toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2016年02月

ミラノで路面電車試乗記 PROSSIMA FERMATA

2016.1.24

降って湧いたイタリア旅行が始まった。

スマホナビとレンタカーを使いローマからフィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノと

そしてピサ巡る旅行の4日目が始まろうとしていた。

ミラノの中心地Duomoドゥオモとその広場は、圧巻だったがドゥオモ館内ま

で入場しようとは思わなかった。

DSCF3476
今度はトラムに乗ろう。現在11:24 15時からのサッカ

ー観戦迄時間は沢山ある。

時間があるからこんなチャレンジを思いついてしまった。

DSCF3478
ナビのスマホをoffにし 行けるとこまで行ってみる・・・

時計を見て再びスイッチONをし、この地に戻ってくる。

チャレンジ開始

DSCF3474
乗車券は、一日乗り放題券

ミラノの地下鉄・バス・トラム2 切符の種類と買い方

地下鉄駅、バス乗り場付近にある自動販売機

地下鉄・バス・トラムのチケットは共通です。

購入は、駅の自動販売機や街のタバッキなど。

■チケットの種類
  • 基本チケット 1.5ユーロ 90分乗り放題
  • 10枚回数券 Carnet 10 viaggi 13.80ユーロ 10回×90分乗り放題
  • 1日券 Biglietto giornaliero 4.5ユーロ 24時間乗り放題
  • 2日券 Biglietto bigiornaliero 8.25ユーロ 48時間乗り放題


チケットは、刻印が義務付けられています。地下鉄は改札で、バス、トラム

は乗車後に打刻器で印字。90分、24時間などは、最初の刻印時刻から計

算されます。

ただし、乗り放題チケットとはいえ、地下鉄の場合は一回限り有効(路線乗

り換えは可)のため、90分内でも一度改札を出ると再度乗ることはできない

のでご注意を。

乗ろうと決め込むとトラムが来ないんだ。狙いはあの

旧型に乗りたいんだがなかなか来ないで痺れを切ら

DSCF3479して新型?のトラムに乗車してしまった。

勿論何行きかなんて解らない。行き先表示板を見た

ところでそれがどこかも解らない。


このトラムは2両連結。中乗り前降りスタイル

この手の路面電車は、乗り心地はあまりよくない 

ゴトゴトと分岐などの衝撃を拾ってしまう

今までで最悪だったのは富山市の市電だったが、最悪だからこそ記憶が

残っている利点もある

DSCF3480
停留所に差し掛かると車内アナウンスがある

“PROSSIMA FERMATA・・・・”イタリア語が理解出

来なくても何となく理解出来る

“次は、OOです”だろう

車内でこのアナウンスを聞いたとき どこかで聞き覚えがあった。あこれって、

フィレンツェのトラムも同じ口調であった。

ローマの地下鉄ではアナウンス音色こそ違えど同じフレーズで次駅を案内す

るんだ。イタリアの鉄道はこれで統一されているらしい。

DSCF3481
皆が降りたので拙者もここで降りることにした。

ここはどこだ。 

全く解らない 今こうしてGoogleで探すも全く見つから

ない。特徴有る門があるんだが、解らない

解りました ティチネーゼ門です  地図

ポルタ・チチネーゼ近辺はローマ時代の遺跡があることで有名で、若者向けの

セレクトショップが立ち並ぶショッピング通りでもあります。



DSCF3482ここは路線がクロスで交差する為違う停留所で待つが

なかなかトラムが来ない。来てもお目当ての旧型じゃな

いと言う事で辺りを徘徊することにした。


DSCF3483
レンタサイクルか、

BikeMi(バイクミー)


「Bike Me」はミラノ市内を回るのに最適なレンタル自転

車で、BikeMi Pointと呼ばれる自転車をレンタル・返却できるポイントが、市内

に90箇所も設置されております。


気軽に借りれて、気楽に返せるので市民の公共交通機関の一部となってます。


観光客の利用方法は、ディリー利用(登録料2.50ユーロ)を紹介いたします。

利用料金は、どのコースも1回あたり30分以内の利用は無料。

その後2時間を限度に30分後とに0.5ユーロ。

レンタル自転車の連続利用は原則2時間半(無料時間含む)となっているので、

必要なとき、必要な時間だけ借りる、というのが定着しているよう。

DSCF3484こんなに便利なら借りておけばよかったが、ミラノでもそう

だがイタリアには石畳が多く自転車では走りにくく更に路

面電車の轍は、転倒に繋がる危険な存在であった。


DSCF3485
やっと見つけた ここは、Basilica di Sant'Eustorgio

地図

外観が綺麗だね

DSCF3486観光客の訪れないこんな教会に寄ってみるのもいいかもね

地図

ここが古代ローマの遺跡が残るところだ


DSCF3487
再びトラムに乗り込む。

トラムに設置されている打刻機。初めて乗る際は時刻

を打ち込む

DSCF3488DSCF3489
トラム車内の様子





BlogPaint
日本でもそうだが、路面電車の走る街では時折変な信

号機を見かけ対応に困るときがある。前車があるときは

意外と簡単追従していけばよいが、自分が先頭の場合

どきどきする。

それがここミラノでも変な信号機を見つけたが、トレは徘徊中の徒歩だからド

キドキは無かったが、赤矢印の先 【白棒に点灯サイン】は何だ。

暫し観察していると トラムは進むことが出来るらしい


DSCF3492
路肩に駐車している車に目が止まった。

フィアット500だ、当初この車をレンタルしてイタリア国内

を巡る予定だったが、シフトチェンジがマニュアル車のみ

しか設定がなく、AT車を希望していた拙者は、泣く泣く断念した。

イタリアはレンタカー代は極端に安い

フィアット500は、6日間レンタルしても8000円程度

今こうして実車を見るとやっぱり小さいね 

このフィアット500シリーズは、「ルパン三世の愛車」として有名。当初ルパンは

ベンツ
SSKに乗っていたものの、監督であった大塚康生の愛車であった同車が

採用され、ストーリーに度々に登場。特筆は「カリオストロの城」で登場した車で

それは、日本国内限定車であった。

ここイタリアで見かける車と言えば、欧州車がほとんどである。

台湾、タイ、カナダやアメリカでは路上に日本車が席巻している様とは大違いで

ある。それでも20台に1台くらいのペースでしか日本車は、見かけないんだ。

DSCF3493
TOYOTA AYGO(アイゴ)

プジョーシトロエンとの合弁会社で生まれた欧州戦略車。

無駄な装備を削り取った【質実剛健】車。

DSCF34945回目の乗り換えを終えて窓越しから景色を見ていたら

大きな建物と人並みが見え、“降りまーす”と言っても解

らないか


舞い降りた地は、Milano Nord Cadorna駅だった







ミラノの中心地Duomoドゥオモとその広場 昼間

2016.1.24

降って湧いたイタリア旅行が始まった。

スマホナビとレンタカーを使いローマからフィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノと

そしてピサ巡る旅行の4日目が始まろうとしていた。

次は、ミラノの中心地Duomoドゥオモとその広場。

DSCF3471
「凄い」「美しい」建築物の噂通り、感動が声にならな

かった。やはりここのドゥオモはミラノの象徴で間違い

なし

DSCF3475
入館に関して、ここでは予約していなかった。

ミラノでは、『最後の晩餐』『セリエA インテル戦観戦』

『トラム乗車』・・・・

そもそもレンタカーにて何時にミラノに到着するか解らずこれ以上予約を入れ

ることは避けていたのもあるが、最終日ヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂の

12523095_640494746091829_7142519809850709994_n見学を予定していた。

そのサン・ピエトロ大聖堂に次規模と知り予約はしなかった。

ミラノのドゥオーモは世界最大級のゴシック建築であるが、ゴシッ

ク建築とはなんぞや?

主な特徴として尖ったアーチ(尖頭アーチ)、飛び梁などの工学的要素が含ま

れている定義らしいが決まり切った物は無いそうだ。更には『美しさ』が、兼ね

備えていることも重要らしい。

500年もの歳月をかけて多くの芸術家によって完成されたドゥオモは裏に回る

と工事されていて、バルセロナのサグラダ・ファミリアのような今なお建築中?

とは聞いていないぞ。

どうもこれからも維持するための修繕のようだ

DSCF3477
階段またはエレベータによって聖堂の上に登ることが

できます。

ドゥオーモには135本の尖塔があり尖塔の天辺には一

つ一つに聖人が立っている。一番高い位置に金のマリア像が輝いていて、昔

はこのマリア像より高い位置に建物を建ててはいけないとされた。


1386年に最初の石が置かれたことを記念するプレートを見ることが出来るが

場所は解らなかった。




ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

2016.1.24

降って湧いたイタリア旅行が始まった。

スマホナビとレンタカーを使いローマからフィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノと

そしてピサ巡る旅行の4日目が始まろうとしていた。

次は、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアだが、全く予習をしていない

一体どんなところ何だろう

DSCF3467
うわぁ~なんて美しいアーケードなんだろう。

こんなに綺麗でなおかつ優雅なアーケードは見たこと

もない? でも見た記憶がある?

12541078_640493569425280_3414284807204291004_n
因みにヴィットーリオ・エマヌエーレ2世とは、イタリア国、

初代国王の名前にちなみ命名されていた。



DSCF3469
中央の八角形のガラスドーム広場の床面には、中央に

イタリア王国の紋章、その周囲にミラノ(赤の十字)、トリ

ノ(牡牛)、フィレンツェ(アイリス)、ローマ(SPQR)
の紋

DSCF3470章が描かれている。

ガッレリアには、グッチ本店、プラダ、ルイ・ヴィトンなどの

高級
ブランド店が軒を並べ世界ファッションの中心地でも


あった。このガッレリアへ直接つながっているのは、ミラノでも最高級のパーク・

ハイアット・ホテル
で、都市の中でも最も豪華な(最も高価でもある)部屋と設

備を有している。

3/5 1泊2日で宿泊検索すると 一番安い部屋でも550€(73150円)。

12540916_640493989425238_518728019222364496_n
このショールームは、プラダ本店のもだった





そうだ このアーケードスタイルは、東京ディズニーランドのワールドバザール

だった。きっとこのアーケードを模して造られたのだろう


800px-Milano-galleriavittorioemanuele01
十字路の交わる付近に青いタイルで囲まれた牡牛のモザイクがあ

り、その股間部分がやや窪んでいる。この窪みに踵を合わせてクル

リと一回転すると幸せが訪れる、旅行者は再びミラノに戻れる等の

言い伝えがある。

トレビの泉等と異なり一人ずつしかできないので観光シーズンには行列ができる

事も珍しくない。一日に数千回も踵で踏みつけられるため損傷も激しく頻繁に修

復もなされているが、修復直後の新品でも股間にはあらかじめうっすらと窪みが

付けられている。 地図



不覚だ やり忘れた

お正月にもう一度イタリアへ行くが、ミラノには行けなくローマに行けるのは、

トレヴィの泉にコインを投げ込んだ行為があるがミラノでは廻転してなかった経緯

が物語っているのかな






ミラノ・ダンテ通り界隈

2016.1.24

降って湧いたイタリア旅行が始まった。

スマホナビとレンタカーを使いローマからフィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノと

そしてピサ巡る旅行の4日目が始まろうとしていた。

DSCF3457スフォルツェスコ城を見学終えたときミサンガ詐欺なる

男性と遭遇したが、無事逃げ得をしていた。

拙者の右手にはミサンガが付いていたんだ。


DSCF3459
次は、ヴィットリオ.エマヌエーレ2世のガッレリアにでも

行こうかなで、又徘徊となった。



DSCF3460
すると建物にEXPOの文字発見。 地図

調べてみると・・・この建物は当時チケット販売センター

だったそうだ。

ミラノ国際博覧会|EXPO Milano 2015

世界中を魅了した、各国の文化・技術・食を体験するミラノ万博2015は、
10月31日をもって閉幕しました!
多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。

EXPOコンセプト

EXPOのコンセプト

2015年5月1日~10月31日に開催されたミラノ万博。
万博史上初の「食」をテーマとし、世界の食の紹介、気候変動で変わる自然環境や伝統を知り、食料廃棄問題や持続食料調達など、未来の地球のための各国の活動が伝えられました。
建築では環境に優しい未来型素材や建築法を取り入れるなど様々な工夫が成されました。


で、あの建物は何だ ただのPR館なのかな


DSCF3461
するとそこに凄いレトロな市電が走ってきた。

乗りたいが間に合いそうもない

でも 今日はこの市電に乗りまくる予定もある

DSCF3462頑張って乗ってやる。

このおしゃれな通りは、ダンテ通り。ダンテ通りは、

ミラノの中心ドゥオーモ広場からスフォルツェスコ


DSCF3464城までを結ぶ通りで、おしゃれなカフェが建ち並ぶ

人気観光地です。

 地下鉄で行く場合は、M1号線(赤色)のCordusio


DSCF3463(コルドゥーズィオ)が最寄り駅となります。

人気観光地の割にはリーズナブルな価格だね




DSCF3465
露店のお土産屋さんには『ピノッキオ』のお土産がたく

さん売られていた。成り行きで解る通りイタリアの童話

であった。

DSCF3466ピノッキオの冒険』は、イタリアの作家・カルロ・コッロ

ーディの児童文学作品。

誰しも幼少の頃には必ず読んだ記憶がある童話がイ

タリアのものとは思いもし

なかった。



スフォルツェスコ城とミサンガ詐欺

2016.1.24

降って湧いたイタリア旅行が始まった。

スマホナビとレンタカーを使いローマからフィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノと

そしてピサ巡る旅行の4日目が始まろうとしていた。

ミラノ郊外の無料駐車場に車を止め地下鉄で移動し、サンタ・マリア・デッレ・

グラツィエ教会へ行き予約時間より早く拝観出来ないかと交渉したが、叶わ

なかった。

実はミラノでは、最後の晩餐・サンシーロStudioでインテル戦観戦・ドォーモ・

ヴェィットリオ・エマヌエレーレ2世のガッレリアしか頭になかったら、こんな施

DSCF3447設にぶつかった。

何だろうこの城壁は、お城があるなんて聞いてないぞ

ここは、スフォルツェスコ城。  地図


DSCF3448
レオナルド・ダヴィンチも建築に加わったというスフォル

ツェスコ城は、ミラノ公国の要塞。古城と言うにはちょっ

とイメージが違うかも知れないがその姿は美しい。

DSCF3449
公園の一角に門が見えるのは、『平和の凱旋門』

凱旋門は、軍事的勝利を讃え、その勝利をもたらした

将軍や国家元首や軍隊が凱旋式を行う記念のために

作られたもの。発祥の歴史は古代ローマ時代まで遡る。

凱旋門としてはフランスのナポレオン・ボナパルトがパリに作らせた『エトワー

ル凱旋門(1836年)』が有名である
が、この凱旋門はパリのものより29年も

古いものであった。

そう言えばコロッセオの近くにあったのも凱旋門だった

コンスタンティヌスの凱旋門  地図

DSCF3450
この紋章は、何家のものかな

調べてみれば ミラノにある自動車メーカー アルファ

ロメオ
がこの紋章に一部酷似している。

創業地・ミラノ市の白地に赤い十字架とヴィスコンティ家の紋章であるサラセ

ン人を呑み込む大蛇ビショーネを組み合わせた紋章を頂く楯を表現したフロ

Alfa_Romeo_Logo_2015ントグリルを持つアルファロメオ、似てるでしょと言ってもアル

ファロメオ側が真似したんだけどね








ここから城内へ入っていく

DSCF3451DSCF3452DSCF3454
ランドマークのフィレーテの塔。

この画像は城内からで、正面に

は後付けの時計があります

DSCF3455
市営の美術館は無料と言うことを忘れて見過ごす失態を

していた。



DSCF3456
ここで外人ってここでは、拙者が外人だった。

男が近寄ってきたと思ったら 腕に巧妙にミサンガを着け

られた。

DSCF3457
それは巧妙な手早さに関してしまうほどだ。

あ!これって噂のミサンガ詐欺・・・と目が覚め “No thank

 you、No thank you”と言って逃げてきた。

DSCF3458フィレンツェでのジェラート詐欺は不覚だったが、これに関し

ては学習していて頭に入っていた。

本来、店舗に関しては所有者がはっきりしているため信用


しますよね それに比べ 露店では、皆用心しますよね

ああ危なかった!!

でも あの時のミサンガが、まだ拙者の手首に付いています。

この際だから切れるまで身につけておこうと決め込んだ



そしてこの後 サンシーロStudioでも又ミサンガ売りの男に出会す・・・

無視するように早歩きをしているとインテルカラーのミサンガ 紺色と黒模様のを

見せられたが、振り切った。

今思えば 1€程度なら購入したかったな

dも1€程度では済まなかったんだろうな

でも格好良かったんだよ

記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ