toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

旅行

2017.9.17小布施堂 栗の点心朱雀 実食

2017.9.17

長野県小布施町で今年も新栗の季節がやって・・・そうなれば

食べたかった小布施堂本店の季節限定商品が発売される。

季節限定商品とは、

朱雀のご案内

栗の点心 朱雀

『栗の点心 朱雀』

素麺に見えるのは、穫れたての新栗。蒸した栗の皮を除き、素麺状に裏ごししたものを、栗餡の上にふわりと盛りました。新栗の繊細な風味を損なわぬよう、注文をいただいてから栗菓子工場へ取りに走ります。栗の郷に合っても、新栗の仕込み時季、仕込み場界隈でのみ味わえる究極の味。砂糖も何も加えず、栗そのものをいただく栗の点心です。 

            販売期間 2017年9月15日(金)~10月中旬
1,500円(税込) お茶付き

朱雀券配布時間:8:30〜(土日祝:8:00〜)
朱雀券配布場所:小布施堂本店
         

栗の点心朱雀(すざく)を絶対食べるぞ~~

計画は、まず無料の駐車場に駐めることから始める。

さもないと莫大な駐車代が発生するかも知れない

8/16 20時駐車開始 この時間ではさすがに一番乗り

beer飲みその後はシェラフで車中泊。台風18号が北上中

明日 大雨になった場合の対策も登山用でOK お休みなさい

9/17

DSCF9181
人の物音で目が覚める 刻は丑三つ時の午前3時

画像の時刻設定間違いです

ここで列に加わるとすでに30番目となって

DSCF9182いた。最前列の人は夜11時から並んだそ

うだ。もうキチガイだね。

時刻4:44


DSCF9183
雨の心配は今のところなさそう 気温

18℃はやや肌寒い。



DSCF9184
5:45 列はどんどん伸びていく。毎日500食

限定って500食は凄い数だよ



DSCF9185
6:50 列は道路歩道まで延びた





DSCF9186
7:11 駐車場内はこんな雰囲気

駐車場は、駐められて15余台。



DSCF9188
8:01 列が動き出した。整理券の販売

が始まった。



DSCF9189DSCF9190
8:03





DSCF9192
8:08 15卓番目 このとき1500円を

払います。でも500食は、75万円にも

なるんだね

他店では羨ましい話だね

日本人は季節限定品とかに弱いからそこに目を付けたんだね

今の整理券は和食モンブラン

目的はもう一つ 洋食モンブランがある

栗菓子の老舗である小布施堂が、本宅の蔵を改装した 「モンブラン朱雀」 専門店。

地域の食材や小布施堂の栗菓子の素材を使って、自由な発想で楽しいお菓子にしていきます。
「オイシイ」を先に考える。それがえんとつのコンセプトです。

電話 (026)247-7777


【モンブラン朱雀専門店】
営業時間:12時~16時

モンブランセット(ドリンク付) 1,500円

DSCF9193
9時の提供まで時間がありこちらにも並ん

でみよう。8:11



DSCF9194DSCF9195
店名にもなっている

これが煙突か

ボイラーの煙突かな

DSCF9196DSCF9197
8:24 現時点で提供

時間は11時にもなる

ということでキャンセル

DSCF9198農家の方が新栗を小布施堂に売りに来てい

た。光り輝く立派な栗。地元農家の皆さんが

あって成り立つ小布施フード。


今まで小布施では桜井甘精堂で栗おこわを4-5回食べている。

DSCF9199
8:54 店内に案内される

木材をふんだんに使った和をイメージする

店内は間接照明でまどろむ。

DSCF9200






DSCF9201
9:10 出たー 昨夜21時に駐車してから

12時間後にやってきた。

では 頂きます

DSCF9203
スプーンと箸が付いているがそうめん状の

栗スィーツは、箸の方が食べやすい。

だが 一口食べてむせるんだ

これを作る為に栗13個も使うが、砂糖を一切使わないため

むせる。これはサツマイモの感覚と似ていて拙者の苦手な部類で

あった。

砂糖を使わない為あまり美味しいとは思えない。

もしかしたら 栗(九里)より旨い十三里・・・で薩摩芋の方が旨いのでは?

DSCF9204
食べ進むと中から栗餡が隠れており

これでやっとのどごしが進むが、決して旨い

ものじゃない。

素材が良くても それだけでは美味しいとは限らない

最低限の調味によって味が何倍にもふくらむことだってある。

この商品もう少し甘味が有ればもっと美味しくなるのになあ

今のままじゃ 二度と来ないぞ

桜井さんの栗おこわの栗は、砂糖で味付けされとても美味し

く召し上がれる。

料理には、素材だけでは表現できない 旨さ もある。

鮓では、炙り という技法があるよね。


また 新栗と古栗と何が違うの?

洋菓子のモンブランは確かに旨いが新栗じゃ無いよね

おそらく砂糖やクリームなどが大量に入っているため

香りは香料と思われます。

また 違う作物に新じゃがや春キャベツがありますが、格段に味覚が

違います。

じゃ 新栗は? 何が違うの 

新栗が入荷しました・・・で、何が嬉しいの?

その点をもう少し突き詰めればもっと美味しい作品が出来るのでは

ありませんか

また文章にて 新栗の特徴を解説したら喜ばれる気がします。

小布施堂さんには一考を願いたいものだ


洋食モンブランはどうなんだろう?

DSCF9205DSCF9206DSCF9207











タイ旅行 アユタヤ ワット・マハータート

2017.8.14

3度目のタイ旅行も後半戦だ。今日はアユタヤへ行くぞ。

DSCF8802
タイの運転にも慣れたもんだ。老後は

タイに移住も悪くないな。

すると前方のトラックにドラちゃんが描

かれている。偽ドラじゃなくてちゃんとしたドラえもんだ。

DSCF8803
アユタヤに到着

トゥクトゥクもバンコクとアユタヤでは規格

が違うぞ、こっちは三輪車、まるでミゼットだ。

DSCF8818バンコクの北約80kmに位置するアユタヤ

は、かつてタイ内陸の交易の中心として繁

栄したアユタヤ王朝の都。現在は当時を偲

ばせる遺跡が残され、世界遺産にも登録さ

れています。バンコクから気軽に旅行できる観光スポットとして知られ、

日中は象に乗って遺跡を見学できるほか夜には遺跡が美しくライトア

ップされます。


DSCF8804
アユタヤ世界遺産と言っても見る所と言っ

たらワット・マハータートくらいだ。

木の根に取り込まれた仏頭は、見応え充分


ってこれしかないDSCF8805のが本音。

いい写真だね 頭の高さが揃っているのが

いいね


DSCF8806
モデルは悪いがいい写真だね





DSCF8807DSCF8808
考古学者じゃないから

遺跡見ても何も感じな

い感じるのは暑いことだけ。

DSCF8809
溶けそうだ。

それにしても暑すぎる。




この暑さで とうとう脳みそを腐らせたようだ。

ピサの斜塔ではないがこんなパロディ始めちゃった。


DSCF8813
会長!もっと力入れないと真っ直ぐになら

ないよ・もっともっと



DSCF8814
駄目だ!代われ!拙者が火事場の馬鹿

力発揮するぞ

せ~のぉ

DSCF8816
ああ 駄目だな 世界遺産だぞここは

そんなことしてないでちゃんと観光しろ




DSCF8817


2017長崎くんち

2017.10.7~10.9長崎くんちを見に行くぞ


10/7 羽田 7:25 ANA  佐賀空港 トヨタレンタカー

  20170913195729

   









    16:00 諏訪神社 奉納踊り

10/8

   庭先周り  雲仙温泉へ移動温泉入浴


10/9 7:00 諏訪神社 奉納踊り

    佐賀空港 12:30

和菓子司扇屋 江ノ電が埋め込まれた和菓子屋さん

2017.04.22

9月に阿曾原温泉に行く為 20kmを歩こうと選んだコースは

北鎌倉から江ノ島、辻堂駅までの道だった。

20kmを目標7時間で歩き通そう。先ずは鶴岡八幡宮、鎌倉

中央市場、銭洗弁天、佐助稲荷、大仏、江ノ電、江ノ島、銭

湯で汗を流し帰路となる。

次は是非寄ってみたかったお店。

DSCF7579店頭に江ノ電が埋め込まれているお店。

店名:和菓子司扇屋  地図

車内はどうなっているのか気になる


DSCF7578
椅子が残っていて食事出来るのかな・・・

と思ったがヘッドの部分だけを埋め込ま

れていた。

これは実際に走っていた車両(600系)です

DSCF7580
折角だから一つ購入していこうと相談す

ると“季節柄柏餅が美味しいよ”



DSCF7581
江ノ電最中 10本入¥1300-

これを買ってみたかったが10個も食べ

きれないよ

DSCF7582
凄い運転機器も残っている。出来れば

運転席くらい残して欲しかったナ。



そして出来ることなら江ノ電に埃が一杯くっついている。

もう少し掃除してきれいに保って欲しいね








江ノ電ファンならこの腰越界隈はもっといいかも

2017.04.22

9月に阿曾原温泉に行く為 20kmを歩こうと選んだコースは

北鎌倉から江ノ島、辻堂駅までの道だった。

20kmを目標7時間で歩き通そう。先ずは鶴岡八幡宮、鎌倉

中央市場、銭洗弁天、佐助稲荷、大仏、江ノ電、江ノ島、銭

湯で汗を流し帰路となる。

DSCF7574
歩いていると凄い光景に出会した。

道路と一緒に江ノ電が走っている。

これって路面電車じゃないか

DSCF7575
見て!この迫力。圧倒されるね

ここは腰越駅界隈 地図



DSCF7576
あ!このシーン鎌倉高校前の踏切だ。

やっぱり寄ってきてよかった。 地図



DSCF7577
鎌倉の寺院もいいが、江ノ電ファンなら

この腰越界隈はもっといいかも







記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ