toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2015年05月

七里田温泉 ラムネ温泉 日本一の炭酸泉

2015.5.23

4年ぶりのおんせん県の別名を持つ大分にやって来た

今度は いつも近くの長湯温泉まで来ているが、七里田温泉には何故か

縁が無く素通りしていたが、日本屈指の炭酸泉を味わいたく立ち寄った

DSCF0904
七里田温泉 木の葉の湯

着いたここがあの炭酸泉か

じっくり堪能するとしようか

DSCF0905
館外に飲泉所が設けてあり 飲泉できる湯に多い炭酸泉

これで更に胸が高鳴りが増してきた

早く温泉と出会いたい

DSCF0906
入浴料を払い浴室へ・・・

その前に 経営者の方がなんか言っていたが・・・

気にも留めず歩を進めてしまった

DSCF0907
内湯に1つ 露天湯に2つ湯船がある

ここは最奥の湯船。日中のこの時間入浴客は数名しか

おらずほとんど独占の湯でもあった

DSCF0908
独占の湯なら炭酸泉を充分堪能できる

炭酸泉は、必ずと言っていいほど、じっと身動きせず体表に

泡が付くのをひたすら我慢するのだが、いくらじっとしていても

一向に泡が付かない

長湯温泉にあるラムネの湯も 長時間じっとしていて初めて泡が付きだした

ああ ここも名ばかりの炭酸泉だったのかで・・・内湯にも入らず出てきてしまった

すると受付の前でご主人に声を掛けられた

“お客さんはラムネの湯に入りに来たんじゃ無いの?”

  ラムネの湯は長湯温泉で入浴しました

“違うよ 内のラムネの湯はよそのラムネの湯とは別物よ”

え そうなんですか 

今お風呂に入ったが、ちっとも気泡が付かずガッカリしていたんだ

“今は誰も入っていないから 独りでは入れるよ”
DSCF0909
更にお金を払い 入浴施設へ移動開始

ラムネの湯へはここから歩いて2分程度の場所にあった



DSCF0910
こんな奥まった所に湯があったのか

木の葉の湯から離れているため 監視カメラが付いていて

常に無賃入浴者を見張っている

DSCF0911
入浴代+鍵の保証代千円を払うと専用の鍵が貸し出され

中に入る事が出来る

鍵は全部で6個あるから他の客と同湯になる事がある

↑この画像は女湯 無人を確かめてから撮影

DSCF0912
男湯

これが噂の炭酸泉か・・・実力は如何に?で

早速入浴

DSCF0913
入った瞬間に他の炭酸泉との違いはすぐに解った

あったいう間に気泡が体に纏わり付くんだ



DSCF0914
見てこの気泡凄いでしょ

もっと凄かったのは 陰毛に付く気泡だが、さすがに撮影

してもブログにupできない

DSCF0915
ここが源泉口。ここからコップで飲泉してみたら驚いた

甘く正しくラムネ味なのだ

こんな泉質は初めて

以前山形のカルデラ温泉の炭酸泉も凄かったが、そんなの比では無い

格段に別物の湯

恐らく日本一の炭酸泉と言っていいだろう

DSCF0917
見てこの気泡。水中カメラで撮影しています





DSCF0918
凄いでしょ 手で払ってもまたすぐこの状態になるの

は本当に凄い



DSCF0919
こんな凄い湯に今まで何で来なかったんだろう

これから大分に来ることがあれば 絶対に立ち寄る湯になった



DSCF0920DSCF0921DSCF0922





DSCF0923
おんせん県おおいた キャンペーンが始まるようだ

7/1-9/30

長湯温泉 牛洗い場の湯とコロナダ飲泉所

2015.5.23

今長湯温泉名物 無料の露天風呂『ガニ湯』に久し振りに入浴しやっぱり

拙者には無料や寸志の湯が似合っていることに改めて気付かされた

気分よく車を走らせていると異様な建物(施設)が目に飛び込んできた
DSCF0894
なんだこの宮殿??らしき建物で・・・思わず車を急

停止させてしまった  地図



DSCF0888
車から降り近付いてみるとどうも温泉施設のようだが、

湯の気配が無い。自然湧出のようでなさそうからすれば

栓が閉じられているみたいだ

DSCF0889
更に考察すれば 入浴施設と言うよりも飲泉所のようだ

長湯温泉泉質は「飲んで効き 長湯して利く 長湯のお

湯は 心臓胃腸に血の薬」
と称えられています

DSCF0890
ここの施設名は コロナダ と言うらしい

飲泉と無料で湯が汲める施設らしいぞ



DSCF0892
ふむふむふむ 納得納得





DSCF0893
ちょっと気になったので煉瓦の裏側を覗いてみれば

給湯施設があった



今度は辺りを見渡せば 芹川対岸にホテルがあるが営業はしていない模様だ

DSCF0891
だが、浴場施設からは今も廃湯が流されており泉質特有

の析出物跡がくっきりと確認できる

これは、もしかしたらで敷地に入っていった

DSCF0896
するとここにも不思議な施設と思ったら 飲水所であった

広瀬湧水と言う 湧水を利用した飲水所



DSCF0895
ホテルは国民宿舎直入荘で現在改修工事中。だが浴場は、

湯が自然湧出しているのだろう湯船に満たされているのは

感じられた

やっぱり気になったので館の裏手へ回り込むと田んぼ片隅から湯煙が上がっている

DSCF0897
近づいて確認すると大量の温泉が川に捨てられているじゃない

か。ホースをたぐり寄せて湯に触れると“熱!”

50℃近くあってそのままでは利用不可能で諦めてしまった

DSCF0898
そこで廃湯管の先に目をやれば小さな小屋発見・・・

で近づいてみると それはホテルの所有物の源泉で

休業中だが、地元民に開放されていた

DSCF0899
「牛洗浄用・・・」え 牛を洗うの???

子供用プールがあればここで入浴出来たのだが

自家用車には積んであるが、さすがに飛行機に積んでまで

DSCF0903持ってはこなかった

対岸から見えた浴室の廃湯跡

今も大量の温泉がどばどば川へと流れ去っていく現状を

見れば浴室は湯に満たされた浴槽があるはずだが、塀などに痛みは無いよりも

壊れていた所で中に入れば 建造物侵入罪で豚箱入りだ

間違っても一線越えてはならない

ただでさえ 温泉を見ればすぐに裸になる癖がある

強制わいせつ罪紛いはよくあることだった



またまたこの近くに変な施設があるじゃ無いか
DSCF0900
川辺にある夏季限定プールだった

中央の小島には、真っ白い排水跡?

もしかして温泉の析出物かなと期待して行ったが、やっぱり

DSCF0901水であった。

でも開場時温泉水を注入していることだろうと 湯こぼれが

ないかと探し回ったがこぼれている水はただの真水であった


DSCF0902
ああ子供用プール持っていたなら 牛洗用温泉で入浴出来た

のに・・・悔し~~~い!

長湯温泉 無料の露天湯『ガニ湯』 再訪

2015.5.23

久し振りの大分旅行 『ニラちゃん』にガッカリしたと思ったら『野津原寿司』に

ガッツポーズとのっけから楽しませてくれる

さあ 次は七里田温泉だが、長湯温泉を通過するので入浴はしなくても

DSCF0876見ておきたい湯があった

それは無料の露天湯『ガニ湯』 地図

この湯には以前2010.4.242011.1.1と2回訪問しているが、

2回目は寒さで入浴しなかったが、大好きな湯でもあった

見るだけと心に決めてきたが、やっぱり駄目

DSCF0877手だけでも湯に浸かっていこうと湯船まで降りてしまったら

もう駄目 5分だけでも・・・・・で結局入浴していた

優柔不断な親父でもあった


DSCF0878
ああ 気持ちいい やっぱりこの湯を見たら見過ごすことなん

て出来ない。そりゃ再訪の湯で新鮮味など無いが、無料や

寸志程度で入浴出来るこの湯はやっぱり素晴らしい

お金を出して綺麗なホテルの湯なんて全く興味ありません

今回の旅行 やはり外せない温泉が浮かんできた

満願寺温泉、湯布院温泉下湯、鍋山の湯、蛇んの湯、鶴の湯・・・と七里田温泉

長泉寺境内の湯、竈地獄の湯 更に時間があれば別府市内の共同湯に路線変更

本来は、熊本の弓ヶ浜温泉まで行こうと考えたが、空港発11時ではちょっと無理が
DSCF0879
あった

今日のこの湯はとても適温で掛流されている

水温計を下ろしてこなかったが40℃くらいはあった気がする

DSCF0880
やっぱりこの湯に入浴してよかった

もしここに来なければ後悔していたかも知れないほど素晴らし

い湯だった

DSCF0881
4年ものブランクの間だに簡易脱衣場が整備されていた

脱衣箱が設置され 目隠し戸も設置されていた



DSCF0884
恐らく市の観光協会が設置したと思われるが有り難いね

お役所公認のこの湯。みんなで正しいマナーを守り大切に

していきましょう

DSCF0882
既に予定時刻が過ぎているためこの辺で切り上げることにした





DSCF0886
すぐ近くにあるラムネ温泉だが、ここには全く興味なかった




野津原寿司に大満足 ケンミンSHOWで紹介された

2015.5.23

今食べた 大分名物 『ニラちゃん』にはガッカリ

最初の目的地 七里田温泉に行く途中に野津原という地域で発祥したお寿司が

あることを知り寄り道開始

お店は簡単に見つけることが出来た

DSCF0874
  ◇おおくぼ

       大分県民のヒミツのごちそうの正体は野津原寿司だっ
   た。アジの握りを甘酢漬けのキャベツで巻いたもので
   キャベツ一個をまるまるボイルし特製甘酢にキャベツ
   を浸し一晩冷蔵庫に寝かせてキャベツの酢漬けが出
   来上がる。
       それをアジの握りを使って巻いていく。市内の家庭でも登場し、トキハわさだ
       タウンでも売り場を占拠していた。野津原寿司はかつてこの町に「丸一屋」と
       いう食堂がありその女将が作った野津原寿司が評判を呼び一般家庭にも浸
       透したという。

        住所:大分県大分市野津原2856 「おおくぼ」の場所を食べログで見る
         ・秘密のケンミンSHOW 2013年9月5日(木)21:00~21:54 日本テレビ

だが、お店にはいると「完売」してしまったと・・・

もしかしたら JAのスーパーに行けば売っているはずでそちらに向かうことにした

DSCF0875
JAグリーンのつはる 地図

野津原寿司1個get成功



DSCF0924
一口大の小さなお寿司が8個入って550円

これに醤油を少し付け食べるらしい

では実食

DSCF0925
では “頂きます”

美味い こんな美味い物があったのかと・・・

本当に思った

確かみのもんたも美味いと太鼓判を押していた

これなら2パック買えばよかったと後悔したもんだ

キャベツの酢漬け具合やあじの切り身が絶妙のバランスがいい

酸っぱいものが苦手な人でもこれは美味しく召し上がれます

美味しかった 美味しかった

又一つ大分が好きになってしまった

中国料理 王府 大分ニラちゃん発祥の店

2015.5.23

久し振りの大分の地をこれから噛みしめる

最後にこの地の降り立ったのは、2011.7月だから丸四年ご無沙汰となっていた

いつの時も 大分県へは「機会があれば行きたい」と願っていたくらい素晴らしい
DSCF0866
温泉が沢山存在する大好きな地であった

ジェットスターの手際の悪さでレンタカーを貸し出し終える頃

には11時に迫っていた。

今回の温泉巡りは未踏の湯をメインに 過去に訪れたmy favorite温泉も候補に入

れていた。

まずは、七里田温泉を目指しアクセルを踏み込んだが、大分市内に入る頃には時

計は正午になっていた

DSCF0872
暫しランチタイムと寄り道決行。

大分名物のグルメを試すことにした。以前とり天発祥の東洋

軒さんで食べていたので今回は、ニラちゃんというちゃんぽん

が有名な『王府』に立ち寄ることに決めた

店名:中国料理 王府


    中華料理屋で「ニラチャン」を味わった。ニラチャンとは「中国料
    理 王府」の主人が具材がたくさん乗ったラーメンを作りたいと思
    い、大量のニラを乗せたのが始まりで、現在は大分県内に広ま
    っている。
     住所:大分県大分市高松東1-3-1  地図
    ・秘密のケンミンSHOW 2011年3月17日(木)21:00~21:54 日本テレビ

DSCF0867
他にも大分料理では、「やせうま」「だんご汁」「鶏の足」も食

べて見たい。

ちょうどお昼時間とあって沢山の方が食事中であったしその

DSCF0870後も引っ切りなしに店内へ客が入ってくる人気店というのは嘘

でなさそうだ。

これはニラちゃんもきっと期待出来るぞで注文


DSCF0869
大分市周辺はニラの産地も相成ってこのメニューが生まれたらしい

豚肉のニラを炒めたシンプルな具材に温泉玉子が一つ乗っている

頂きます

だが、あまり美味しくない

味に深みが無く ニラだけに囚われず白菜やキクラゲ等の具材を入れたほうが美味しい

と頭を過ぎってしまった

確かに諺に「名物に美味い物なし」と言われるがまさにそれに嵌まってしまったみたい

又提供となったラーメンのスープが熱すぎて飲んでいられない

最後はコップの水を注ぎ込み辛くも飲み干すことが出来たが劇熱のスープにも四苦八

DSCF0871苦してしまった

これがちゃんぽんとは嘆かわしい

ちゃんぽんはもっと美味い


このラーメンが美味いと言っているひとに聞いてみたいね

どこが美味しいの???

ああ 無駄な時間を過ごしてしまった

駄目だ このままでは納得できない

野津原寿司とちょうど通り道。

絶対食べてやる


二度と食べないぞ ニラちゃん

記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ