toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

山 登山

北岳登山 山頂から草滑りコース下山

2017.9.9

日本山標高2位の北岳登山に行ってきました。

実は、二ヶ月前の2017.7.8初トライをしていたが、登山靴が

経年劣化によるソール剥がれが起き途中リタイヤとなってい

たため天候がよいこの週末にリベンジしに出掛けた。

大袈裟ではない登山中に水切れとは死に相当する事態であ
DSCF9003
った。命からがら北岳山荘にたどり着き疲れ

を取る為早めの就寝をしていた。



隣のテントの人など知らずに設営したが 夜中2時頃からゴソゴソ

と五月蝿い。夕刻6時就寝3時に起床し4時に旅立つ予定だったか

ら2時でも充分睡眠時間があったけど迷惑な話だ

DSCF9023
4:26 山頂から白根御池山荘経由広河原へ

向けて旅立った。山頂までは1:25。ぐっすり

眠れた為体調はまずまずだ、頑張ろう。

この日は、ガスに包まれご来光が見られるか心配だが、通過道な

のでまずは張り切って山頂を目差すが、やっぱり登り坂に差し掛か

ると足が進まない。

DSCF9025
4:51 トラバース分岐点





DSCF9026
それにしても険しい。ピーク寸前の急登の連続

道。そしてまた梯子が出現にいやな記憶が蘇る。



DSCF9027
5:28池山吊尾根分岐点

山頂まで0.3kmが遠かった。0.3kmがこんなにも

長く感じたのは初めてだった。

DSCF9028
5:28 山頂到着 1位富士山 2位北岳を制覇

3位間の岳には無理をせず行かなかった。



DSCF9030
だが、残念なことに富士山方向には雲がかかり

霊峰富士を仰ぐことは出来なかった。そんな訳で

ここに長居する意味もなく早朝の涼しいうちに下

DSCF9031山し間違っても救助されるようなことは避けたい

一心であった。




DSCF9032
下山開始するが、肩の小屋方面からの登山道も

険しい。もう二度とこの山には来ないと誓う拙者

がそこにいた。

DSCF9033
6:13 広河原まで4時間 ・・・11時までには着い

ていたいな。頑張ろう。



DSCF9034DSCF9035
6:23 肩の小屋に到着

やっぱり下りは楽だね

どんどん歩が進む。

DSCF9036
生ビールサーバーがあるのには驚いた。





DSCF9037
ここは水場。1リットル100円。





DSCF9038DSCF9040






DSCF9041
眺望の良い尾根道に来ると富士が現れた。

よかった。よかった。



DSCF9042
6:44 ここから草滑りコースは急登の連続路

登る人は困難な経路であった。

大樺沢コースの方が傾斜が緩く登りやすいか

な、でも八本歯のコルからはその反動で険しいが・・・。

DSCF9043DSCF9044DSCF9045






DSCF9046
7:43 白根御池山荘到着

肩の小屋から1:20 荷が重いのを利用して

スタスタと降りてきてしまった。

ここでやっとバスの時刻を確認したら 9:30 11:00・・・

ここから広河原まで2時間、水場で喉を潤し休んでいる暇はない

再出発だ。

さすがに広河原山荘手前では反動で足が痛み出した。


辛~~い。

DSCF9047
9:15 無事広河原に到着。

すると タクシーが4人で乗っていきませ

んか?と声掛けられ そうかタクシーとい

う手があったんだ。

でも 9/9の人出は凄かったから9/10の下山者も相当な数にな

ると思われ北沢峠からのバスが着くとここもごったかえし長い

行列が出来るらしい。

無事タクシーに乗ったが、途中のトンネル内でジャンボタクシー

のタイヤが取れる事故があり一時帰路がふさがり帰る道が絶た

れた。

それも人力でトンネルから搬出し無事家に帰ることが出来た。

北岳ね・・・もう二度と来ないぞこんな山

そして 涸沢カールと槍ヶ岳の合体登山は、涸沢カールのみに

予定が変わっていったし剣岳の登山も消えていった。





北岳登山 北岳山荘テント場 2017.09.09

2017.9.9

日本山標高2位の北岳登山に行ってきました。

実は、二ヶ月前の2017.7.8初トライをしていたが、登山靴が

経年劣化によるソール剥がれが起き途中リタイヤとなってい

たため天候がよいこの週末にリベンジしに出掛けた。

大袈裟ではない登山中に水切れとは死に相当する事態であ

った。命からがら北岳山荘にたどり着いたんだ。
DSCF9008
北岳山荘に到着すると玄関脇に水場が

有るじゃないか、一息着く間に予備の水

タンクを補給し更に乾いた身体に水を注

ぎ込む。

助かった。

DSCF9009それも無料の水であった。

天はまだ我を見捨てはしなかったというこ

とか


生き返った。マジそう思った瞬間であった。

DSCF9010
正気に戻りテント場の料金を払うべく書類

に必要事項を書き込み800円を支払い手

続き完了

DSCF9002
場所は一当地に近かった。登山中に声掛

けた男性がテント機材の一部を忘れてしま

いその地を拙者に譲ってくれたんだ。

DSCF9003
新設のトイレにも近く眺望の良いところ

ラッキー



DSCF9004
身体に給水も出来、テントも張れたことで

落ち着いてきた。確かに疲労感は拭えな

いがいつもの通り山荘周辺を徘徊するこ

とにしたが、背負う物がないとこんなにも楽なのかな~が実感

であった。

DSCF9005
まずは、皇太子登山?肝いりで新設され

たバイオトイレ。テント場は勿論屋内でも

臭いが全く感じられないスーパートイレ

DSCF9006であった。

一回の使用で500円相当の費用がかか

るそうです。使用料は自己裁量ですが


DSCF9007500円は正直払えないな。100円がいい

ところかな




DSCF9012
診療所があるが休所中。恐らく7-8月の

繁盛きのみ開設なのだろう



DSCF9011
この地で飲むビールは格別だ、だが体

調を考慮して我慢した。



DSCF9013
今度はテント場だ。そこに水場の看板が

あったが、往復90分も掛かるって八本歯

のコル下のこと言っているのかな。

DSCF9014DSCF9015






BlogPaint
気分も持ち直してきたからこの男性の人と

雑談した。

実は 涸沢カールと槍ヶ岳を一緒に行きた

いが、可能か?

答え やっぱり行動に無理がある、三泊出来るのなら可能だが、

  今日みたいなことになりかねないよ

阿曾原温泉のことや無料の温泉のこと色々話し滅入っていた気

分が晴れてきた。

9/16-17 阿曾原温泉に行きたい

9/30-10/1 涸沢カールだけ行くことに変更した

DSCF9016
夕刻五時頃になると皆夕食の準備

今宵のメニューは、山菜おこわと牛

ステーキだ。

DSCF9017
仕事柄手に入れた食材。やっぱり肉

はエネルギーになる



DSCF9019
過酷な登山でカップ麺じゃ力が出ない。

皆何食べているのだろう



DSCF9018
非常食でビーフカレーも持っていた





DSCF9020
天気がいいはずだったが、昨日も富

士は見えなかったらしく今朝に於いて

はご来光も雲の中だった。

やっと姿を現した富士に感動。どうぞ明日は素敵な勇姿を見

せて欲しいものだ。

でも今日は疲れた、早く寝よう

シェラフに潜り込み思うことは 登山は日帰り中心で楽しむ方

針転換になったってことだ

おやすみ


追伸 阿曾原温泉までの水平歩道が16日開通するらしい

現在筋肉痛で足が痛いが 阿曾原温泉に行きたいが為に揃え

た登山用品。明日黒部渓谷鉄道にもう一度電話し確認しよう。








2017.9.9北岳登山 八本歯のコル経由山荘テント泊

2017.9.9

日本山標高2位の北岳登山に行ってきました。

実は、二ヶ月前の2017.7.8初トライをしていたが、登山靴が

経年劣化によるソール剥がれが起き途中リタイヤとなってい

たため天候がよいこの週末にリベンジしに出掛けた。

9/8 毎度のことながら早め到着 9:40でしたが 芦安の駐車場

は、第二がすでに満車、第三も残り5台を残してほぼ満車状態

いったいどうしたんだ

前回 4:45にタクシー乗り場へ行ったが、完売で乗れず今回は

3:45起床 3:55タクシー乗り場到着したが、すでに30余名の先
DSCF8954
客があったのには驚いた。

でも30名くらいでは充分にジャンボタクシ

ーに乗車出来る為一安心。

DSCF8956
5:55 広河原インフォメーションセンター

到着  身支度を整え登山開始だ

今回は登山靴をすでに買い換え装備も

DSCF8957問題なし。

天気も 土日月と快晴予報・・・富士山が

バッチリ拝めるかな


それにしてもタクシーに乗るのは面白い話が聞ける。

皇太子が北岳を登る予定で 北岳山荘のトイレが新調されたが、

まだ登山に至っていないらしい

以前行った知床での逸話では羅臼岳の登山の際も林道が舗装され

たそうだ。皇室が動くと色々整備されるんだね

北岳山荘と白根御池小屋は環境省の管轄なんだって


DSCF8958DSCF8959
5:59

気温12℃は心地

よいね

DSCF8960
北岳山頂に雲がかかっている。

下山者からの情報では富士山が見えなか

ったと・・・

DSCF8961DSCF8962
気力体力バッチリ

さあ行くぞ



DSCF8963コースは 二俣→肩の小屋テント泊→

山頂→下山

間の岳へは行かない


DSCF8964DSCF8966DSCF8967






DSCF8968DSCF8969
7:15 この頃からザック

の重さの性でどんどん

抜かされていく。

これって白馬岳の時と一緒だ。

殆ど空ザックの雲取りとは大違い。あのスピードは何処へ行った?

DSCF8970DSCF8971DSCF8972






DSCF8974DSCF8975
8:00 二俣到着

ここで殆どの人が八本

歯のコルへ進む

DSCF8977
八本歯のコル経由肩の小屋でも12時頃に着くの

か?こっちから行ってみよう・・・が後々大変な

ことになっていく。

DSCF8976
とりあえず朝食をするべく短時間の休憩をした。





DSCF8978
チップ制の簡易トイレ





DSCF8980DSCF8981






DSCF8982
雪渓現るが雪上は歩かなかった。





DSCF8983
9:51 二俣から2時間弱も掛かってしま

った。原因はザックの重さだろう。

シュラフはまだ化繊物、ナンガのUDD630

ロングは注文しているが到着は9/11と寸前で間に合わない。

コンロは、コールマンの白ガス。白ガスがコスパの点で好きなん

だよね。テントはアライ エアライズ1、アルミの風防、食料・・・

DSCF8984で20kgくらいあるかな

化繊のシュラフの為夜間防寒対策で衣類

が4点ほど持参している。


DSCF8985
10:37 疲れた。ザックが重い。

この感覚は白馬岳と同じだ。年齢的に

テント泊登山は難しいのかと弱音を吐いていた。

DSCF8986
10:45 八本歯のコルに到着

この梯子に大いに手こずってしまった。

それにしてもいくつ続くんだよ

八本歯なんだから8回くらいに留めておいてくれ

DSCF8987
11:40 何とか登ってきたが、ここでハイ

ドレーションの水が切れてしまったようだ。

水が出てこない。

幸い下山者が、500mlペットを譲ってくれたがそれさえも無かっ

たら地獄のような物だった。

DSCF8988DSCF8989
間の岳

当初 早く着いたら

間の岳までアタック

バッグを背負い山頂へチャレンジするつもりだったが、今となっ

DSCF8990ては夢のまた夢であった。

そして今夜の宿営地は 北岳山荘キャンプ

場へ変更せざる終えなかった。


DSCF8991
そこへヘリコプターがこちらへ接近するでは

ないか。僅か20m前方で心肺蘇生をしてい

る。その人の為の救助ヘリであった。

DSCF8992
水切れの拙者も危うく救助隊のお世話にな

りかけていたから他人事ではない。



DSCF8993
このことはヘリが現れてから約2分間の早業

であったことに感銘を受けた。



DSCF8994
救助活動に当たっていた人。拙者も日赤救急

救命士有資格者だから本来は手伝うべき何だ

が今の状態ではこちらが救助されそうなくらい

DSCF8995疲弊しきっていた。

先ずは無事キャンプ場まで着き身体を休めよう




DSCF8996
トラバース分岐点

本来ならこの道を使えば楽に山荘に行けるが

落石の恐れがあり通行止めになっていた。

DSCF8997
老体に鞭打って行く~~ぞ





DSCF8998
きつい だが、あと少しここを下れば

山荘だ



DSCF8999DSCF9001






DSCF9008
当初の予定と違ったが今日はここに

幕営決めた。

無事到着出来て良かった。







雲取山 標高2017mの2017年メモリアルイヤー

2017.8.26

先日 大菩薩陵の登山をした際に教わった年号と標高が同じ

『2017』の雲取山のメモリアルイヤー登山を計画するも今年の

夏は天候が落ち着かないが、いつもの天気サイト『天気とくらす』

を見ると27日は、「A」の好判定。よし雲取登山へ行っちゃおう

目差す登山口は、御祭りだ  地図

国道411号から三条の湯まで約10kmのうち2kmだけでも車で

乗り付けられるのはしない手はない。
DSCF8945
26日深夜のうちに乗り付け仮眠開始。

駐車場は7-8台駐められる



2017.8.27

日帰り登山の為 真っ暗だが早めの出発 4:45

DSCF8898
駐車場から奥に100m地点

一般車排除するゲートがあり固く閉じら

れていた。

DSCF8899
林道脇には距離標があり歩く目標があ

る。行程は脇道・枝道があるが、とにかく

林道終点まで歩く簡単道。

DSCF8900DSCF8901
川の対岸に木道?

この林道が出来る前

の登山道かな

DSCF8902
林道上に小屋が・・・

三条の湯に着いたと思った糠喜び、工事関

係者の事務所のようだ

DSCF8903
6:08 三条の湯の自家用車が止められている

ってことは林道の終点だ 宿だ



DSCF8904DSCF8905
6:09

と思ったら更に30分の歩

きがあるらしい

DSCF8906
6:28 黄色い人工物と思ったらテントだった。

テント場は15張り程度ととても狭く遅いと張れな

くなるらしい。

DSCF8907
水場もトイレもテント場近くにあり便利だね





DSCF8908
6:32 三条の湯に到着 地図

今は通過だが、10時以降に鉱泉が沸き上

がるのに合わせて入浴しようと企み中

DSCF8909DSCF8910DSCF8911






DSCF8912
6:35 山頂目差して出発

小屋を過ぎてから勾配が増していく

きつい

DSCF8913
7:09 急に視界が開けた。常に木立の中を

進む三条の湯コース



DSCF8914
開けたが辺りにはガスが掛かり視界不良。

このままじゃ富士はまた見られぬか



DSCF8929
その後勾配が緩くなり距離をどんどん稼ぐ

8:15 三条ダルミに到着



DSCF8915
三条ダルミからの登山道はきつかった。

胸突き八丁いや心臓破りの坂だね

でもね T字ストックの威力は絶大

どんどん登っていけるんだ。まだ登山にストックを持ち合わせていな

い人は、ストックは必需品だよ

DSCF8916
8:45 山頂に着いた・・・と思ったら本当の山頂

はここから100m先



DSCF8923
2017m 2017年のメモリアルイヤーに登山出来

たことに感謝 8:50

この碑、1年間限定の記念碑「雲取山西暦二千十

七年」なんだって。これで百名山10山目。

DSCF8922
本来この後方に富士の雄姿が望めるはずだが、

恥ずかしいのか顔を現さなかった。

東京都と埼玉県は、新たに国民の祝日となる「山の日」を記念して、都県境にある雲取山(標高2017メートル)の山頂標識を統一し、新たに設置した。

 新しい標識は御影石でできており、標高にちなんで高さ201.7センチ。山頂の三角点のすぐ横に設置された。東京都が今年4月、埼玉県に提案。制作費55万円とヘリによる空輸費も負担した。

 雲取山は日本百名山として人気があり、多くの登山客でにぎわう。ところが、これまで東京都と埼玉県がそれぞれ三角点から約10メートル離れた場所に木製の標識を立てていたため、登山者から「山頂の位置が分かりにくくて混乱する」「どうして2つあるのか」との声が寄せられていたという。

DSCF8920
一等三角点

パワーを頂こう



DSCF8921DSCF8925






DSCF8927
雲取山荘 無人の避難小屋

中はとても綺麗



DSCF8919
山頂は、気温15℃と快適・・だが富士が

見られないことが悔しい



DSCF8928
9:00下山開始

下山時は余裕 花の写真パチリ



DSCF8930
10:19 宿近くの沢で妙な施設発見?

これこそ源泉だろう



DSCF8931
10:22 三条の湯到着

お風呂も沸いていて誰も入っていないと言うことで

早速頂こうとしよう。 600円

DSCF8932
浴槽は一つ、時間によって男女別に分かれている

が混浴時間は無い



DSCF8933
これでいいのかな

「をとこ」入浴中



DSCF8937DSCF8938
鉱泉を薪で炊きあげる温泉

アルカリ泉なのか石けん類

が使えない水源地帯の湯

DSCF8934
意外にもさっぱり出来た。





DSCF8935
火照った身体を冷やそうと水蛇口をひねったら

温泉水の味がした。温泉水なのかな



DSCF8936DSCF8940DSCF8941






さあ帰ろう 10:45

DSCF8944
残り2kmまで来たところで助け船

助かった



12:03 駐車場到着



























馬場島から剣岳山頂を目差すぞ

剣岳へ行くぞ

9/  仕事終了後富山に向けて出発

9/  馬場島 ---(60分)--- 松尾平 ---(250分)--- 早月小屋テント場(泊)
    6:00          7:00           11:00

   テント場に水場がない




9/   早月小屋テント場(泊)---(200分)--- 剱岳 ---(140分)---
     5:00                   8:00


    早月小屋 ---(150分)--- 松尾平 ---(40分)--- 馬場島
      11:00          14:00         15:00
記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ