toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2018年03月

JTB地球いきいきプロジェクト 野島崎灯台清掃

2018.3.11

JTBが主催する社会貢献企画。地球いきいきプロジェクト

野島埼灯台クリーンアップとLet'sサイクリング南房総ツー

リズムライド
」に参加が許可され楽しんできた。

この企画には、今までに数度参加していてお気に入りのイ

ベントでもあった。

今まで日本津津浦々とは大袈裟だが、日本各地を巡ってき

たが、東京湾アクアラインにあるパーキング「海ほたる」には
IMG-3374
未だ訪問していなかったのが不思議な

くらいであったが、今回運良くここで休

憩タイムがあるのを楽しみにしていた。

IMG-3373
天気予報では、晴れだったが、雲が陽ざしを遮り

肌寒い体感は海上に浮かんでいる海ほたる観

光には辛かった。

IMG-3375
千葉のマスコット ちーばくん。

メタボ姿が・・・と言っても千葉県の形だが、あの

様な姿にはなりたくないね

IMG-3382
先ずはサイクリングをするために 道の駅ちくら

潮風王国 地図 に到着した。



IMG-3378
目の前が太平洋を望み雄大な景観の道

の駅。海ほたるよりも雲が少しはれ穏や

かな気候になっていた海に手を差し入れる

IMG-3385が、そこは未だ冬であった。

館内移動 活魚が入る生け簀が中央に配

サザエやアワビ、伊勢エビも泳いでいた。


IMG-3386
また鯖やあじの干物なども沢山販売されていている

なか鮫のひれも販売されているのには驚いた。



IMG-3384IMG-3381IMG-3391






IMG-3388
道を挟んだ対岸には、お花畑がありつみ

取りも行われていたが、拙者は見るだけ



IMG-3387IMG-3389
菜の花、ポピー、

キンセンカ・・・



IMG-3390
ここ房総は、春 真っ只中





IMG-3376
さあサイクリング開始時間だ。

自転車は、電動アシスト車、試乗しその軽

快に・ペダルの軽さに驚いた。

IMG-3377
ツアー参加の皆様です。これから8km先の

野島崎灯台前広場までサイクリングスター

ト。

IMG-3392
穏やかな春の一日 左に大海原、右は満開の菜の

花畑、こんな休日もありかな。



IMG-3393
あ、マリオカートだ!いいな 乗ってみたい





IMG-3397
電動アシスト自転車は、平坦な海岸沿いに

は無用の長物で汗もかかぬ間に目的地に

到着

IMG-3394
ここからはゴミ拾い活動。

このような社会貢献は好きだね。ゴミを拾う

行為をするとゴミをむやみに捨てなくなる。

IMG-3395
だが海岸沿いはそうはいかない。川から大陸から

漂着するらしい。よぉーし頑張るぞの前に 今日は

3/11東日本大震災の命日で暫し黙祷をする。

IMG-3396
僅か30分間の奉仕作業でこんなに集まってしまう

現状に驚くばかりだ。ゴミ拾いは無さ過ぎても不満

だが有りすぎても困る現情と複雑な気分だ。

IMG-3398






IMG-3399
ああ腹減った。これも全てJTBさんからの

贈り物。頂きます。



IMG-3400
食後は自由行動。野島崎灯台へやって来た。

数度となく訪問をしているが、全く記憶がなくなって

いた。

IMG-3406 (1)
八角形の白亜の灯台は、青い空によく似合う。そう

いえばゴミ拾いの頃から青空が復活していた。



IMG-3401IMG-3402IMG-3403






IMG-3404
磯遊びのため水際へ向かうとここは房総半島最南

端の地の碑が建立されていた。



IMG-3405
恋人達のためのベンチも叔父さん二人

じゃ様にならないね



後は温泉に入りしばし休憩。

IMG-3407IMG-3408
ここは道の駅とみうら枇杷倶楽部

この先高速の渋滞が発生しているのなら

臨機応変なスケジュールも必要かな

IMG-3411






魚沼の里 八海山雪室見学

2018.3.3

IMG-3260八海醸造の「八海山雪室」施設見学に出掛けた。

地図

ここは2014.8.2に初訪問していたが、3年半も経ち


IMG-3282気持ちを新たに訪問することにした。

冬季とあって待たずに受け付け終了

館内へ


IMG-3261IMG-3263
確かに忘れていたポイントもあるが

雪室の中はさすがに覚えているが、

ダンプで運んだ雪をラッセル車で館

IMG-3264内へと送り込む情報は初めて聞いた。

雪室内で熟されているのはウイスキーじゃなくて

焼酎。モルト樽で仕込むとウイスキーの様な琥珀


IMG-3265色になるそうで、味も室で長期保存されるとまろや

かな出来映えに変化するそうです。




IMG-3267
これば売却済みの面向未来(めんこうみらい)。

既にこんなにも購入者がいるんだね。



IMG-3268IMG-3269IMG-3270
試飲コーナー





IMG-3271
一緒に巡った人たち

試飲はほんの気持ち程度しか入れてくれない

のが残念。

IMG-3272面向未来(めんこうみらい) 10800円

店頭販売なしプレミアム製品

3-5年貯蔵商品でお客様が決めた期間で


出荷する


IMG-3273
今回は悩んだ、悩んだ。購入寸前まで心が揺れたんだ。

でも やっぱり契約に至らなかった。

何故だ

IMG-3278なんだろうネ 自分でもこれと言った訳が見当

たらないが何故か購入には至らなかったんだ




IMG-3277
売店の中にはお酒に合うおつまみが販売されているが、

飲酒の際に余りつまみを必要としない拙者には不要で

あった。

IMG-3279

近年2月4日出荷する新酒が増えている。

前日の節分の豆まきで邪気を払い、正月のよ

うな新たな気持ちで春を迎える大変おめでた

い立春の日の早朝に搾り上がった新酒を、夜も明けやらぬ早朝から

、酒屋さんも問屋さんも手伝ってビン詰め、ラベル貼りしてお店へ持

ち帰り、その日の内にお客様に飲んでいただこうという、日本名門酒

会企画の「縁起酒」で絞ったのだろうか酒粕が大量に販売されている。

通常 新酒と言えば前年の7月から計画を立て翌年の6月に出回る

IMG-3280のが普通である。






IMG-3281



みんなの社員食堂は、観光客向けレストランだ

2018.3.3

魚沼の里に行こうと車を走らせているとふと看板に目が止まった。

IMG-3258みんなの社員食堂」??

調べると八海醸造の社員食堂だが、一般にも開放し

ているそうだ。


現在9:30と開店までは未だ未だ早く食事をすることは叶わなかっ

た。

更にメニューを調べると

お客様のご利用はセルフサービス方式です。最初に食券を購入いただき、カウンターにご提出ください。番号をお呼びしますのでお客様ご自身で受取り、ご飯とお味噌汁をよそってお召し上がりください。
下記のメニューの他、日替わりでカレーライスや麺類、季節の特別メニューもございます。

 

日替わり定食 例 

日替わり定食
800円/コーヒー付:900円(税込)

毎日変わる日替わり定食は、体力を要する蔵人たちのパワーの源となる、ボリューム満点のおかずがメインです。旬の野菜を使用した漬物や地域の家庭で食べられているような副菜の日替わり小鉢2種もついています。(日によってカレーライスや麺類になることもあります。)

   
八海定食 例 

八海定食
1,000円/コーヒー付:1,100円(税込)

お客様専用の定食です。メインのおかずは、肉or魚から選べます。砂糖の代わりにあまさけを使用して甘みをつけた魚の煮付けなどもお薦め。旬の野菜を使用した漬物や地域の家庭で食べられているような副菜の日替わり小鉢2種もついています。

   

  

 

 

IMG-3259これって 社員食堂のメニューじゃないぞ

一般的な社員食堂の定食価格は、400円前後で

800-1000円もする価格帯の定食は、周辺レストラン並。


みんなの社員食堂ならもっと 安く提供をしなさい。 



漣温泉のぞみの湯 みなかみ町

2018.3.3

IMG-3301
13:15では開いていないのは解っていて

も寄りたい温泉。ここは漣温泉のぞみの湯

地図

入浴時間は、16-21時  入浴料100円

この湯には、2010.6.26に入浴済みであった。

IMG-3304
駄目もとで訪問すると、やっぱり入浴は叶わなかっ

たが鍵が開いており中にはいることが出来たが、

入浴可能時間に変更があった。

15時から16時になり終了時間も30分短縮されていた。

IMG-3303
あの時は気が付かなかったが、湯が湯船に注がれ

ているんだ。この温泉は自噴の湯だったんだ。

湯温は?と手を差し伸べれば微温湯の35℃位かな

この湯温ではちょっと温い、やはりボイラーで加温しないと夏以外

は辛いな。

こんな些細なことでも立ち寄ったから知り得たものであった。

またいつの日か 地元民に迷惑が掛からぬ程度に入浴してみた

いな



喜楽湯 川口の銭湯入浴記

2018.3.3

川口市にある『喜楽湯』へ行ってきた。 地図

NHK
の『にっぽん紀行』という番組で『喜楽湯』とそこで働く二人の
番頭のドキュメンタリーが放送されることとなりました!
概要は以下になります。

IMG-3316【番組名】
NHK『にっぽん紀行』

【タイトル】
「モヒカン&もじゃもじゃ みんなの銭湯~埼玉・川口~」

【放送日時】
1月8日(月)18:05 ~ 18:38

実は 2/12山形のかみのやま温泉に宿泊しているときに偶然再放送

も見ていたんだ。

IMG-3321この番組を見て是非行ってみたかった銭湯であった。

18:06 どんな湯になっているのか楽しみだな




IMG-3319
券売機で入浴券430円を購入

受付には、あのもじゃもじゃが座っていてTVで見た

姿そのままでした。

IMG-3323
2回行くとジュースが貰える特典がある会員券。

この二人、アイディアマンだな



IMG-3317
綺麗に清掃させている脱衣場。

男二人だけではどうしても目の届かぬ点もある

はずだが、そんなことは微塵も感じさせない脱衣場

IMG-3318
今も井戸水を利用し火力は薪と昔ながらの銭湯。

お湯は気のせいか柔らかく感じたものだ。

付属でサウナも稼働していたが室温102℃は厳し

IMG-3322すぎた。

湯船の壁に手作り新聞が掲載されていて記事は

先日行ったという沖縄の銭湯中乃湯。

拙者も以前行っていたから懐かしく読んでしまった。

若者二人で廃業となった銭湯を復活させ、今地域の話題にもなっ

ているって素晴らしい。

これからも若者らしい斬新なアイディアで我々を驚かせてほしいも

のだ。


それにしても先日行った 和光市の浩乃湯もいい湯だった

今度行ってみたいは、ボルタリングがある熊谷の

おふろcafé bivouac」だ

温泉もいいけど銭湯もいまおもしろそうだ


絶対喜楽湯にもう一度行き 2回目の来湯サービスのジュース

もらうぞ





記事検索
月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
プロフィール

toyotaboxy

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ