料(参加料)? お酒2升か2千円でOK

お酒は最後どうなるの?

と有るところで買い取って貰い現金化するそうで、拙者は現金で

初穂料を支払い会館内へ移動。

DSCF9895
遠慮がちに買った日本酒を待ち時間に

飲もうとコンビニで購入していた。



DSCF9896
夜神楽(よかぐら)33番。これで朝10時ま

で掛かるの?1演目45分?長くない??



DSCF9897
演目で使われる面





DSCF9898
17:30 寄りかかれる壁際をgetしお酒を

飲んじゃおうかな~と思っていたら“お酒

飲みませんか”の声に誘われていった。

DSCF9900
会館前広場では宴会が始まっていた。

これが噂の カッポ酒だ。



カッポ酒とは青竹に焼酎や清酒を注ぎ焚火にかけ燗をつけたものです。お酒を注ぐ際に「カポッ」と鳴ることから「カッポ酒」と呼ばれています。「カッポ酒」は高千穂町が発祥の地とされていて、もともと山仕事の合間に手近な青竹を切って節を抜き、水を入れて焚火にかけお茶を沸かして飲んだことに始まります。やがて庶民の生活に馴染みのある焼酎が入れられるようになり、神事など人が多く集まる場所で飲まれました。その後、この飲み方が全国各地に広まったとされています。

DSCF9901もう一つの竈では、これぞ宮崎の名物 

地鶏の炭火焼きだ。

こんな形で食することが出来るなんて幸せ


DSCF9902
まだまだカッポ酒が作られているが、焼酎

はきついんだ。何せストレートだから。



DSCF9903
白色ダウンの方は、受付をされている人で

初めての拙者に親切に世話して頂いた。



DSCF9904
館内では地元婦人達による夕食の振る舞い

がありお煮染め、おにぎりと決して豪華では

ないが、心温まる食事が付いた夜神楽であ

DSCF9905った。

実は夜7時から翌朝10時までの長丁場の

夜神楽のために助六寿司を持参していたが


DSCF9906全くの不要であった。

このほか0時にお汁粉、翌朝7時に朝食と

神楽観覧まで付いて2千円は安い。


DSCF9908
この食事前に表広場で鱈腹お酒と地鶏を

頂いていたが、これはこれで美味しく頂き

ました。

DSCF9910
7:20 1番目の神楽「太殿たいどの」が

始まった。

本音ではとても面白いとは言えない

DSCF9911観覧中にも カッポ酒の振る舞いが止ま

らず 最高の夜となった。




DSCF9912
テレビ宮崎も夜神楽初日と言うこともあっ

て取材に来ていて、わざわざ下総の國か

ら来た拙者に取材させて欲しいと懇願さ

DSCF9913れたが、その際また表広場で飲んだくれ

ているため‘神楽見てない者から取材を

受けるのは失礼に当たるため’お断りした。


DSCF9914DSCF9915DSCF9917






いつの頃からか場内は満員になっていた。地元民でも皆楽しみ

にしていたのだろう「夜神楽」は、家族総出で観覧に来ていた。

DSCF9918
第二演目 「神降」だが 1演目約30分以

上も掛かっていた。



DSCF9919DSCF9920
第3演目 鎮守

当初では33演目全て

を見る心積もりだった

が、飽きた。表広場へ移動しよう。

するとここからが面白かった。地元の方々との語らいはなかなか

経験出来ないんだ。それもお酒が入り話が面白い。

海老蔵似のヒカルさんからは、神楽が面白いのは「岩戸開き」から

の「岩戸五番」を聞き悪いが更に会話が踏み込んだ。

また 養蜂業の「佐藤 林」さんとは長く話をしていた。

あまりにも盛り上がっているためヒカルさんが林宅に拙者を泊めて

あげたら・・・と言ったら 今日は知人が泊まるから駄目なんだとま

で親しくなっていた。

夜神楽もいいけど こんなに高千穂野皆さんとの交流が楽しい

のなら来年も来ようかな


DSCF9920
夜神楽は第8演目 住吉まで進んでおり

時刻は23:44にもなっていた。



DSCF9922
すると獅子舞が現れ拙者の頭を噛んで

頂きこれで拙者の邪気を払って頂いた。

また噛んで頂くことによって‘神が付く’と

DSCF9923DSCF9924言われている縁

起物であった。




DSCF9925
0:02 お汁粉が出てきたが眠い

お酒結構以上に飲んだようだ

飛行機以外出来た人は「毛布」を持参

しているため仮眠出来るが 拙者にはない。

車へ行って仮眠しよう

お休みなさい  続きます