toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2015年10月

香港 女人街(ノイヤンガイ)

2015.10.11

LCC航空会社のセールを見て、勢いで香港行き航空券を購入してしまったが、

20余年ぶりの香港だが、目的が無くても久し振りの香港は結構面白い。

香港旅行も今日が最終日 今夜の26時(11/12am2時)の飛行機で日本へ帰る

が、ホテルのチェックアウトは12時、それまでまた市内徘徊へ出掛けその後ディ

ズニーランドへ出掛けそのまま夜の9時頃まで滞在しそのまま空港へ向かう予定

だった。

まずは 昨日寄れなかった女人街へ行くことにした

DSCF2353
金巴里道を歩いていると、またしても結婚式だ、車の飾り付

けを見てすぐに解った。

もしかしてこのチャイナドレスの女性が新婦さんかな

DSCF2354
A21バス停 昨日はここでバスを降りたんだ

ここは香港で一番有名な通りネイザンロード。

九龍半島の大動脈のネイザンロードに沿って歩けば、尖沙咀

から佐敦、油麻地、旺角まで一直線に繋がりまさに香港の中心地と言っていいスト

リートだ。

DSCF2355DSCF2356
再びMTRに乗るが、もう慣れたもんだ

後は会話が出来れば香港永住も夢で

は無いぞ

DSCF2357
地図 20余年ぶりの香港で忘れていた物があった。それは

頭上に張り出た看板群。そう言えば昨日まで見た看板類は

凄く控えめに対しここは、広告無法地帯のようであった

そう思えばこの景色を見たいとも思っていたが、ここに来るまですっかり忘れていた


DSCF2358
ここがナイトマーケット女人街が開かれる通菜街(道路名です)

が、この時間はまだ更地のまま屋台骨のみが台車に積まれ

ていた  地図

DSCF2360
さすがに朝の9時半ではまだ眠りの中であった。

これから設営が行われお昼頃から徐々に店が開かれ夕刻頃に

ピークを迎えると思われる

DSCF2363
既に店が開かれている(既存店舗)値段表記を見てびっくり

5HK$(90円)商品を見ると新品だが、古着にも見える・・・

が、実際買いたいとは思わない質だった

DSCF2364
当分店が開きそうも無いので、仕方なし男人街へ行くことにした





DSCF2388
12時半 ディズニーランド行く手前に再度寄ってみた

あの屋台骨を積んだ台車から高さ約5mもの店舗が出現。

又足元には、アスファルトに各店舗の骨組み位置を示す穴

空いている。こんな風に整然と並ぶ設営されていた

DSCF2389
女人街と言っても女性物だけでは無い。これは、エロパンツ。

男性の逸物を入れてはくパンツ。香港人の男性はデカいみ

たいだ。(負けた)

DSCF2390
並んでいるのはバッグや小物、宝飾品、おもちゃ類がほとん

どで飲食物は売られていないが、近隣に沢山のお店がある。

香港では、移動販売が厳しく規制されているようだ。

DSCF2391ソフトクリームの車を見かけたが他はまず見かけないんだ

店舗が迫り出しその為通路が極端に狭い・・・だから客が商談

を始めると動きに停滞が見られすぐに渋滞となってしまう


DSCF2392
2008年に孤独死出なくなった飯島愛のAV-DVDが売られて

いる。昨今の日本ではまず見ないが何故?で調べてみた


2009年に覚醒剤事件を起こした酒井法子と、2009年孤独死を遂げた飯島愛。
この二人は日本以上にここアジアでは絶大な人気を誇っていた。
その際のニュースを、アジア社会は日本並みか、それ以上に報道され、酒井の覚
醒剤所持・使用事件や飯島の死に対し、マスコミは毎日のように報じ破格扱いと
したトップニュースでもあった。
 酒井と飯島はジャンルこそ違うが間違いなくアジアで最も愛された日本人芸能人の
一人であろう。

DSCF2393そうだったのか のりピーは、今何しているのかな

少しでも買おうかな・・・とベルトを見ているとすかさず

電卓を持ってきて値引き交渉が始まる


DSCF2394
でもきっと ‘安物買いの銭失い’になる事をわきまえている為

購入できなかった



DSCF2395DSCF2396DSCF2397

香港 ピークトラム乗車記

2015.10.10

LCC航空会社のセールを見て、勢いで香港行き航空券を購入してしまったが、

香港には温泉がない、何を目的に行こうか最後まで決まらないまま 香港徘

徊が始まっていた。

わずか8分程度のスターフェリーの船旅を終え香港島へ上陸。ここ香港島は、

香港で最初の市街地であるヴィクトリア市が築かれた島である。

DSCF2308
雨脚が強くなりピークトラムの駅が解らず仕方なしにシ

ョッピングモールへ逃げ込んだ。この中のお店ならきっと

日本語が通じる人が一人くらいいるだろうと・・・すると

床に仰向けに寝る女性がいて、どの国でも変わった人はいる物だな

暫くすると何事も無かったかのように立ち去っていった  地図

有名紳士服BURBERRY店なら日本語が通じると思ったが 駄目だった

そこで考えを変え 画像を見せることにした

DSCF2311ネットでピークトラムの画像を調べそれを見せると 

ニアンスでこの近くだと判明香港公園に近くと解り

多いに助かった


これも拙者の「勘が冴えた」と言うよりも 2階建てトラムに乗り適当なと

ころで降りただけであった

大きな目標物は上記の画像 のっぽビル中国銀行の裏手にあります

DSCF2312
ピークトラム山頂纜車(さんちょうらんしゃ)地図

驚いたこんなに近くにあるなんて・・・



DSCF2313ところで山頂までは読めるが「纜車」は最後まで読

めなかった。ここもオクトパスが使えるため態々乗

車券を買う手間が無い


DSCF2314
ピークトラム往復乗車券 40HK$(720円)

意外と安いのには驚いた



DSCF2316
上の画像では、駅は閑散としているように見えるがもの

凄い混雑なんだ。思いは皆同じ時間帯に集中するから

夕刻6時頃から大混雑する

DSCF2315
現在7:06  8時からのシンフォニー オブ ライツを山頂

から見届けるためだった



DSCF2317
ピークトラムの定員は解らないが既に2回ほどトラムは

出発していたが、それでも乗車できていない

通路にある 博物館のような以前のトラムの紹介施設

DSCF2318
やっとここまで列が進んできた。

長かった。でももう少し次のトラムにはきっと乗れること

だろう

DSCF2320
19:41 待ちくたびれた 35分間も待ってしまった

山頂駅の間、距離1.4km・標高差363mを約10分で結ぶ。

全線が単線で地上を走るトラム。

DSCF2321
山頂に到着 第一歓声 寒い!

雨が降り気温が下がり 更に上昇気流の影響で風が吹き


荒れるここは、体感気温10℃近くに感じられ外に出てられない

小雨交じりの悪天候では『スカイテラス428』の有料フロアに行く気力も失せた

靄が掛かり綺麗な夜景を見られないため下山しようとしたら またしても長蛇

の列に絶句。

DSCF2327この長蛇は、風をまともに受け猛烈の寒く凍えそう

香港ってこんなに寒い地域だっけ 年中暑い地域じゃ

無かったかな

             その不満客を相手にTAXIが止まっていている

DSCF2324
TAXIは温かいよと言わんばかり・・・

料金を尋ねたら 1台 1000HK$とぼったくりだった

諦めて列最後尾に並んだのは言うまでもない

DSCF2326
ピークトラム内





DSCF2328
花園道駅に到着したら既に乗車待ちの列は無かった





DSCF2329DSCF2310
モデルによる撮影が行われていた

赤いドレスの人は綺麗だったな



DSCF2336
再びスターフェリーに乗りホテルへ戻っていった

香港

★観光


    ◇シンフォニー オブ ライツ  2015.10.11見物


  ◇怡和午砲(ヌーン・デイ・ガン)  毎日正午に鳴らされる伝統の大砲儀式。地図


  ◇ブルース・リー像


★乗り物

  ◇ダブルデッカーバス


  ◇オープンデッキバス


  ◇2階建てトラム  2015.10.10乗車


  ◇ピークトラム  2015.10.10乗車


  ◇MTR  2015.10.10乗車


  ◇ライトトレイン  元朗  2015.10.10乗車


  ◇スターフェリー  2015.10.10乗車


★ナイトマーケット


  ◇女人街  


  ◇男人街


★香港ディズニーランド


  2015.10.11入場


★グルメ


  ◇媽咪雞蛋仔(たまごカステラ)  2015.10.10実食



香港 2階建て電車トラムに乗車

2015.10.10

LCC航空会社のセールを見て、勢いで香港行き航空券を購入してしまったが、

香港には温泉がない、何を目的に行こうか最後まで決まらないまま 香港徘

徊が始まっていた。

わずか8分程度のスターフェリーの船旅を終え香港島へ上陸。ここ香港島は、

DSCF2293香港で最初の市街地であるヴィクトリア市が築かれた

島である。

MORNING STAR 1871-1889 これってなんだろう


BlogPaint
『国際金融中心・第二期』(Two IFC)は地上415.8mの高さを

持ち、香港で環球貿易広場に次いで高く、世界で9番目の高さ

を誇る超高層ビルである。

DSCF2295
ピークトラムの山麓側駅の行き方が解らず近くにある

バスターミナルへ行くと『赤柱監獄』え!監獄!地図

何でも香港島南に位置し風光明媚な所

DSCF2296レンタカーが借りられれば このような自然豊かな香

港も又観光できたのに




BlogPaint
あ この地図にピークトラムの駅が載っていたのに

この時には全然気が付かなかった。通行人に尋ねる

ことも出来ず、再び徘徊を始めた

DSCF2298
すると 2階建ての電車が目の前を通過していった

え!!!香港にこんな電車が走っていたなんて全

然知らなかった(完全に予習不足であった)

DSCF2300
確かにピークトラムも重要だが、まずはこの2階建て

電車=トラムに試乗しよう  地図



DSCF2301
後ろ乗り、前降り運賃後払い 全区間2HK$(オクト

パス使用可能)早速2階席へ移動

ガタンゴトンとゆっくりとしたスピードでセントラル中

DSCF2302心地を進んでいく

隣を走るダブルデッカーのバスさえ小さく見えるんだ

世界でも他にイギリスブラックプール市とエジプトの


DSCF2303アレキサンドリア市にしか残っていない2階建て車両を

使用しており
、観光資源としても重要な存在となってい

る。


このトラム路線には銅鑼湾(どらわん)という地域がある

銅鑼湾の商業地の賃貸料は、2013年の統計においてニューヨーク5番街

などを凌ぎ、世界で最も高い。

長年にわたり、ジャーディン・マセソンが、ヴィクトリア・ハーバーのかたわら、

銅鑼湾の旧奇力島のやや東側で毎日、午砲を打ち鳴らしている。その砲声

は、香港の古くからの住民にとって何世代にもわたり、時報の役目を果たし

てきた。「ヌーンデイ・ガン」は、毎日正午に鳴らされるという伝統の大砲儀式

である。地図

ああ 見過ごしたまま帰国してしまった 不覚じゃ

これまた宿題が残ってしまったかな



この頃から雨が降り出した。

傘を持たずに来てしまったことに後悔してもしきれない

さて この後どうやって ピークトラムに行けばいいのかな全く解らない

どうしよう















香港 スターフェリー乗船記

2015.10.10

LCC航空会社のセールを見て、勢いで香港行き航空券を購入してしまったが、

香港には温泉がない、何を目的に行こうか最後まで決まらないまま 香港徘

徊が始まっていた。

DSCF2282僅かだが、充電をし夜景見学に出掛けた

オープンデッキのバスが停まっていたが、風が何やら湿っ

ぽくなってきた。お願いだから雨よ降らないでくれ



まずは、スターフェリー乗り場へ向かおう そしてフェリーに乗りピークトラムを目指す

フェリー乗り場までの道のりは、約1.3kmと徒歩圏であった為歩いて市内観光も

兼ねていた

DSCF2283九龍の観光メッカ、尖沙咀の新しい記念撮影スポットとして

話題の『1881Heritage』。

歴史的建築物をそのまま保存して再建された美しいところで


す。クリスマスシーズンはツリーが飾り付けられとても人気のスポットとなります

現在は麦?を植えられ 黄金色とのコントラスが素敵

DSCF2284
着いた ここがスターフェリー乗り場 地図

香港のヴィクトリア・ハーバーの両岸、尖沙咀-中環、尖沙咀

-湾仔
間を運航するフェリー。

DSCF2285
香港旅行に於いて数少ない目的地でもあったスターフェリー

昨今は、海底道路とMTRの開通により主役の座は奪われて

しまったが、まだまだ観光客には絶大な人気施設になっている

DSCF2286
館内は一部改装中らしい。その足場には竹が今も組まれてい

る。日本は鋼材になっている。竹ってそんなに強度あるのか

な、強度と言うよりしなり度かな

DSCF2287
時刻表があるのか解らないが、到着するとすぐに出発を繰り

返すピストン運航であった。



DSCF2288
麗星郵輪と言う豪華客船が停留している波止場を眺めなが

ら出港



DSCF2289
意外なほど簡素な作りの船内。この時間帯乗客は疎らだった





DSCF2290
ここで毎夜8時のイベント『シンフォニー・オブ・ライツ』が開か

れるのか楽しみだな

でも今日は ピークトラムで山頂へ登りそこから夜景見物す

DSCF2291るんだ

乗船時間はわずか8分程度の船旅は、面白かった

船内に売店が欲しかったな


乗船しないと買えないレアなお土産が欲しかった

DSCF2292
対岸の中環に到着

さてピークトラムはどこにあるのかな




復路
DSCF2335
実際はもっと綺麗だが、初めて見たときの印象では

もっと綺麗だった



DSCF2336DSCF2339DSCF2340


記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ