toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2016年07月

新潟鼻毛の池鉱泉 ポリバスの湯

2016.7.16

久しぶりに温泉旅行に出掛けることにした。先日行った那須周辺の温泉

巡りが懐かしく3連休と言うこともあって新潟から長野界隈の秘境を巡る
DSCF4024
ことに決めこんだ。

今回の第3湯目は、ポリバスの湯。

新潟県上越市大島区にある鼻毛の池鉱泉だが、

DSCF4025場所がはっきりしないし現在もポリバスが存在して

いるかも不明だった。おおよその見当をつけて車を

走らせるとこんな湧き水に出会った。


『観音清水』 早速空いていたペットボトルに清水を充填しこれでポリバス

の湯も多少苦労しても見つけることが出来ることだろう。

DSCF4027
すると 道ばたにひっそり佇むポリバスを発見 地図

Googleマップだと 2014.9月ではブルーのタンクが

あるが現在は撤去されていた。

DSCF4028
温泉らしき水に手を差し入れれば“冷たい”で温度計

測開始すれば 17.4℃しかなく気温30℃近くある今日

は、サウナ後の冷水のごとく酷な湯に違いない

DSCF4026
そんなことよりバスタブに中が酷すぎる。苔なのか藻

なのか大量に発生し掃除しなければ入浴もかなわな

い湯。だが、浴槽を倒そうとしても満杯のバスタブはビ

DSCF4029クともしなかった。

どうする 諦めるか 入浴するか

思案し出た結論はこれだった


DSCF4030
足湯で我慢すると言うことだった

昔はこの鉱泉を売却する看板が立っていたが、今時

無色透明の鉱泉を加温し商売として成り立つのは難

しいことだろう。もし効能が素晴らしいのなら住民がほっとくはずがない。

足湯をした拙者だが どうしても沢水にしか思えない

この水って本当の鉱泉なんだろうか

どなたか 保健所にこの水持ち込んで白黒つけてくれ




小赤沢温泉 楽養館 再訪

2016.7.16

久しぶりに温泉旅行に出掛けることにした。先日行った那須周辺の温泉

巡りが懐かしく3連休と言うこともあって新潟から長野界隈の秘境を巡る

ことに決めこんだ。

今回の第2湯は、やはり2010.6.26に初入浴した際に赤褐色で、ボコボコ

とまるで地球の鼓動を感じるかのように噴き出す湯!小赤沢温泉にまた

入浴しようと決め込んでいた湯だ。
DSCF4003
着いた 小赤沢(こあかさわ)温泉 楽養館  地図

町営の日帰り温泉施設です

積雪の状況によって営業日が変わりますが、4月中

DSCF4002旬から11月頃まで営業 毎水曜日定休日 

営業時間は 9:30-18:30

OPENまで少し時間があったので館外を徘徊しよう


DSCF4004
館南側の大量の析出物。このような光景は、青森

の古遠部温泉2010.8.13入湯  2012.8.12入浴 

 地図や北海道の二股らじうむ温泉2012.6.17入浴

DSCF4019  地図 とちょっと違う?がでも凄いことだよ。

そこには廃湯溝があり 無色の湯が流れている?

おかしいな 確かに湧き出た瞬間は無色の湯だが


DSCF4018空気に触れて酸化し茶褐色の色に変化する??

筈なんだが 思わず足を入れれば冷たいんだ??

あれ ここの湯 加温の湯だったかな


首をかしげながら建物を回り込むと 係の人が開店準備最中・・・失礼な

がら 先ほどの疑問点を質問すれば、あれはこの時間帯はほとんどが、

沢の水。茶褐色になるのは 入浴時のこぼれ湯が付いたものであった。

DSCF4021
さらに回り込むと こんなものがあった。

次亜塩素剤ソーダ。ここの湯は源泉かけ流しの湯

では、なかったっけ?

次亜塩素剤ソーダとは、殺菌剤としてプールや浴槽に注入される薬剤。

DSCF4006
いよいよ開店時間となり ¥500-支払い浴室へ

本日の一番湯となった。



DSCF4005
ここは女湯。もちろん誰もいないことを確認してま

すよ。すると目が止まった。なんだ湯面の膜みた

いなものは???

DSCF4007
また首をかしげながら男湯へ直行。

こっちの湯にも何か膜が掛かったような光沢がある。



DSCF4008
確かに先ほど開店準備をしていたのは脱衣場の床拭きを

していた。これって一晩放置するとこのような皮膜が出来る

んだ。

DSCF4010
手を差し入れると脆く崩れるが、形が残るほど厚さが残って

いる。そうだな0.5mmはあると思うほどしっかりした膜だ



DSCF4011
湯船の中を移動すると 壊れていくが不思議な体験の湯と

なった。そういえばこの湯 後ろにある塩ビ管から湯と一緒

に炭酸ガスも噴出する間欠泉だが、湯が注ぎ込まれている

DSCF4016
のか確認忘れた。指の当たりを見れば皮膜の厚さ(丈夫さ)

がおわかりだろう。



DSCF4013
この後 親子連れが訪れて膜は一気に壊されたが、体験す

るには、一番湯でないと難しい。



DSCF4017
また、湯底にはたくさんの析出物があり手でまさぐるとご覧

の通りであった。



DSCF4009DSCF4014DSCF4015






DSCF4020
画像がぶれたが源泉からの引き込み方法に『他人の土

地から引き込み』が妙に気になり帰り際 フロントでその

ことを訪ねてみたら ここから50mほど先の山際から湯を

DSCF4023引き込んでいるんだよ

そこで恐る恐る草道に中へ進むと最奥に小さな小屋があ

る。これが源泉か・・・。


BlogPaint
確かに源泉見られたことは嬉しいが ヒルがいるんじゃな

いかの方が恐ろしかった。最後にあの皮膜の正体は、『蝋』

そう蝋燭の蝋であった。

やっぱりこの湯は凄い湯だね





切明温泉 河原に湧く野湯

2016.7.16

久しぶりに温泉旅行に出掛けることにした。先日行った那須周辺の温泉

巡りが懐かしく3連休と言うこともあって新潟から長野界隈の秘境を巡る

ことに決めこんだ。

今回の第一湯は、河原にプクプクと湯が湧きでている温泉 切明温泉河

原の湯だ。この湯には2010.6.26に初訪問し初入浴を果たしているが、

DSCF4001久しぶりの訪問に今はどうなっているか気になって

いた。車は雄川閣さんの駐車場に止めさせてもらう

が、ここには宿泊者とは別に駐めてもいいスペース


DSCF3999がある。早速スコップ片手に河原へGO!

だが、6年ぶりのこの地だが、冬至のままに変わらぬ

姿に反対に驚いたもんだ


DSCF3972DSCF3973






DSCF3974
さあこの吊り橋を渡って湯が湧く河原へ急ごう。

まだまだ早朝の早い時間帯、急ぐ必要などないが

心が何故か拙者の足を急がせるんだ

DSCF3975
昨夜の雨の影響もないみたいだ。水も清く綺麗そ

のもの。先客もいないようだ、そう今日は3連休の

初日 日中にはたくさんの観光客がこの河原に訪

DSCF3976
れることだろう。その客のほとんどが水着着用と知

っているため敢えて早朝時を選んでの訪問であっ

た。

DSCF3977
温泉にはなるべくなら全裸で入りたいものだ。水着

着用するのなら台湾に行った際でも入浴しなかった

湯がいくつもあったほどだ。

DSCF3980
着いた。河原の姿は日々変わるが、川底からプク

プクと湯が湧き出す姿は依然と変わりない。



DSCF3978
その足元を見れば先人が作ったと思われる湯船が

しっかり残っており苦労せず湯に浸かることが出来

そうだ。

DSCF3982DSCF3979
小さな湯船もある





DSCF3981
この土管は、宿泊施設に配湯するために作られた

そうだが、使われず仕舞いのままであった。



DSCF3983
土管脇のこぼれ湯は、55℃もあり激熱の湯だが、

土管の中は微温湯と言うことで入浴開始。



DSCF3991DSCF3985






DSCF3994
湯が湧く当たりは川の本流からはずれた水が流れ

ていくがその水量と湧き出す湯量は絶妙のバラン

スで保たれ大きな湯船と化していた。

DSCF3992DSCF3986
確かに50cmずれると冷たさ

が勝る微妙な湯であるが、適

温が見つけられればこの上な

DSCF3995い嬉しさがそこにはあった。

対岸にも土管があるが少ないように見えた吊り橋の

上とは違いとてもとても対岸に渡れるようなものでは

             ない

DSCF3996DSCF3997DSCF3998

漣(さざなみ)温泉 のぞみの湯  地元専の湯

2016.7.15

久しぶりに温泉旅行に出掛けることにした。先日行った那須周辺の温泉

巡りが懐かしく3連休と言うこともあって新潟から長野界隈の秘境を巡る

ことに決め、仕事を順調にこなし出発をした。

先ずは 以前探すのに大変苦労した思い出がある 漣(さざなみ)温泉

DSCF3970のぞみの湯  地図

この湯には 2010.6.25に初入浴していたが、

折角なのでまたお湯を頂戴できればと寄り道をす


ると人気が感じられないんだ。確かにかっ飛ばしてきたとは言え10:12

じゃこの辺では真夜中なんだろう

第一湯目にしてはいい湯を思いついたのに ちょっとケチが付いた感じ

DSCF3971が否めないがクヨクヨしたって始まらない。明日は

久しぶりに秘湯や寸志の湯、さらにはお気に入り

の湯を巡るぞ



6/25のブログに 地元専用の湯だから部外者は他の湯へ行きましょうと

書いておきながら 今回寄り道してしまったのは、目の前を通った偶然も

あるが懐かしさもあった。

許してちょ

タイ グリコのアイスクリームが人気

グリコのアイス、東南アジアへ タイでは若者に大人気

 製菓大手の江崎グリコ(大阪市)は、東南アジアでのアイスクリーム事業に力を入れている。1月に海外としては初めてタイで発売し、インドネシアでも年内に販売と生産を始める。グリコのブランドは海外でも知名度があり、成長が見込める市場を開拓する。

【写真】タイでアイスの販売を始めた際のPRイベント=1月、江崎グリコ提供

 江崎勝久社長は4日、経営方針の説明会で「海外での事業を拡大する」と述べた。なかでも注目されているのがアイス事業だ。

 インドネシアでは現地の食品・日用品大手と設立した工場がほぼ完成し、年内にも約20種類の商品を出荷できる見通しとなった。現地の好みに合わせた色鮮やかなものなどを開発し、価格も抑える。現地大手の流通網を生かして、当面は首都ジャカルタを中心に売っていくという。

 タイでの事業は、生産が追いついていないほど好調だという。「ジャイアントコーン」や「パナップ」など、国内でも主力の商品をバンコク周辺のスーパーやコンビニで販売している。専用のアイスケースも用意して、グリコのブランドを前面に打ち出している。若者らに人気が高く、入荷しても1~2日で完売してしまうことがあるという。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

toyotaboxy

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ