toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

カナダ旅行

バンクーバー 新渡戸稲造庭園 UBC

2016.1.1

年末年始を利用してカナダ・ウイスラーにスノボーをしに出掛けていた。

happy new year 2016年はここカナダバンクーバーで迎えたことは

感慨無量だ。

確かに主目的は、ウイスラーでスノーボ-ドだが、それだけではつまらない。

今日は日中バンクーバー観光に徹し夜は本場のアイスホッケーを観覧予

定だ。

まだ 植物園に未練があり更に周回通りを南に回り込む。

(これを書いている次点では植物園は見つかっている)

DSCF2806すると新渡戸稲造庭園があったが、休業中であった。

新渡戸稲造と言えば 旧五千円札の肖像人は知って

いたが、ここUBCの大学教授であったことは知らなか


DSCF2807った。

この庭園は森歓之助が手がけた最後の庭園って。

森氏のことは知らないが 見てみたかったな


DSCF2808
見てみたいと言っても庭園のことで唯一知っている

様式は『枯山水』と無知な拙者であった



森氏は、千葉大園芸学部卒業と言う事は、僅かながら拙者とに関係があ

ったとは知らなかった。


UBC人類学博物館 バンクーバー

2016.1.1

年末年始を利用してカナダ・ウイスラーにスノボーをしに出掛けていた。

happy new year 2016年はここカナダバンクーバーで迎えたことは

感慨無量だ。

確かに主目的は、ウイスラーでスノーボ-ドだが、それだけではつまらない。

今日は日中バンクーバー観光に徹し夜は本場のアイスホッケーを観覧予

定だ。

次はと思ったが行くところが無い

スタンレー公園などの屋外散策するには寒すぎる・・・でも行くところだ無か

ったのでもう一つの吊り橋?がある UBC植物園に向かうことにしたが、

解らない。

DSCF2792
辿り着いたのは UBC人類学博物館  地図

だが拙者には博物館をじっくり見るような博学は無い

まして英語やフランス語で表記された説明板見ても

解らないでパスしてしまった。  入場料16.75CD

DSCF2793植物園が解らぬまま庭園方へ足を回す

日陰はまだ霜で真っ白状態。初回来た際に寄った寿

司屋でバンクーバーは温暖な地・・・と言っていたが


DSCF2794それを信じた拙者がバカだった。

バンクーバーは雪こそ降らないが 札幌並みの寒さ

だった


DSCF2795
それにしてもここは高台にあり見晴らしのいいところ

だと思ったら 砲台跡?らしき施設があった。



DSCF2796
この男性ともう一人の連れは感慨深そうにここを見つ

め何かを話している。もしかしたらここで戦った盟友だ

ったのだろうか

DSCF2797
負の遺産はいらないとは言わないが辛すぎて思いを

感情を移入避けたいと常に思う。



DSCF2798
満車の1割しか停まっていない今日の駐車場だが、

こんなところにも違反切符の魔の手が忍び寄ります。

駐車するのであれば、しっかりお金を入れましょう


今になって UBC植物園が判明  地図

バンクーバー 蒸気時計とギャスタウン

2016.1.1

年末年始を利用してカナダ・ウイスラーにスノボーをしに出掛けていた。

happy new year 2016年はここカナダバンクーバーで迎えたことは

感慨無量だ。

確かに主目的は、ウイスラーでスノーボ-ドだが、それだけではつまらない。

今日は日中バンクーバー観光に徹し夜は本場のアイスホッケーを観覧予

定だ。

次は、ギャスタウンと呼ばれバンクーバー発祥の地。

そこにあるのが世界唯一の蒸気時計だが、これで二度目のバンクーバー

DSCF2784だがここに来るのも初めてであった。 地図

時刻は12:32と15分毎に蒸気で笛が鳴るが過ぎたば

っかりであった。


DSCF2786
確かに見応えはあるが、“これだけかよ”と言いたいの

は、街並みにも言えた。

足元の石畳路は継ぎ接ぎだらけで決して綺麗と言えな

DSCF2785い。そして周りを見渡せば 浮浪者らしき人が沢山いる。

周りのお店にも活気が無い。これなら駐車場を使わず

停車で充分な観光であった。


DSCF2789
イギリス人の蒸気船船長で、この地に酒場を開いた

ギャシーの銅像だが汚れ具合が激しい。 



DSCF2790
近くにあったブーツ専門店。

外人ならブーツ似合うんだが、拙者には似合わん。



DSCF2788
町を少し徘徊すれば ここはウォーターフロント駅

間近だが駅にも活気が無い。

バンクーバーはどこへ行けば面白いのかな

でも カナダの国は人に優しく好きな国・町

もう少し 独自の文化の発展を期待したい

そして それに参加したい、見たい、食べたい、感じたい・・・を創造して欲

しいものだ


キャピラノ吊り橋 入場料高すぎる バンクーバー

2016.1.1

年末年始を利用してカナダ・ウイスラーにスノボーをしに出掛けていた。

happy new year 2016年はここカナダバンクーバーで迎えたことは

感慨無量だ。

確かに主目的は、ウイスラーでスノーボ-ドだが、それだけではつまらない。

今日は日中バンクーバー観光に徹し夜は本場のアイスホッケーを観覧予

定だ。

まずはキャピラノ吊り橋へ行こう。

ハイウェー1号線 動画

DSCF2768
冬期は11時OPEN。  地図

OPENまでまだ時間があるので続きを書き込もう。

バンクーバーの人口は200万を超える大都市ながら

あまり有名な(いや訪れたい)観光地が無い。ギャスタウン。ロブソンストリ

ート。蒸気時計。そのようなことを思案すると東京はやっぱり凄い。

日本人の拙者でも行ってみたいところが数多くある。それは名所に限らず

グルメも含むが、ここバンクーバーには地元グルメと呼べる料理が無いん

だ。やっぱり日本は最高だね。

DSCF2769
11時開門 入場料は37.95CDって高くない?でも

まだ中へ一歩も入っていない



DSCF2770
先住民アーティストの『トーテムポール』もいいけど寒い。

日本では間違っても氷点下の朝、まして元旦のこの日にこん

なところには来ないぞ。

DSCF2771
出ました真打ち『キャピラノ吊り橋』

えぇぇぇ こんなに小さいの龍神吊り橋いや和歌山

県にある吊り橋の何分の一のスケール。

DSCF2780こんなのにバンクーバー観光の上位を占めるの

この日も開門時に50名ほどが並んでいた程人気施

設。是非日本の大橋を渡って欲しいね


DSCF2772やっぱり日本は凄いね

この吊り橋も確かに揺れる。揺れるより足元に凍結

防止の為に炭カル蒔いてある環境の方がもっと怖

             かった。
DSCF2774
更に歩を進めるが森の中はこの程度の物だった。





DSCF2775
バンクーバー市内で偶然リスト遭遇したが、この森に

リスでも住み着いていて 餌付けでも出来れば話は別

だが、大人だけじゃ無い子供もこれじゃつまらないはず

DSCF2776だと帰路で再び吊り橋を渡ればもう一つの名物『クリフ

・ウォーク』が見えた




DSCF2777DSCF2778DSCF2779
やっぱり駄

目だ。ここは

叔父さん一人

DSCF2780で来るところでは無い

だが、森林を生かした活用方法があるはずだ

日本式のフィールドアスレチックは、子供も喜ぶ。


DSCF2782DSCF2783
ああ つまらなかった。





最後に ここの駐車場も無人機械があるだけです。冬期は駐車場ががらがらだけど

しっかりと駐車代を支払いましょう

無賃駐車では罰金が来ますよ

ウイスラースキー場 2015.12.31-1.2

2015.12.31

年末年始を利用してカナダ・ウイスラーにスノボーをしに出掛けていた

旅だが、いよいよそのウイスラーへ向かう日がやって来た。

ウイスラーは、2010年のバンクーバーオリンピックのメインスキー会場

であったのと、2012年にイエローナイフでオーロラ鑑賞後カルガリーか

らレンタカーを使いバンクーバーまで移動した際に目の前を通過し こ

んな位置にあるのかと初めて知り【いつの日か 又この地に戻ってこら

れます様にとコインを投げ入れ・・・・ これはトレビの泉だった。】

バンクーバーからウイスラー間のレンタカー記事は ここ見てね

DSCF2713
ウイスラースキー場の詳しいサイトが見つけられ

ないまま現地入りしリフト券売り場に来て驚いた。

1dayパス 129CD(12900円)

DSCF2714
カードで支払ったが確か 135CD払った気がす

るが、税金が加算されたか今となっては?

探したらクレジットカードの控えが出てきた135.

45CD(税5%)となっていた

DSCF2715
ゲレンデマップを見ないまま目の前にあるゴンド

ラに乗り込んだ。降りた先にあるクワッドにも乗車。

ウイスラーには2つのスキー場を合わせた総称でコ

ース数は200を軽く超え、最長コース11km、3つの氷河、12のアルパイン

ボール、無数の林間コースに総数37のゴンドラとリフトがある北米最大の

DSCF2716スキー場。日本で言えば志賀高原と言ったところだ

ろう。

まずは、ウイスラーに来たら絶対乗ってみたいゴンド


ラがあった。それは PEAK2PEAK。

ウィスラー山頂とブラッコム山頂を橋渡しするPEAK2PEAKは全長4.4km

を11分で結び、世界最高の地上436mを通り、全長4.4kmのうち約3kmは

支柱なしという、世界最長のゴンドラ。

ウィスラー/コースマップ

DSCF2717DSCF2718
着いた。

まずは乗車しウイスラー側へ

移動しよう

DSCF2719
その前に雄大なロッキー山脈の一端を記念撮影

今日の天気は Sunshine ピーカン快晴

12/31はHappy・New・Year・Eveと言うんだね

ここまで登ってくるともの凄い視界が開けた。

この天気がこの日一日続いたためスキー場のスケールがよく解る。

DSCF2720もしガスに包まれていたり強風によるゴンドラ・リフト

運休では、興味が半減してしまう。




DSCF2736DSCF2721
ゴンドラからの景色ですが カ

メラを通してしまうと伝わらない

のが残念ですね

DSCF2722
ウイスラー側のコースがよく見えますが、多彩なコ

ースに全部滑りたい気持ちがあるが2日間では無

理かな

DSCF2752DSCF2753
又このゴンドラには名物があった。

床がガラス張りとなったゴンドラです。実はこれには

たまたま偶然に乗り合わせたものだから吃驚した。

DSCF2756DSCF2754地上まで436mの恐怖を味わえるが、

出来ればもうひと工夫欲しかった。

実はこのゴンドラでは無かったが、丁度中


間地点で停まった。2-3分間無音。思わず英会話出来ないのは拙者だけ・・・。

もし一人でこれに乗車中に何かあっても・・・なんて変なこと考えた一瞬であった。

でも非常用滑車を使って降りることの事態が発生したらどうなっちゃうんだろう。

ゴンドラはまもなく動き出したが、最高地点で停まるこんなサービスはご免だった。



DSCF2729今思えばGondolaStationですぐに乗車できるのに

何故か乗らないで待つ人の列があったのはこのグレ

ーカラーの籠に乗る為だったのか


DSCF2731000
(この画像は他サイトから引用)だからゴンドラナンバープ

レートが掲げられていたんだね。あといくつ待てばグレー

カラーのゴンドラに乗れるかが解る目標であった。

DSCF2723
この五輪のモニュメントには沢山の人集りが出来て

いた。スノーボード不格好競技。拙者も前評判通り

他を寄せ付けずぶっちぎりの圧勝で1位獲得で金メ

DSCF2728ダル獲得!ヤッター

“超気持ちい~~ なんも言えねぇ”




DSCF2730
ユーチューブ 動画

年末年始の休暇とあって沢山の方がスキー、スノボ、

また観望にここまで登ってきていた

DSCF2731
一気にウイスラーゲレンデ滑降。中級クラスのゲレンデ

を一気に滑り降りオリンピックステーションに到着するが

太ももに乳酸が溜まるほど滑りごたえがある

DSCF2732
ここはウイスラーゴンドラ中間駅オリンピックステーション

地図



DSCF2733DSCF2734
再びブロッコムエリアに戻る為PEA

K2PEAKに乗車



DSCF2735
今度はここから一気に山麓のベースエリアまで滑降は、

いいのだが、案内板が解りにくい。英語表記だからでは

無い。行き先が解りにくいのだ。

DSCF2751拙者が駐めた駐車場 P7 に向かうのに苦労した






DSCF2737DSCF2738
ここは山麓のベースエリアだが、意

外にも狭いスペースに驚いたのと

P7からそのまま下ればすぐにここ

DSCF2739に着いた。さすがに疲れた一旦車に戻り RestStayしよう

車中にて朝セブンイレブンで購入していたドーナッツ2つを

食べてちょっと横になったら寝てしまった。だがこの1時間


DSCF2740の休憩でエネルギーチャージ完了。

やっぱりレンタカーはいいね

明日もこのスタイルで過ごそうかな。


DSCF2741DSCF2742
ここでちょっとWHISTLERVILLA

GEを徘徊することにした



DSCF2743
売店で案内プレートが売られていたが、『WHISTLER』『P

EAK2PEAK』の物が売っていたなら購入していたが残念な

がら売ってなかった。でも帰りのスコーミッシュ町で『WHIS

TLER』のプレートが売っていた為即購入 8.99CDの価格も安かった

DSCF2992
150×300mmのアルミかスチール製




DSCF2744
この町が華やぐのはスキー場が閉鎖した夜だろう。

愉快な語らいのなか今日滑ったスキー話に花が咲くことだ

ろう

DSCF2745DSCF2746
地図





DSCF2747
フォトスタジオ? 沢山のカメラマンが記念撮影やスナップ

写真を撮っていたのが、ここで購入できるのか



DSCF2748
ツアー申し込みカウンター





DSCF2749
今度はWHISTLERゴンドラで山頂駅へ

ウイスラーに多く生息しているアメリカグマが、拙者の

ボードを盗難から守ってくれていた。


DSCF2750
2015.12.31はここでお終い

皆さんよい年をお迎えください



2016.1.2

再びウイスラースキー場へやって来た。

そう言えば昨日は頂上リフトに乗り損なっていた。早い時間に運転終了

してしまい乗り損なっていた。今日はウイスラー、ブロッコム共に制覇す

DSCF2895るぞ

ここはPEAK2PEAK WHISTLERSTATION。

ここに『PEAK2PEAK GALLERY』があり見学する


DSCF2894ことにした。だが主装置を見せるだけでちっとも面白

みがない。もう少し建設秘話、建設費工面・・・を紹介

して欲しかった。


DSCF2893DSCF2896
今日も天気はSunshine。だが、

ここ数日雪が降っておらず雪面

は一部でアイスバーンと化して

いた。快晴は嬉しいがNewsSnow(新雪)が欲しいところ。

人間ってなんて欲深いんだろう

DSCF2897
WHISTLERPEAKにある イヌクシャク石像。

原住民が道標や狩りの目印に設置していた石像。

2010年バンクーバーオリンピックのシンボルマークにも

DSCF2898なっていた。

ここはウイスラー山山頂。

地図


DSCF2900
昨日もそうだったがゴンドラ乗車口でゴーグルを掛けたまま

IC接触機を通過するとき『And get rid of goggles during

 the
ride』と一緒にゼスッチャーがあり内容を理解出来た。

DSCF2901
何だろう顔認証でもあるのかなとゴーグルを外したがそん

な雰囲気でも無い。その意味が解ったのは、ゴンドラ車内

での会話であった。

DSCF2899
一人の男性が乗車の人々に話しかけている。『Did it come

from
anywhere in the country』拙者の番になったから“JA-

PAN”とそれだけ答えたがこれだったのか

国も違えば人種も違うが、偶然乗り合わせた人だが、ゴーグル掛けてないで目を見

て仲良くなりましょう・・・と言うことだった。

いつもは、雪の付いたニット帽にゴーグル掛けるのを嫌い絶対に外さないが、外して

よかったと思った。わずか10分程度のゴンドラ乗車だが実際には周りで何を話してい

るか解読不明であったが、和やかな空気に満ちあふれていたこんな雰囲気は初めて

の経験であった。

日本人はとかく日本人同士で群れたがる。他国の人と和もうとしない。

日本でもゴンドラ乗る際は、真似したい習慣だった



DSCF2902
黄色いジャケットの人がPhotoStudioのカメラマン。

気温が低い(-10℃)この日、デジカメのバッテリー維

持が大変だろうな。

DSCF2903
今度は Harmony、Symphony AREAを滑走だ




DSCF2904DSCF2905
ここはSymphony Express

降り口。



DSCF2906
右側の寝かせているボードが拙者の物でした。

dominanとは、優勢な,圧倒的な,支配的なと言う意味



DSCF2907
ウイスラーで有名な鷲と言えば『白頭鷲』だが、この鷲の

頭は黒いぞ。じゃ何なんだ。



DSCF2909
見て凄いでしょ 綺麗でしょ。こんな風景拝めることが、

出来たのは幸せなことだね。ここで日本人と会話が出来

た。ウイスラーで短期仕事しながら余暇の今日はスキー

DSCF2911三昧ている。

日本人らしい器械体操をしている。外国でもこのようなこ

とするのかな。


DSCF2910
今回の旅行で日本人に合ったのは久し振りだった。バン

クーバー空港で、ホワイトホースへオーロラ見に行く女の

子。肉眼でオーロラ見られないこと話したら驚いていた。

又カメラもシャッターを開放できる物でしか撮影できないとこを教えたら・・・

“私たちは夜空を見に行くだけなんですね”に親切な事したのか複雑だった。

又ウイスラーにスキーを行くご夫婦とOverSize荷物受取所で会話。

それ以来レンタカーで巡っているとまず日本人と会わない。3日間ぶりに聞い

た日本語に思わず声を掛けてしまったほどだ。

Symphonyリフトはめちゃ混みでそのまま下山

ブロッコムAREAでは クリスタルリフトまでしか乗らなかった

更に上を目指すにはT-Barリフトで乗り継ぐ必要がありスノボーでは乗車無理

登ればそこは氷河の上の滑走となる。でも調べれば PEAK2PEAKの足元か

ら氷河があるそうです。だから氷河の上も滑っていたことになるのかな

DSCF2912
ここはP7近くにある Coca-Cola Park。

チューブスライダーコースになっていた。

そう言えばチケット売り場に料金表が出ていたな

DSCF2913
1h 22CD

結局この日もリフトが止まる時間ギリギリまで滑っていた。

ああ疲れた。でも楽しかった。

又いつの日か ウイスラーに来てみたい

それだけウイスラーは魅力あるスキー場だった
記事検索
月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
プロフィール

toyotaboxy

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ