toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2017年01月

ローマ・真実の口 再訪

2017.1.2

HAPPY NEW YEAR (~o~) おめでとう今年もよろしく

年末年始の休みを利用してイタリア旅行に来ていたが、とうとう最終日と

なった。

次は早い時間帯に行っておきたいところがあった。

最終日 是非寄りたいところリスト(未公開)にも掲げられている 真実の口だ。

DSCF6716昨年 訪問済みだが、ローマと言えばここも外せない。

笠松が綺麗だね




DSCF6717
ここは年中無休 開場は9:30-17:50

過度な露出の服装は御法度



ナポリではまず日本人に出会うことはなかったが こことコロッセオでは沢山

の日本人がいるのに反対に驚くばかりだ。

DSCF6718
別段どうと言ったことはないが、一目見ればこれがな

んだか直ぐ解るアイテムって凄いことだね。

そう ここもその一つだね

DSCF6719
イタリア国内にたくさんあるドォーモだが、果たして

これはミラノ!と間違えずに答えられる人は少ないよね

コロッセオや真実の口は、外せない観光地だね

我が日本にはいくつあるかな

雷門くらいかな










コロッセオ 3度目の正直でやっと入場出来た

2017.1.2

HAPPY NEW YEAR (~o~) おめでとう今年もよろしく

年末年始の休みを利用してイタリア旅行に来ていたが、とうとう最終日と

なった。

DSCF6699
レンタバイクで巡るローマは夢と消えてしまった。

8:40 コロッセオに到着 地図

3度目の正直のコロッセオだった

2016年1月初イタリア初日に時間切れで入場出来ず、また最終日前日も

時間切れで入場出来なかった。

あの時は 前売りチケットを購入していたにも関わらず入場出来ず無駄と

DSCF6700なった。

その為今回は予約無しで訪問となった。

皆が写真撮っているから拙者もと思ったが、これは何?


入場料を払うのと同時に日本語ガイドスマホをレンタルした。

DSCF6701
「コロッセオ(円形闘技場)がある限り、ローマはある。コ

ロッセオが崩壊すれば、ローマは崩壊する。ローマが崩

壊すれば、世界が崩壊する」は、ベーダのこの言葉。

ローマ、いやイタリアのシンボル、コロッセオでもあった。

ローマと言ったら、バチカン、トレヴィの泉そしてコロッセオだろ。

やっぱり、生きている内に一度は見ておきたいコロッセオ百聞は一見にしかず

自分の目で肌で耳で五感で感じ取る価値のある場所。

DSCF6702
しかし現在のコロッセオは、往年の面影は崩れ去り廃墟

と化していても、スケールの大きさに言葉になりません。

すると日本語ガイドに驚いた。

DSCF6705コロッセオの姿は、中世以降に、教会などの建造物を作

るために切り崩して使われてしまい石の供給基地となっ

ていたそうです。


DSCF6706
なんとも勿体ない話ですね。将来の世界遺産になる建物

って知らなかったのかね。知っていたら取り崩さないか

でも再利用なんてecoだったね。

DSCF6708
これは以前のアリーナ真下にあった小部屋群。資材置き

場や猛獣の檻だった空間。



DSCF6709
コロッセオが落成後100日間は、連日多くの催しが行われ

「コロッセオ開幕の百日間」と呼ばれその残酷さは聞いて

いるだけでも身震いがしてきます。

DSCF6710そんなコロッセオを現代ではこぞって訪れる世界でも著名

な観光地になっていて皆が喜んでいる。

正直 長径188m、周囲527m、高さ48mの大きさに圧倒


DSCF6711されますが、内部に入るより外観を眺めている方が良かった

と思うのは拙者だけだろうか




DSCF6712
驚いたね 急階段の注意書きに日本語表記があるなんて

日本語見た際に何故か ドキっとしたんだ。 (@_@)



DSCF6714
朝日がコロッセオ奥深くまで





DSCF6715
広くてでかい そして急階段。疲れますよ。

先ほども書いたが 外から眺めている方が素敵な

コロッセオ、でもいい思い出が出来た。

ありがとう


ローマテルミニ駅 レンタルバイク店見つからず

2017.1.2

HAPPY NEW YEAR (~o~) おめでとう今年もよろしく

年末年始の休みを利用してイタリア旅行に来ていたが、とうとう最終日と

なった。

DSCF6691
トラム テルミニ駅 地図





DSCF6692
駅ビル内には COOPのお店があった。





DSCF6694
テルミニ駅に着いた。ここに来たのはこの駅前広場

近くにレンタバイク屋さんがあると昨夜ネットで調べ

ていた。訪れれば解る程度しか情報はなかった。

情報源:地球の歩き方イタリア

DSCF6695
だが探せど 訪ねても誰もその存在など知らないよう

だ。軍関係者、ポリス、観光窓口・・・

全く駄目だ

DSCF6696
駅前を四方八方歩き回ったがとうとう見つからず仕舞

い、お~いレンタバイクは何処~ぉ!



DSCF6697
駅構内にも入ってみた。

この駅も例外なく頭端式ホーム。イタリアの主要駅は皆

頭端式。

DSCF6698
今こうして 「ローマ レンタバイク」と検索するとヒットし

たものがある。

BICI & BACI s.r.l

Via Cavour, 302
00184 ROMA 店舗 地図

結局諦めて地下鉄でコロッセオに向かってしまった。

バイクがあれば また違った観光が出来たのにな 悔しい!

最後のイタリアの1日が始まった

2017.1.2

HAPPY NEW YEAR (~o~) おめでとう今年もよろしく

年末年始の休みを利用してイタリア旅行に来ていたが、とうとう最終日と

なった。

今日は計画通り進むかとても不安であった バチカン美術館の予約が

14:30 そして復路の飛行機搭乗時間が、19:50。

ローマから空港まで約1時間掛かることを逆算すれば ローマを17時前

には運転解しないとちょっと厳しい、まして渋滞が発生していたらお手上げだ。

先ずは 開場と同時にコロッセオに入場し、真実の口、パンテオン等を見学し

またバチカン市国も見学したい。

そして14:30丁度に美術館入場を果たしどのくらい時間が掛かるか想像

出来ないがテキパキとこなし車まで戻るんだ

上手くいくかな

そんなわけで 誰よりも早く朝食を済ませるべく会場へ向かった。

DSCF6685DSCF6690
無人の食堂でまず目に飛び

込んできたは、ダヴィンチの

最高傑作『最後の晩餐』。

1年前に ミラノで見たあの名画が掲げられていた。

懐かしく思わず見とれてしまったほどだ。

DSCF6686DSCF6688
ハムは旨かったが、このクロ

ワッサンには驚くほどのクリ

ームがたっぷり。きつすぎる。

DSCF6689
ゆで卵に黄身は、淡い黄色。台湾のものに近い色。

そう考えるに日本の黄身だけがオレンジ色に変え

ているんだね。

ああ 食べた食べた二人前は食べたかな

今日の行程 レンタバイクがあれば凄く便利

そのお店は、テルミニ駅近くにあるとリサーチ済み

これから出掛け レンタバイクチョイスするぞ



ローマ・スペイン階段を初登頂できた

2017.1.1

HAPPY NEW YEAR (~o~) おめでとう今年もよろしく

年末年始の休みを利用してイタリア旅行に来ていた。

DSCF6672
着いたスペイン広場 20:26  地図

初回は改修工事中で防護壁の隙間から微かに全体

を垣間見る程度で凄く残念な念だけが残ったが、やっ

DSCF6673と階段内に踏み入れることが出来た。 初回の記事

初回とは違った視点で書き綴ろう。先ずは階段を登

ってその視界を堪能しよう。


DSCF6674
うわぁこれが、ローマの休日に時間経過が不自然に映

っていた時計か!こんな間近で見られるなんて

この時計がある施設は、Trinità dei Monti教会です。

DSCF6675
スペイン階段こそ見えないが、臨時設置の電飾ツリー

、更に高級ショッピングストリートのコンドッティ通りに

続く光の道が綺麗。

DSCF6679DSCF6680DSCF6678






DSCF6677
舟の噴水だが、ぶれてしまった。

夜間撮影の大敵は、手ぶれによる画像の乱れ。

だからといってフラッシュ撮影は決して綺麗に

写せない。皆さん夜間撮影は、フラッシュ無しで三脚などの固定器具

を使うと綺麗に撮れます、その三脚だが大型はとにかく持ち運ぶのに

苦労する。そこで100均でミニ三脚なる便利なものが売っている。

拙者のように失敗しないよう綺麗な画像を残そう。



DSCF6682
イタリアの救急車。日本のサイレンも特殊だが、

ここイタリアのサイレンは聞き慣れないせいか

とても異様に思えた。

DSCF6683
さすがに今日は ハードスケジュールだった。

だから今日はここまでで観光を終えホテルに

帰ろうとA線地下鉄スパーニャ駅にやってきたが

切符買う客の大行列にめげた。

宿まで約4㌔、歩いて1時間なら歩いて帰ろう
記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ