toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

台湾

目から手が出ている神様が居る金剛宮 台湾

2015.8.15

2年ぶりの台湾旅行 今回は初めてピンではなく3人の旅となっていた

そして この旅では本来いくつかの野渓温泉に行くつもりが 一つも叶わぬまま

だったが、やっと一つ目が今叶ったが、陽明山中にある無料の湯はことごとく

惨敗に終わってしまった

もう温泉巡りはここで終わりにし、台湾の珍スポットへ行くことにした。

DSCF1458
珍スポットとは、お寺のことであった

金剛宮  住所:台湾 新北市石門區崁子腳41之3號  地図

何が変って 目から手が出ている像があるんだ

DSCF1459
それにしてもこれも神様なのだろうか

ここからして首を傾げたくなってきた



DSCF1451
車を駐め館内へ入ろうとしたが 拝観料を払う所が無い

無料なのかな・・・でどんどん進んでいく



DSCF1452
これはどういうことだ

神様らしき像が娘の乳を飲もうとしている

これも神道なのか

DSCF1453神道っていいな

きっとこの先には画像を撮れないようなシーンがあるって

ことかな


DSCF1454
出た!目から手が出ている神様

名前は甲子太歳金辨大将軍。台湾に於ける道教の神様で

 「封神演義」に出てくる楊任が モデルだそうだ。

では、何故 目からにょっきり手が生えたかと言うと 「彼が偉人に忠告したら、反

感を買い目を取られてしまい、それを哀れみに思った方が薬を授けると、目の付

いた手が目から生えた」という話しです。

でも奇抜すぎるんだよね 

ここで係の人が登場し 拝観料を徴収されると思ったらパンフレットと見所を親切に

DSCF1455案内してくださる

ここは地獄のようだ

おお気味悪 速攻退散


DSCF1456DSCF1457
台湾の方には申し訳ないが何かふざけ

ているようで真剣に参拝出来るのかな・・・

と思った

この珍スポットは二度と来ることは無いだろう

珍スポットなら台中にある彩虹眷村へ行ってみたいネ

龍鳳谷温泉も台風の影響で遊歩道が通行止め

2015.8.15

2年ぶりの台湾旅行 今回は初めてピンではなく3人の旅となっていた

そして この旅では本来いくつかの野渓温泉に行くつもりが 一つも叶わぬまま

だったが、やっと一つ目が今叶った

行く予定だった野渓温泉=梵梵温泉 排骨温泉 文山温泉 清水地熱 北埔冷泉

冷水抗温泉に続き前山公園公共浴池も清掃中に付き入浴出来なかったが、まだ

近くには無料湯がいくつかある。

中でも一人ではとても入浴する勇気が無かった 龍鳳谷温泉。三人なら入浴出来

るだろうと向かっていたが、車を駐めるスペースは工事車両で占領されている

あ! 台風の影響がここでも出ていたのか 谷へ下る遊歩道が工事で通行止めに

なっている

この光景は全て運転中のため画像は無い

心配だな 谷底には名前は知らないが別の温泉もあった

無事であって欲しいものだ

遊歩道入り口地図

前山公園公共浴池も「只今清潔中」だった

2015.8.15

2年ぶりの台湾旅行 今回は初めてピンではなく3人の旅となっていた

そして この旅では本来いくつかの野渓温泉に行くつもりが 一つも叶わぬまま

だったが、やっと一つ目が今叶った

行く予定だった野渓温泉=梵梵温泉 排骨温泉 文山温泉 清水地熱 北埔冷泉

冷水抗温泉は清掃中に付き入浴出来なかったが、この近くにはまだ無料湯がいく

つかある。そこへ行ってみよう

次は、前山公園公共浴池。ここへは、2013.8.18に入浴を果たしている

名前の通り 公園の中にある無料の公共浴場です

DSCF1447
だが、なんか様子が変。静まりかえっているじゃないか

ドアには「只今清潔中」の張り紙が・・・

ここも冷水抗温泉と同じ時間帯で清掃活動を行っていた

DSCF1450下記が入浴可能時間です

1.6:00-9:00
2.10:30-13:00
3.14:30-17:00
4.18:30-21:00

昼を食べていなかったので隣にあった売店兼食堂で昼食にすることにした

DSCF1448
大きな鍋で調理されているのを見て 細いうどんに豚骨

スープが美味しそうに見え これに決めた

頂きます

DSCF1449
周りで食事するお客さんも食べていたので安心して頼ん

だが、駄目だ 全くと言って口に合わない

礼儀もある為無理しても口に運んだが ここでGiveup

降参です

台湾には美味しい料理が沢山合っていいですね

楽しみですねと声かけられるが、とんでもない

どうのこうのと店を変えてはみたが 最後まで融合することの無い台湾料理

以前も書いたが、 日本人向けに味付けした台湾料理って本当の台湾料理

なのだろうか

それを食べて「台湾料理って美味しいね」って可笑しいと思いませんか

台湾料理と言ったら 現地の人が食べるものを指しますよね

その現地の人が食べるものが全然合わない

それよりも 夜市へ行ってもどこも似たり寄ったりの料理しか無く逃げ道が全

く無い、だから最後の駆け込み寺がコンビニになってしまっていた

 味付けの基本となる部分が融合できないため全ての料理が受け入れられい

どうしたら 美味しい台湾料理に出会えるのだろうか

話が温泉から食事に変わってしまったね

冷水抗温泉は、清掃中に付き入浴出来ず

2015.8.15

2年ぶりの台湾旅行 今回は初めてピンではなく3人の旅となっていた

そして この旅では本来いくつかの野渓温泉に行くつもりが 一つも叶わぬまま

だったが、やっと一つ目が今叶った

行く予定だった野渓温泉=梵梵温泉 排骨温泉 文山温泉 清水地熱 北埔冷泉

次も 野渓温泉の部類に入るのかな

しっかりした湯舎が建ててある無料の湯 冷水抗温泉 である
DSCF1444
冷水抗温泉に着いたら 足湯に沢山の人集りを横目に湯舎

に向かったら【清潔中】の看板に加え金戸が閉じられている



DSCF1445
これって清掃中なんだ

13時から14時半までの間は、清掃時間となっていた



DSCF1446
最近になって入浴時間割が変更となっていた
1.6:00-9:00
2.10:30-13:00
3.14:30-17:00
4.18:30-21:00

現在13:50 ここから40分待つのは勿体ないので先へ行くことにした

でも この湯はいい湯なんだよ お二人さん


八煙野渓温泉 台湾No1の野湯

2015.8.15

2年ぶりの台湾旅行 今回は初めてピンではなく3人の旅となっていた

そして4日目の朝が始まり 今朝一番に行ったのは野柳地質公園でした

長い間炎天下を歩くか?と悪夢を予想していたが幸いにも曇り空に変わり

素晴らしい景色を堪能できた

次は 八煙野渓温泉という野湯だ

今回の台湾旅行では、一週間前に台湾に上陸した台風13号の大きな爪痕が

あちらこちらに見られ 中でも烏来温泉は壊滅的被害に遭遇していた

そんな悪夢を目の当たりにしていたから ここ八煙野渓温泉にもナイトメアが

DSCF1417正夢にならぬよう願った

八煙野渓温泉最寄りの駐車場  地図

12:02  水着とタオルを持ちここか20分強の道のり頑張ろう


DSCF1418
ここへ来るのは2度目で初回は2013.8.17

ここの茶褐色に色付いた岩は 温泉成分が付着したと思われ

それを探求したいと毎回のように思う

DSCF1419
ここまでは2年前とちっとも変わらない

多少の遊歩道の荒れようは風化の一つとして容認出来た



DSCF1420DSCF1421
ちょっとイメージが変わったが あの

赤い看板は警告健在だった

前回は薄暮時だったため露出不足で

ボケ連続だったが 今回はピントが合っていた

DSCF1422
12:26 野渓温泉到着

今回も沢山の方が温泉を楽しんでいる



DSCF1424
硫黄泉と共に泥湯のこの湯今日も快適な湯温を保っていた

幸いにも台風13号の被害らしいものは見られずほっとした

今日のお客さんの中には、大学のサークルだろうか大人数

DSCF1425で楽しんでいて、拙者達がカメラマンとなり記念撮影を任さ

れたる

又 傍らにはアベックも入浴しており自分たちの世界を作り


DSCF1427つつ皆が一応に野渓温泉を楽しんでいる

ここは源泉から流れ出す温泉。湯温は温度計を持ってきてい

たが計らずじまい。


DSCF1428
更に崖を登り 源泉口付近に近づいたが 熱さと熱気を

感じるものの長居出来ない程では無い



DSCF1429
いざ振り返れば 野渓温泉の全体像が見ることを出来る

それにしても何カ国の民族がこの湯に居るの?と思わせ

るほど他民族の湯であった

DSCF1430
果たして日本の野湯では 日本人ぐらいしか合うことが無い

そういう所が台湾の凄さかも知れない



DSCF1431
気温の高い中の入浴は 意外にも酷。そんなときはすぐ傍

を流れる沢に身を沈めるんだが、連れの二人はそれをとて

も嫌がる

DSCF1433
“気持ちいいぞ”と誘っても絶対に入ろうとしない

会長の仕事はエアコンの中なんだから進んで汗をかくこ

とをし新陳代謝を高めると・・・小さなお節介か 止めよう

DSCF1434
新人君も 冷水が嫌い。“若者のくせにだらしない”と言っ

ている拙者こそ年寄りの冷や水だったかも知れない



DSCF1435
大学サークルの人たちが去って行ったが 去って行く方向

に驚いた。源泉の山方向へ登っていったんだ

てっきりここに来る方法は 八煙温泉会館しか無いと思って

DSCF1436いたから・・・だから前回も大して車が駐まっていないにもか

かわらず沢山の人が湯浴びをしていたんだ

それが 八煙野渓温泉の新な発見であった


DSCF1437






DSCF1442
帰りがけ 山道を歩いていたら水の流れる音がし藪の

中に数歩踏み入れると 八煙野渓温泉の湯と同じ色の

水が流れていたが冷たかった

いつもtoyotaboxyブログをご覧くださりありがとうございます

ここで日頃の感謝を込めてサービスカットです

DSCF1443
注意) 他への転用禁止






記事検索
月別アーカイブ
Amazonライブリンク
プロフィール

toyotaboxy

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ