toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

単純泉

蛇ん湯 別府三秘湯の湯

2015.5.24

4年ぶりの大分温泉旅行もいよいよ終盤戦 次は別府三秘湯の一つ 蛇ん湯へ向かう

鍋山の湯から同じ道を通るが、荒廃した道をまたもや慎重に進むが この荒廃の原因

は、雨水によって削られたものであった

鍋山の湯同様 蛇ん湯の道のりも 勝手知ったるものだった

DSCF1017ここの湯は鍋山の湯に比べて森の中にあるため 日差しが

遮られ快適な入浴が出来る反面、草むらに犯罪者が隠れ

女性客の入浴シーンをのぞき見する輩が出る怖い湯でもあった


DSCF1021
今日は若者4人組がおり 退場後ひとりの湯を楽しんだ

ここはまるで時が止まったような 4年前と同じ風景が残っている



DSCF1018
風景だけで無く湯も当時のまま静かに湧き出し快適な湯温を

維持している神秘に改めて感動の連続であった



DSCF1020
三秘湯にもそれぞれの個性がある

鍋山の湯は泥湯。脱衣場も無いまさに野天湯そのもの。

怖いが夜間に入浴するれば別府の温泉の夜景が楽しめる

そしてここ 蛇ん湯は木漏れ日の中の湯。簡易脱衣場も完備され単純泉ながら

無色透明の綺麗な湯

DSCF1025最後は鶴の湯 ここは一番入浴客が多い湯

正直 どの湯も甲乙付けがたく判断に困るくらい




DSCF1026
これで2度目の湯だが 同じ若葉の頃であり紅葉期の湯も

素晴らしいこと請け合いだろう

次は、いつと言えないが又絶対来るぞ

DSCF1027ありがとう 蛇ん湯

杖立温泉元湯 初めて入浴出来た

2015.5.23

4年ぶりのおんせん県 大分にやって来た

目的は勿論温泉巡りに決まってら、拙者から温泉取ったら・・・グルメ、東海道五十三次など

街道歩き、奇祭などのお祭り巡り、ウインタースポーツ・・・あれ決行趣味も多彩だった

今入浴を終えた 日本一恥ずかしいと評される『満願寺温泉 川湯』の余韻に浸りながら

これなら 杖立温泉にあるまだ未入湯の湯『元湯』へ行ってみることにした

この湯へは 2010.4.242010.12.31  の2回訪問しているが運悪く入浴出来ていな
DSCF0952
かった。

4年の歳月は、遠い昔のような気もするが近づくにつれてどんど

ん記憶が蘇ってくるんだから自分の記憶力に感心した

DSCF0954
事温泉のことになると 記憶が鮮明に蘇る

最近のタレント名前なんてすぐに忘れてしまうんだが、昔のこと

でも温泉のことは地のりさえ覚えている

DSCF0951
半ば諦め半分湯が張っていること半分と祈りながら車を最奥まで

乗り入れると湯煙が微かに感じられた

“やったー”元湯に初めて入浴出来る

DSCF0942
洞穴の中に湧く湯 これが元湯だったのか

満願寺温泉ととてもよく似た泉質。恐らくアルカリ性単純泉で間

違いないだろう


DSCF0946
新緑の木立を望みながら 独り湯はこの上ない満足感を醸し出す

湯量 湯温も最適 湯の鮮度 広さ 清潔さも問題なし

いい湯だったんだね

DSCF0949
それにしても どうして2010.12.31の時は湯が出ていなかったん

だろう。こんなに素敵な湯なら 宿泊客だってこの湯に浸かりに来

るはずだ

DSCF0945
上手にアピールすれば名物の湯になる事間違いなし。

でも混雑しすぎるのも困るなあ

この風景どこかで入った湯??

DSCF0953群馬県にある『尻焼温泉 かま湯』の湯に似ている

入浴後 この元湯の上部はどうなっているか気になり階段を上

がったら旅館の跡地があり源泉に関わる物は何一つ無かった


DSCF0955
ここは最奥部。辛うじてUターンできるようになっている

レンタカーのホンダフィット。
記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ