toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

旅行

バナナのたたき売り発祥の地

2021.01.05

バナナが日本に輸入されたのは明治36年頃で、当
時の台湾は、日本の領土であり台湾最北の都市・
基隆の商人が神戸に持ち込んだのが始まりです。
それが大量輸入されるようになったのは、明治41
年以降と言われている、台湾は日本の領土であっ
たことと、門司港が産地台湾と最も地理的に近い
関係もあって、大量荷揚げされた要因があった。
バナナの輸送は、青いままのバナナで門司に陸揚
げされ、業者に引き取られたバナナは、地下室で
蒸されて、黄色のバナナとなって、市場に売り出
されていくが、輸送中に蒸れてしまったものや、
傷が付いたものは、出来るだけ早く売りさばくた
め、露天商等に流され、民衆の前で口上よろしく
売りさばかれたのが「バナナの叩き売り」の始ま
りと言われています。

DSCF1336ここは、JR門司港駅前広
場にある『バナナの叩き
売り発祥の地』の記念碑が
建っています。地図
バナナの叩き売りの口上は、

このようなものであった。「窓を開ければ港が見え
る。遥か彼方を眺むれば、武蔵小次郎の決闘で、今
も伝わる巌流島。つくよつくよと何がつく。 門司の
港に船がつく。お寺の坊さん鐘を突く、私は貴方に
しがみつく、はなれられないこのおいしいバナナ千
円で、どうだ~~」と売りに入る。で(お客反応を
見る。お客が無関心、または「高い!」「もう一声
!」と言われると、さらに口上は続く)「高いか?
~~(困ったな、じゃあしょうがねぇという感じで
次の口上に入る)高くてよいのが人の鼻、低くてよ
いのが人の腰(略)はい、700円」(お客反応を
見る。後は上と同じ繰り返し)。口上と言えば、映
画「男はつらいよ」の寅さんの口上でもおなじみで
、いわゆる啖呵売と言われるものです。「結構毛だ
らけ、猫灰だらけ、お尻の周りは糞だらけ」という
口上を思い出す。バナナたたき売り継承者育成のた
めに「門司港バナナ塾」なる市民向けの教室も開か
れているって面白いね。さあ!「では1房1万円
から!」

九州鉄道記念館

2021.01.05

赤煉瓦づくりの旧九州鉄道本社を活用し、2003年

DSCF1335にオープンした鉄道の歴史
を楽しみながら学べる記念
館。 昔懐かしい実物車両や
歴代の駅員の制服、鉄道文
化遺産の展示、運転体験施

設、また、2009年春に「九州の鉄道大パノラマ」
がリニューアル!SL人吉、新幹線さくら、あそ
1962が登場していた。またミニ列車を自分で運転
して線路を走れるミニ鉄道公園などがあり、鉄道フ
ァンならずとも楽しめる展示物がたくさんあった。
地図



























旧門司税関

2021.01.05

再び門司地区に戻ってきた。ここは、旧門司税関

DSCF1334です。明治42年に門司税
関が発足したのを契機に
、明治45年に煉瓦造り瓦
葺2階建構造で建設され、
昭和2年までは、税関庁
舎として使用されていま

した。平成3年に
歴史的意義を踏まえ、門司港レ
トロ
事業の一環として修復されることとなったが
、傷みがひどく、過去の写真などを元に北九州市
が赤煉瓦を特注し、建物の
修復・復元し、ネオル
ネッサンス調を取り入れた近代建築物として蘇り
ました。復元を行い、平成6年に建物を1階には吹
き抜けのエントランスホールや休憩室、2階には
設の門司税関広報展示室があり、密輸の手口など
を紹介し、3階は関門海峡を行き交う船やはね橋を
一望できる展望室となっている。地図

和布刈(めかり)神社

2021.01.05

関門トンネル門司人道口から入り下関までを往復で

DSCF1325き、再び門司側に戻ってき
た。次は門司側にある和布
刈神社へ行ってみよう。




DSCF1326地図 和布刈神社は1800年
前より関門海峡に面して鎮
座し、潮の満ち引きを司る
月の神様「瀬織津姫」を祭
る神社。九州の最北端に位

DSCF1330置し、関門海峡を背に建つ
神社で、第14代天皇・仲哀
天皇(ちゅうあい)の妃・
神功皇后が朝鮮半島へ出兵
した三韓征伐での勝利を神

DSCF1331様に感謝し建てたといわれ
る和布刈神社西暦200年
頃に建てられ、古くは、速
戸社や隼人明神などと呼ば
れていましたが、1809年に

DSCF1332和布刈神社の名称に成りま
した。毎年旧暦の元旦に行
われるその創建の逸話を再
現した「和布刈神事」は全
国的に有名で、和布刈神事

DSCF1333なんと1800年間途絶え
ることなく続き、午前2時
半ごろ、もっとも水が引き
岩肌が見えてひざ下ほど
の浅さになる真夜中に

職たちで海に入りわかめを刈るんです和布刈の名
わかめを刈るというところに由来し、古来から
わかめは万物に先駆けて繁茂する縁起のいいもの
と言われ、神功皇后は潮の満ち引きを司る2つの珠
を持って戦いに勝利したと言われていてわかめを
その珠に見立てる意味もあるそうです。和布刈神事
とは、わかめを刈る作業を30〜40分行うだけで見
ているものにとって単調な作業にですが、是非神事
に身につけるものも松明の製作過程も弥生時代か
ら何一つ変わりません。鳥居から関門海峡を望めば
この周辺の潮流を早鞆瀬戸潮流と言われ丁度神社前
の海域は海峡がS字型の狭水道で、最大10ノットを
超える潮流が発生する航海の難所で、この日も見る
だけで、潮流の早さが確認でき怖さを覚えた。

DSCF1329これは、一年幸ふくみくじ
初穂料300円)
関門海峡名物
のふぐに見立てたおみくじ。
釣り竿でふくみくじを釣る
ことで神のお告げを頂く仕

DSCF1328掛けになっています。ここ
では、
人生の最後の"導き"
として、関門海峡での海洋
散骨供養「海葬」も行える
そうですが、拙者の最期は

、富士山頂で遺灰の一部を散骨して欲しいと妻に話
したら、誰が山頂に登るのよと却下されてしまった。


長州砲八十斤加農砲(キンカノンホウ)

2021.01.05

関門トンネル人道を歩いて門司から下関にやって
来たこの地には、みもすそ川公園が整備されてい
た。

DSCF1310そこにあったのは。目を疑
いたくなるほどの5基の大
砲であった。この大砲のこ
とを長州砲八十斤加農砲
(キンカノンホウ)と言い

DSCF1311ます。 地図 砲台は、文久
3年(1863)5月2日、長州
藩が攘夷決行に備えて急遽
つくられた砲台です。砲台
は、第一塁十八斤長加農砲

DSCF1312二門、第二塁十二斤長加農
砲四門、第三塁八十斤仏式
砲一門というものでしたが
、前田砲台とともに最も重
要な砲台として、文久3年の

五回の攘夷戦と元治元年1864年8月、この関門海峡
で、アメリカ・イギリス・フランス・オランダの四
国連合艦隊17隻の列強四国との間に起きた、前後
2回にわたる攘夷思想に基づく武力衝突事件で、別
名下関戦争と言われている。連合艦隊に大敗し、す
べての砲台が占領・破壊されました。外国の進んだ
軍備にめざめた長州藩は、開国・倒幕へと転換し、
明治維新を実現する原動力となりました。

DSCF1315長州藩の主力となった加農
砲(カノン砲)は青銅製の
大砲で、球形の弾丸を発射
し、目標を打ち抜いて損害
を与えるものでしたが、連

合艦隊の新しい大砲は距離・威力ともはるかにすぐ
れたものであった。この大砲は、幕末に数多くの大
砲を鋳造していた長州藩の安尾家に伝わる20分の1
の模型を参考に、原寸大に復元したレプリカです。

馬関海峡の砲台を四国連合艦隊によって制圧されて
しまった長州藩は、以後武力による尊皇攘夷を放棄
し、海外から知識や技術を積極的に導入し、軍備軍
制を近代化する。さらに坂本龍馬中岡慎太郎など

DSCF1313の仲介により、慶応2年1月
21日(1866年3月7日)に同
様な近代化路線を進めてい
薩摩藩薩長同盟を締結
して、共に倒幕への道を進

DSCF1316むことになる。






DSCF1317そのうち1基では、100円を
入れると砲撃音と煙が出た
後、5秒ごとに3回出る演出
がありますが、動作ランプ
が消灯していたため作動し

DSCF1318なかった。






DSCF1319








記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

toyotaboxy

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ