toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2016年07月

赤倉温泉 源泉小屋の湯

2016.7.16

久しぶりに温泉旅行に出掛けることにした。先日行った那須周辺の温泉

巡りが懐かしく3連休と言うこともあって新潟から長野界隈の秘境を巡る

ことに決めこんだ。今 惣滝へ向かう道の未整備につき踏破を諦めた。

次は、赤倉温泉の源泉小屋だ。

そこには保守管理をする関係者が、作業後に汗を流す露天湯が存在する。

その露天湯を見てみたい、さらには入浴できれば最高・・・だが、場所がは
DSCF4081
っきりしないんだ。解っているのは黄金の湯側の登

山道を登った先にあることだけ。



DSCF4063
どのくらい歩いただろう 車が登れるように整備された

道をどんどん進むが、その限界地点からはエンジン

付きリヤカー?が1台やっと通れる道幅に変わる。

DSCF4077
途中小規模の土石流後がありもし今日も濃霧の中の

決行だが、雨が少しでも降ってきたならと思うと怖くな

った。

DSCF4076DSCF4064
着いた。意外と遠かったな。

さて露天風呂はどこかな

地図

DSCF4065
小屋の裏手にその湯船があったが、栓が抜かれ空っ

ぽの湯船だった。すぐさま栓をし湯を為始めるが如何

せん湯量が細すぎる。

DSCF4069
湯に振れると熱い。湯温を計れば56℃もあるじゃない

か。下調べでは硫酸塩泉、炭酸水素塩泉でかすかに

白濁する湯

DSCF4068
2分後にここまでしか湯が貯まらず湯船一杯になるに

は1時間近く掛かると思われ痺れを切らして湯浴びを

することにした。

DSCF4072
この湯温で湯船が一杯になったらとてもじゃないが入

浴できないが適度に石やコンクリによって湯温が冷や

され心地よいが湯量が少なすぎる。

DSCF4066
ここから赤倉温泉街までどのくらいの距離があるのだろう

大変な思いをして湯を引いているんだね

引き湯の温泉街で思い出すは 富山の宇奈月温泉、福島

DSCF4075
の岳温泉であった。そんな引き湯の湯に浸かるより源泉に

ある湯に浸かりたいと思うは拙者だけだろうか


源泉小屋内部

燕温泉 惣滝野湯群 未到の湯であった

2016.7.16

久しぶりに温泉旅行に出掛けることにした。先日行った那須周辺の温泉

巡りが懐かしく3連休と言うこともあって新潟から長野界隈の秘境を巡る

ことに決めこんだ。今 燕温泉にある無料の野天湯「河原の湯」へ入浴を
DSCF4057
し次は、惣滝壺周辺にある野湯群へ向かおう。





DSCF4050
でも惣滝までの道のりが解らないうえ地図さえも

持っていなかった。どのくらい歩けば着けるのだろ

うか

DSCF4051
吊り橋から4分後惣滝への分岐点に出くわす





DSCF4053
右に折れ足元を見ればこんな看板が地面に置か

れていた。「・・・未整備・・立ち入らないで・・・」



DSCF4052
未整備ってどんな感じと思ったら・・・目の前に道が

草に覆われ拙者の行く手を遮られた。



DSCF4054
ああ 惣滝には、これ以上進めなくなった。

残念


燕温泉 河原の湯

2016.7.16

久しぶりに温泉旅行に出掛けることにした。先日行った那須周辺の温泉

巡りが懐かしく3連休と言うこともあって新潟から長野界隈の秘境を巡る

ことに決めこんだ。今ポリバスの湯、鼻毛の池鉱泉は、足湯だけしかでき

ない悔しい思いが残ったが、次はちょうどおなかも減ったので昼食のため

DSCF4043妙高市へ向け昨今話題になっている「豚汁ラーメン

」を実食しエネルギーチャージ完了。さあ燕温泉へ

急ごう。


DSCF4045
燕温泉に着いた。下界は晴れだったが1000m超の

この地は、雲の中にすっぽり包まれていてこれから

向かう惣滝まで雨に降られないかと気を揉んだ。

おみやげ屋さんで、‘雨になりそうか’

このような質問が私は一番嫌いと怪訝な顔された。

だって 今にも降り出しそうな雲加減 地元民なら解るかな~と・・・

DSCF4046
まずは、河原の湯。

燕温泉にはこれまで2度訪問しているが、河原の湯

は崩落事故で不可能だった以外1度のみ入浴してい

DSCF4047た。

ガスが立ちこめる中どんどん進むが こんな天気の

中入浴客などいるものかと不安になった。


DSCF4048DSCF4049
河原の湯手前に架かる吊り橋

だが、対岸さえも霧に霞んでい

た。

DSCF4058
河原の湯到着  地図

そうここには簡易脱衣場があるが、湯船は一つ、混浴

の湯であったが、今日もまた姫の入浴はないって当た

DSCF4059り前か!

約38℃くらいの微温湯に親爺達が3人まったりとして

いた。それはまるでカピパラの入浴シーンそのものだ。


DSCF4060
そんなことより今日のこの湯も以前と変わりない乳白

色に包まれた見事な硫黄泉。やっぱり温泉は濁り湯

がいいね

DSCF4057
どうこのまったりとした顔!運転疲れも一気に吹き飛

んだ。この湯の硫黄臭は強烈だった。家に帰ってから

も体から香ってくるが 加齢臭同様体から臭いを発す

るのはあまりいいもんじゃないね

この後惣滝に行く予定があるために すぐにこの湯を後にした

妙高市 豚汁たちばな 豚汁ラーメン実食

2016.7.16

久しぶりに温泉旅行に出掛けることにした。先日行った那須周辺の温泉

巡りが懐かしく3連休と言うこともあって新潟から長野界隈の秘境を巡る

ことに決めこんだ。今ポリバスの湯、鼻毛の池鉱泉は、足湯だけしかでき

ない悔しい思いが残ったが、次はちょうどおなかも減ったので昼食のため

妙高市へ向けて車を走らせた。

DSCF4040
豚汁で有名な『たちばな』さんであった。

ここで食べたいのは、「豚汁ラーメン」です

新潟・妙高市にあるたちばなのメニューには「とん汁ラーメン」があり、味噌ラーメンにとん汁を加えた一品。県民らは胡椒ではなく七味をトッピングしていて、通常の味噌ラーメンとは異なって野菜の甘みや豚肉の旨味が堪能できるという。また上越市にあるみさと食堂の「とん汁ラーメン」はとん汁を直接ラーメンにかけた一品で、他にも同市にある「バッファロー」などにも同じようなメニューがある。

中原久雄によると新潟・上越市ではとん汁を扱う飲食店が多く、とん汁ラーメンが広まっているのではないかとコメント。妙高市にある「松茶屋」はそのとん汁ラーメンの発症の店と言われている。また上越市にあるたちばなでは、塩ラーメンにとん汁をかけた「とん汁ラーメン(塩)」や「とん汁ラーメン(醤油)」がある。そして締めには残ったスープとご飯を混ぜて、おじやで頂くのが通だという。

DSCF4041
え~ 豚汁ラーメンのカップまで出来ていたのか

午後1時を回り店内はほぼ半分程度の客がいた。



DSCF4042
もちろん注文は 豚汁ラーメンで決まり。

他の客も豚汁ラーメンかと思えば 豚汁定食を食べて

いる客の方が多かったかな

DSCF4043
調理を見ていたら 味噌ラーメンが出来上がったその

上に自家製豚汁を追加するという単純な作業ですが、

これがまたよく味噌ラーメンのスープとよく合うんです。

DSCF4044
スープまで一気に飲み干し うまかった。

これから 妙高・燕温泉へ行き惣滝まで行くんだ。

がんばろう。

ほくほく大島駅

2016.7.16

久しぶりに温泉旅行に出掛けることにした。先日行った那須周辺の温泉

巡りが懐かしく3連休と言うこともあって新潟から長野界隈の秘境を巡る

ことに決めこんだ。今ポリバスの湯、鼻毛の池鉱泉は、足湯だけしかでき

ない悔しい思いが残ったが、次はちょうどおなかも減ったので昼食のため

妙高市へ向けて車を走らせた。すると突如 高架の線路が目に飛び込ん

DSCF4035だ。

そこにはほくほく線大島駅舎も一緒にあった。  地図

実はほくほく線の名は知っていたが、実際の中身は


全くの無知であり唯一 北陸新幹線開業までは、北陸方面に向かう路線

程度しか知り得ませんでした。

DSCF4036調べれば 北越急行が運営する私鉄であった。

豪雪地域を走る鉄道として住民には欠かせない移動

手段となっているため北陸新幹線開業後も利用者が


DSCF4037増えているらしい。特に高校生にとって自宅から通学

できると家族の喜びは大きい。JRでは新幹線政策を

進め開業後在来線を第三セクターにし切り捨てる現


DSCF4039状は納得できない。その政策により「青春18切符」の

利用が制限(青春18切符は利用したことがない)が

されてきているなど決していいことばかりではない。


DSCF4038だから新幹線は温泉巡りに於いて絶対利用しないア

イテムであった。個人が置いた駅ノートに足跡を残し

たが、呆けていたのだろう日付を間違えてしまった。


DSCF4031
ほたるの里大島





DSCF4032DSCF4033DSCF4034






記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ