toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

山 登山

馬場島から剣岳山頂を目差すぞ

剣岳へ行くぞ

9/  仕事終了後富山に向けて出発

9/  馬場島 ---(60分)--- 松尾平 ---(250分)--- 早月小屋テント場(泊)
    6:00          7:00           11:00

   テント場に水場がない




9/   早月小屋テント場(泊)---(200分)--- 剱岳 ---(140分)---
     5:00                   8:00


    早月小屋 ---(150分)--- 松尾平 ---(40分)--- 馬場島
      11:00          14:00         15:00

大菩薩陵登頂 2057m 百名山9山目

2017.8.6

今回のキャンプ地 甲州市にあるロッヂ長兵衛に着いた。
DSCF8480
ここまで来る途中の甲府盆地では、

気温36℃まで上がっていたが、標高

1600mのここは22℃と天国であった。

DSCF8496
日本百名山の大菩薩陵登山の為4時

過ぎに起床した。夜間はやや寒いくらい

の寝心地。

DSCF8497
往復約4時間の行程 朝飯も取らずに

4:51 出発 この道を上がっていく。



DSCF8498
5:09 福ちゃん荘キャンプ場 地図

料金は同じ400円 こちらの敷地は広大で

約100張り可能らしい。

でも車を乗り付けることが出来ない為、登山用装備のキャンプと

なることからロッジ長兵衛キャンプ場でよかった。

DSCF8499
福ちゃん荘到着

あれ駐車場が有るじゃないか・・・と思ったら

宿泊者または食事者のみ無料で利用出

DSCF8500来る。標高1720m 大菩薩陵が2057mで約

300mの標高差。たいしたこと無いじゃないか




DSCF8501DSCF8502
あ!馬刺しがある。

食べたいな。馬刺しは

熊本のが旨かった。

DSCF8516
皇太子と雅子様もここに来ていたのか

2002.9.12大菩薩陵登山



DSCF8503
5:12 分かれ道 右が大菩薩峠 左が大菩

薩陵と言うことで左です。



DSCF8504
拙者 今回初めてストックを使ったがなん

て楽なんだ。7割程度の力で登っていける。



dream-brother_bt409
1780円 白馬岳もこれがあればもっと楽に登頂

出来たかも


DSCF8506
コウリンカが咲き誇っています。またガスが

出てきた。これじゃ富士山を望めないかな



DSCF85086:13 分岐点 雷岩に到着

本来ここから富士を望めるが今日は全くの

駄目。さあもう少しだ 大菩薩陵山頂までは


DSCF8510
するとここはもものけの森かと思わせる霧に

包まれた神秘の森であった。



DSCF8511
6:26 無事到着したが木立の中にあり展望

不良。大菩薩陵標高2057m

日本百名山

今まで 安達太良山、那須岳、筑波山、富士山、御嶽山、赤城山、

白馬岳、日光男体山で今回が9山目

それにしても眺望が悪く 展望台でも作らないと人気がなくなっち

ゃう。皆大菩薩峠に行ってしまう。

DSCF8514DSCF8512DSCF8513






さあ下山開始 ストック有る性で下山も楽だ

7:20 キャンプ場に到着

往路1:35 復路0:53であった


こぼれ話

今年は2017年 雲取山も2017mとメモリアルな山とキャンプ場で

教わった。これは是非今年中に制覇しなくちゃ






ロッヂ長兵衛 キャンプ場 大菩薩陵

2017.8.5

今回のキャンプ地 甲州市にあるロッヂ長兵衛に着いた。
DSCF8480
ここまで来る途中の甲府盆地では、

気温36℃まで上がっていたが、標高

1600mのここは22℃と天国であった。

DSCF8482
地図 このバスは4/15-12/10まで運行す

る路線バス(土日祝日のみ運行)



DSCF8481
15時発のバス

今日はここにテントを設営し宿泊するが、

今日の天気は雷雨予報・・・大丈夫かな

テント代は 一人400円 テント張り数ではない

DSCF8486
テント場は、この階段の上、木立の中の

10張りくらいの狭い敷地



DSCF8483
プラパレットが9枚置かれていた為ここに

設営に決めた。



DSCF8485DSCF8489
水場 沢の水を利用

無料



DSCF8488トイレは市が設置した公衆トイレを利用出

来ます。

雷雨になる前に飯を食べちゃおうと食事準


DSCF8491備していると降ってきてしまったが、通り雨

程度で上がってしまった。ラジオでは笛吹

市に大雨洪水警報を知らせる内容に焦った


DSCF8492
が、暫くすると解除され結局雨はあの一瞬

だけで済んだのは幸運だった。

今夜の献立

DSCF8484
飯盒による炊飯 (白ガスコンロ)と焼き肉だ





DSCF8493
前回も書いたが 白ガスのランタンはやっぱ

りいいね。灯りの色がいいよね



DSCF8494
ビール飲んで甲州ワイン飲んでウイスキーも

飲んだ。

酔った酔った

DSCF8495
明日は大菩薩陵(日本百名山)への登山。

それも涼しいうちの早朝に予定している

雨の心配もなくなった早く寝よ~と。


2017.8.5富士山をきれいにする会参加 富士五合目

2017.8.5

以前から参加したかった『富士山清掃活動』に初めて参加します。

主催 富士山をきれいにする会

朝8-8:30頃までに富士北麓公園集合がきつかった。途中中央道の
DSCF8445
渋滞に巻き込まれ到着はギリギリになってし

まい冷や冷やもんだった。



DSCF8446
無事受付を済ませることが出来、安堵。

疲れた。



DSCF8447
開会式。参加者1600名と大規模企画で

あった。参加費無料

この後バスに乗車し富士五合目に向け

DSCF8448て出発。

着いた着いた。富士山五合目。

何年ぶりだろう


DSCF8449これまで富士山は9回登り8回は山頂ま

で到着出来たが、1回は悪天候でリタイヤ

してしまった成績であった。


DSCF8450
さあこれから12時まで5-6合目周辺でゴミ

拾い開始。



DSCF8451
環境保全の為の入山料徴収所だが、支払

う人は僅かだった。勿論ゴミ拾いの人は払

わなくてもいい

DSCF8452
ゴミ拾い開始・・・だが実際にゴミは殆ど落ち

ていないのが現状であった。本来これが当た

り前のことで、ゴミ拾い隊が活躍しないことが

DSCF8453いいことである。それは警察も消防も暇が一

番であった。

吉田口ルートマップ。ふむふむ、そうかそうか


DSCF8454
弾丸登山の警告だが、他にも軽装、ビーサン、

合羽などを持たない装備不足も問題である。



DSCF8455
前を歩くゴミ拾い隊のあとを続くもんだからゴミ

など落ちていない。



DSCF8456ミヤマアキノキリンソウ/深山秋の麒麟草 キク科

日本固有種で山地の土手などで多くみられ、

円筒形の薄紅色の花が垂れ下がるようにつく。

花の長さは4~5センチで先が浅く5つに切れ込む。ホタルブクロとの

違いは萼の形で、つけ根が丸く膨らんでいるのがヤマホタルブクロと

見分ける。花期:8~9月

 
DSCF8457
このころからガスが漂うようになる。





DSCF8458
里見平 星観荘  





DSCF8459
会長は、のんきなもんでゴミ拾いはしなかった。

しょうがないか会長だもの



DSCF8460
山頂まで5.5km 366分って6時間も掛かる。

隊列を作って登はツアー客。今頃から登って

7合目付近で宿泊するんだな

DSCF8461

イタドリ/虎杖タデ科

平地から高所まで生え、平地では高さ1mほど

にもなりますが、五合目付近から上では丈が低い高山型が見られます。

オノエイタドリ、メイゲツソウもイタドリの高山型とされます。別名スカンポ。

花期:7~8月

DSCF8462DSCF8463
富士山吉田口六合目安全

指導センター 地図



8/5天気 曇りのち雨  何でも山梨は広範囲で雷雨になる模様

この後キャンプする予定なんだが心配だな

DSCF8464DSCF8465DSCF8466






DSCF8467
結局ゴミ袋の中で一番の大物は自分が食べた

菓子パンの空き袋であった。

でもゴミがないことが当たり前になればいいね

DSCF8468DSCF8469

日光山温泉寺共同湯で入浴 日光湯元温泉

2017.7.23

日光の霊峰 男体山登山に急遽決定。

先週 大雪渓のある白馬岳登頂しやっと筋肉痛が癒えたばかり

だが、時間が出来た為 山へ行こう。

無事登頂を済ませ汗を流す為に向かったは、日光湯もと温泉。

秘湯巡りを始めてから未だ訪れたことがなかった日光湯本温泉、

そこには、温泉に入浴出来る寺がある為そこへ向かった。

DSCF8423
今度こそ日光山温泉神社到着 地図

ここには共同湯があるのは知っていたが、

今回が初訪問であった。

DSCF8425
湯元温泉は、硫黄泉って知っていた。

実は拙者にも小学生の頃がありその修学

旅行でこの湯元温泉に宿泊していた。

温泉は、とても硫黄臭く友と大騒ぎしながらの入浴が今も脳裏に

焼き付いている、そんなことだったからか今も温泉には思い入れ

が激しい

DSCF8426
湯船は6人も入ると満杯になってしまう

1.8m四方の湯であった。



無題7261同浴の人たちの価値観が解らない。対して熱くもないの

に加水を止めないんだ。せっかくの良質の温泉成分を

薄めている。

そんなことも解らないやつは、大型ホテルの湯へ行け、その湯こそ

循環濾過され塩素注入の湯だ。

温泉価値が全く解っていない。

確かに源泉は約60℃もあり激熱の湯であったが、あれは加水のし

過ぎ、お陰で硫黄臭漂う白濁の湯が、無臭になっていく。

DSCF8427ガキの頃のあの硫黄臭は面影もなく薄らい

でしまった。




DSCF8428湯元温泉で日帰り入浴を宿で利用する

と軒並み1000円は取られる。

こんなちっぽけな湯だが拙者に取っちゃ

             こんな湯の方が何倍も嬉しい。

DSCF8429
かえって綺麗すぎる浴室は好きには慣

れない。

温泉はやっぱり鄙びた感がよく似合う

DSCF8430もんだ。

でもさっぱり出来た。

ありがとう


DSCF8431
すると休憩室に茶菓子とお茶がありしばし休息

が出来る、こんな粋な計らいに感謝だね。



登山疲れと汗も湯と流し家路に向かうとしよう







記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ