toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2015年01月

祖谷温泉 秘境では無く卑怯の湯

2015.1.2

2015年の旅は四国から始まった

次は、日本三大秘境の湯 祖谷温泉へ行くことにした

ここには一度訪問しているが、会長と一緒なので敢えて訪問してみた
DSCF9537
再訪してやっぱり思うことは、三大秘境の湯に相応しくない

佇まい?? 秘境というものを勝手に想像するに「人里離れ

た山間に立つ1軒宿は鄙びた温泉宿」であったが、ここは

鉄筋コンクリート造りの豪華なホテルであった

ロケーションは確かに人里離れた地にあるが それだけで秘境の湯と呼ぶのは烏

滸がましい

祖谷温泉
〒778-0165 徳島県三好市池田町松尾松本367-2
TEL 0883-75-2311 / FAX 0883-75-2418

早速 ケーブルカーを使って谷底にある露天風呂へ向かうことにしよう

DSCF9538
するとわかりづらいが、ニホンカモシカがケーブルカー間近に

現れたのには驚いたが動いているケーブルカーを止めること

は出来ず去って行ってしまった

DSCF9545
谷底に着いたが傾斜42℃はまさに奈落に落ちるように下って

きた。



DSCF9543
脱衣場は2ヶ所ある 普通の脱衣場と湯船間近の簡易脱衣場

こんな寒い日は 湯船近くで服を脱ぎたいで裏技のここで着替

えた

DSCF9539
アルカリ単純硫黄泉のこの湯は、承知済みだが、今日の湯は

いやにぬるぬるとまるでリンスを入れたかのような湯でもあった

外気温が低い上この湯は微温湯 いくら浸かっていても暖かく

DSCF9540ならない

ふとしたきっかけから同湯の方と話が始まった

その方は 香川から態態日帰りの湯に出掛けていた


ここは徳島だけどTV番組は香川の放送がケーブルTVを使って映る

香川のうどんやさんの話では、 うどん屋に大勢の行列が出来ていても意外に回転

が速くすぐに自分の番に回ってくる(1/1うどんバカ一代の行列から)
DSCF9541
反対に和歌山の花山温泉は素晴らしいと情報交換などして体

が温まるのを待ったが、いくら時間が経とうがこれ以上暖かくな

らず痺れを切らし上がってしまった

DSCF9542
でもこうして出会う人との会話って楽しいね

またいつの日かこんな出会いが待っているといいな



DSCF9544
今度は脱いだ服を持って暖かい本来の脱衣場へ駆け足

やっぱりこっちの方がいいかな



DSCF9546DSCF9547
やっぱり秘境なら秘境らしい佇まい

で作って欲しかった。秘境の宿の相

応しいのは不便さじゃないかな

でも今の人たちにとって不便さを我慢出来るだろうか

TV、携帯、ネット無し考えられますか・・・

だからこそ貴重なんです

この秘境という言葉が

青森県に青荷温泉というランプの温泉があるが

そこは、電気は通っていますが部屋には敢えてアルコールランプ一つあるだけ

TVはもちろん携帯はつながらない環境ながら人気の宿です

皆 不自由な環境に身を置きに来るのでしょう

暇な時間 退屈な時間を楽しむこそ最高の贅沢かも知れませんね

パートナーと一緒なら語り明かしてみたり愛を確かめ合ったりと自由空間です

時は移ろいで行きますがこの一瞬だけでも俗界から離れられる幸せがそこには

あるのでしょう

だからこそ 秘境という言葉の意味を大切にして欲しいと思います




かずら橋は、スリリング満点

2015.1.2

2015年最初の旅は、四国から始まった

次の目的地は、祖谷峡にかかる『かずら橋』です

確かに学生時分 四国一周八十八ヶ所巡礼の旅をしていたが、この橋は四国中央

部にあり、さきほどの遍路道は主に海岸沿いに点在しいていた。

そんな訳で初訪問となっていた

DSCF9536祖谷地区はもの凄い降雪となっており 上り坂、下り坂にも雪

で覆い尽くされており雪道には慣れている拙者でも肝を冷や

すほどだった


DSCF9526
無雪期には沢山の観光客が訪れるこの橋も さすがにこの雪

では、観光客も疎らだった



DSCF9527
うわぁ~かずら橋があったが、川面から想像以上の高さがあり、

“拙者らあそこ渡るんだよな”と思わず確認したくらいだ



DSCF9528
案内板の中に書かれていた「日本三奇橋」に含まれるこの橋。

三奇橋を調べてみれば



日本三奇橋とは、「日本の古橋の中でとくに構造的に変わったもの」として挙げられ

る橋のこと。

猿橋 【山梨県大月市】  橋脚がなく「結木」という構造の木橋。


錦帯橋 【山口県岩国市】  錦川にかかる木造アーチ橋。


愛本橋 【富山県黒部市】  かつては全長63mにも及ぶ刎橋(はねばし)であったた

め「山口県錦川・錦帯橋」、「山梨県桂川・猿橋」と並び日本最大奇橋の一つと言わ

れた。元は、加賀藩が参勤交代をスムーズに行うための黒部川上流部に作った橋

でもある

他に桟 【長野県上松町】  桟(かけはし) 険しい山の崖ぎわに短く切った木をか

け渡した木の橋。中山道を歩いた際に立ち寄っていた 神橋 【栃木県日光市】  神橋(しんきょう)

他にも大井川にかかる蓬莱橋、南木曽町にある桃介橋瀬田の唐橋とやっぱり

東海道と中山道は凄いところ、歩けたことが宝になったね

DSCF9529
渡橋料を払いいざと思うが足が竦む。明朝からの雪が足元の

さな木を凍らせ「滑りそう」をこんなにも実感出来る刹那は今ま

でになかった

DSCF9530かずら橋(かずらばし)は、しらくちかずらなどの葛類を使って

架けられた原始的な吊り橋で、現在は安全面からワイヤーも

加えられている。


DSCF9531観光客増で葛の傷みが早くほぼ3年ごとに掛け替えられている






DSCF9533DSCF9532
さなぎとさなぎの間は、15cmあるとは言え

間違えれば踏み外してもおかしくない間隔

に近年に無い恐怖感を覚えた

DSCF9534

真夏なら肝を冷やすや冷や汗をかくのに打って付けだが、氷点

下のこの日に冷やす行為など御法度だった

何とか無事に対岸に辿り着けたが こんなにもスリリングな橋と

DSCF9535は思いも寄らなかった

最後は近くにある滝を鑑賞したが、この滝は袋田の滝みたいに凍ら

ないのかな

杉の大杉 超強力パワースポット 高知大豊町

2015.1.2

2015年最初の旅は、四国周遊であった

祖谷地域にかかるかずら橋に向けて車を走らせていると『天然記念物の大杉』に引かれ

またしても道草となった

DSCF9520
天然記念物の大杉って、杉と言えば屋久島の縄文杉が一番だろう

それとどのくらい違うのか確かめてやろうではないか

住所:高知県長岡郡大豊町杉 八坂神社境内

DSCF9521
推定の樹齢は3000年以上といわれ、1924年には国の天然記念

物、1952年には国の特別天然記念物
に指定された。根元で「北

大スギ」と「南大スギ」の2本の株に分かれており、神社にみられ

る木としては日本最大のもの

確かにこの杉は凄い。屋久島の縄文杉も凄いがこちらの杉の方が遙かにデカい

杉の大杉の名は伊達では無かった

DSCF9522
これは八坂神社 本殿





DSCF9523
この杉には 若き頃の美空ひばりの逸話があった

公演旅行中に交通事故に遭い、大豊町で療養していた際、

八坂神社に参拝して杉の大スギに「日本一の歌手にしてく

ださい」と願かけた。
DSCF9524
ひばりは14歳のときにお礼を兼ねて再訪し、参拝している。

その縁によって、この地に遺影碑と歌碑を建立されていた



DSCF9525
拙者も 日本一とまでは言わないがこれに肖ってお願いをし

ていた

日本には沢山のパワースポットがあるが その中でも最大

級のパワースポットだろう



土佐北川駅 鉄橋上にある珍しい駅

2015.1.2

2015年最初の旅もここからは帰路となる

今夜の宿営地大阪に向けて出発

まずは、かずら橋に向けて車を走らせた

すると見覚えのある駅名に ピンと来た

『土佐北川駅』  土佐北川駅って鉄橋の上にある珍しい駅だよねで道草開始  地図

DSCF9513
駅のホームへ降り立つというより登り立つと電車が入線して

くるところだった。

8:43 高知行き

DSCF9514この土讃線はいくつもの秘境駅があることで有名だが、この

年末年始は寒波襲来で四国の山沿いは雪になっているため

訪問を諦めていたところに現れた珍駅だった


DSCF9515ここに来る途中にも本当は新改駅という秘境駅があるが立

ち寄るのを忘れていた。

四国では珍しいスイッチバックの駅なのだ


DSCF9516
吉野川の支流、穴内川に掛る鉄橋上の駅。

こんな無人駅ながら列車の行き違いが出来る駅でもあった

島式ホームと設備面は充分だが、果たして一日何名の方が

DSCF9517利用するのだろう

ホームから道路に向かうまでの風景だが、足がすくわれる

感があり怖い


DSCF9518
ホーム上にはベンチなど無くホームまでの通路途中に待合

室が設置しているが薄暗く独りでいるのは勇気が必要

恐らく秘境駅に行くというのは勇気が必携かも知れない

DSCF9519
この鉄橋上にホームがある




土佐電(市電)試乗記

2015.1.2

2015年最初の旅は四国周遊の旅となった

昨日は夕刻から四万十川への移動と夜の宴の予約があり 土佐電に乗り損ねていた。

宿泊のスーパーホテルの朝食が7時と言うことで、早起きして土佐電乗りに出掛けた

DSCF9501
6:07 高知駅に着いたが辺りはまだ真っ暗で超寒い

すると 駅ホームから♬♬そうさ恐れないで・・・♬ とメロディーが

流れてきた。現行駅舎に改装されてから列車接近時のアナウ

DSCF9502ンスにはBGMとして『アンパンマンのマーチ』が流れるように

なった。




DSCF9503
駅構内には ミニはりまや橋が飾られてあったが、全く魅力無し





DSCF9504
龍馬とお龍

さすがに新たな写真が無いため龍馬の姿もぼやけてきた



DSCF9505DSCF9506
日本有数の営業路線を有する土佐電。

県内唯一の電気による電車でもある。

JRは、ディゼル車。

DSCF9507
『路面電車運転士募集』だって

調べたが現在は採用終わってしまったのかな

応募しようと考えていたんだが  詳しく土佐電HPはここ

DSCF9508
本日の始発電車が、高知駅前駅に滑り込んできた  地図

6:21発桟橋車庫前行き

6:21が始発とはのんびりしているな

DSCF9509
乗り込んだのは拙者ひとりだけだった。

桟橋車庫前までは片道約15分と言う事で終点まで乗車する

ことを決めたが、暖房装置が無いのかなとにかく車内が寒い

途中1名の方が乗り込んできたが、はりまや橋駅で乗り換えだろう降車していった

DSCF9510
この日は新人運転手の研修なのだろう

お目付役がぴったり張り付いている

こんな早朝のお客の少なく車の往来も少ない時間帯に行っ

ていたんだね。

乗っていて寒いほかは全然気にならない運転だったよ

DSCF9511
桟橋車庫前駅に降り立ったが、何も無いのですぐに同じ車

両に飛び乗ったがやっぱり寒い。何とかしてくれ

地図

DSCF9512
市電乗車記も後は 岡山市と広島市だけとなった

出来るだけ早いタイミングで制覇したいな




記事検索
月別アーカイブ
Amazonライブリンク
プロフィール

toyotaboxy

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ