toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2014年10月

式根島温泉の旅 終章

2014.10.26

DSCF8332DSCF8333
おはようございます

これからサッカー教室見に小学校へ行くところ

この道が式根島一番の繁華街です


DSCF8334DSCF8335
昨日児童数が多いといいましたが このサッカー

教室のために新島から大勢の子が来ていた

式根の子は11人だけ。その為フットサルのチーム


DSCF8336として活動。責任者の方に見学の了承を頂き暫し見学。



合流したカップルが 何でもこの島の名物 『池村商店 揚げパン』を予約し

てあるから引き取りに行きたいで、全員で移動した

DSCF8337
こんな名物があった何で知らなかった

拙者もきな粉とシナモンを購入し帰りの船中で食したが予想以上に美味し

かった


DSCF8350
その後またまた伊那市の青年と二人きりで地鉈温泉へ入浴しに出掛けた

地鉈温泉はいい湯だねと再確認した




DSCF8355
この男性がFC東京から派遣されたコーチ

名前が未だ持ってわからない




今こうして初めての式根島温泉の旅が終わろうとしている

式根島 いいところだね また出会った人たちがいいね 温泉もよかった

でも平和すぎて拙者には少し退屈でもあった島

宿の食事は残念ながら頂けない もう少し努力が必要かな



今日も 伊那の青年とメールをし連絡取っている

拙者は、来年の夏 台湾旅行を勢いで決めてしまった

その勢いのまま誘ってしまったが ちょっと気が流行った感があった事を反省した

でもね 温泉好きなら台湾へは、行ってみると面白いよ

八煙野渓温泉 烏来温泉 前山公園温泉 冷鉱泉温泉 礁渓温泉・・・

ああ また行けると思うと待ち遠しくてならない

8/12-16 ANA利用直行便で5万円で今なら予約可能なんだよ

その際は絶対レンタカーは必需なんだよ

公共機関だけでは野渓温泉巡りには限界がある

だからこそこの機会にレンタカーで回る拙者と一緒にと思ったが・・・

迷惑を掛けたようだ

以後気をつけよう  御免なさい

話ではブログ等はやっていないと言っていたが 自分の軌跡として

残してみては如何

他の人が見ようが見まいがそんなの関係ねぇ

今となっては、いい思い出になっているし数名の愛読者もいるみたい(いつもありがとう)

自分の信念、理念、、理想、夢、独り言、つぶやき、愚痴など意外とストレス発散するよ

是非お勧めするよ



次離島へ行くとしたら 薩摩硫黄島に行って東温泉へ入浴したいな

式根島に行って本当によかった

やっぱり温泉は最高だね

式根島 徘徊2

2012.10.25

式根島にある温泉に入り終えてしまい

DSCF8317行く当てがない

超貧乏性の拙者は、とにかくゆっくりなど出来ない

ゆっくりするときは本当に具合が悪いときぐらいだ

ここは湯加減の穴。

DSCF8318
地鉈温泉の行く道すがらにある名所だ

湯加減の穴とは、この穴から水蒸気が立ち上ってくる

意外と奥行きは深く、小市民であるからめっいぱいなど手を差し込む勇気もない


と言うのも日本版真『実の口』に見えてしょうがない

【水着着用の温泉、ルールを守って入浴できましたか?】と問われそうで怖かった

実際にはもっともっと奥に差し入れれば温度が上がったが 暗くて映らないなどの撮影には難しかった


DSCF8319
10泊3万円の宿?

誰か泊まる人いるのかな

この式根島は結構フリーなことが多い

キャンプ場も届けさえすれば無料

DSCF8320海岸での釣りも漁業権と口うるさくいう人はいない(らしい)

軒先で赤いものに目が止まった

唐辛子かな でも鷹の爪のような形をしていなく丸尾を帯びている

俗に言う島唐辛子なのかな

DSCF8321
店先にこんなポスターが掲げてあった

『ありがとう あぜりあ丸』 11月18日 最終就航

調べてみれば 下田航路の旅客船

昭和63年竣工から運航してきたあぜりあ丸。就航から26年を過ぎ、退任というわけです

新しい船は「フェリーあぜりあ」という名前のとおりフェリー船に替わります

DSCF8322
こうして島内を徘徊していても気になることがある

足は自然と白石川海岸・海中温泉へ向かっていた

本来の温泉はすっかり海中に沈み、先ほど入浴した湯も現在は潮が満ちて来、


今 同じ湯船に入浴すれば海水温の冷たさだけが感じられここに温泉が湧いているなんて信じられない

ようになっていた

DSCF8324
再び 松が下雅の湯にも訪れてみたら メインの湯船が満々と湯が満たされ

ているのが目に入り 再度入浴することにした




DSCF8325DSCF8326
この湯では拙者を感動することは出来ない

この湯に入るなら 地鉈温泉の湯船に入りたいと

すぐに上がってしまった


DSCF8327DSCF8323
どうも疲れたみたいだ

岸壁行っても詰まらない

取りあえず宿に帰ろう


DSCF8328
小学校の前を通ったら スポーツ少年団?がサッカーの練習していた

500余名の島民の割に子供が多いんだな

しかも全面芝生張りの校庭って凄い


DSCF8329DSCF8330
自動車修理工場の片隅にモアイ像があった

なんでも池袋駅前にあるモヤイ像はここ式根島から

送られたそうだ


宿の夕食時 お客さん小学校でサッカーみていたでしょ。OO商店で自転車借りたでしょ・・・だって

日中の行動全て見透かされていた

小さな島だからこそのネットワーク。

ここでナイスな情報を手に入れた

実は、この土日 この小学校でサッカー教室が行われていた

FC東京のOB選手が来島し子供達に指導する

すぐに 別な民宿に泊まっていた青年に連絡

明日 一緒にサッカー教室を見学することになった

何でも同宿の男子がサッカー大好きで一緒に来るそう

明日 何しようか路頭に迷っていたから・・・明日も楽しそうだ

お休みなさい

式根島 地鉈温泉

2014.10.25

伊豆七島 式根島に初上陸を果たし早速温泉巡りに出かけた

式根島には温泉が4つ いや5つある

全国区の知名度 地鉈温泉、次が松が下雅の湯、足附温泉、憩いの家共同浴場と普通はここまでだが

もう一つ隠し湯がある。

幻の湯と言われ、大潮の時にしか現れない海岸に湧く湯

今回の来島の目的はこの湯に浸かることで まだ大潮時には時間があるのでそれまでは温泉巡りに当

てていた。

何とかそれらしい?本命の幻の湯にも浸かることが出来、次は対抗の地鉈(じなた)温泉。

でもこの湯 対抗にしては申し訳ない。これも本命の湯格だね

DSCF8292
ここは憩いの家共同浴場だが、この湯の源泉は地鉈温泉地帯にて新たにボー

リングしポンプで汲み上げここで利用している。

地鉈温泉の湯なら地鉈温泉で入浴しか選択肢がなかった


                つまり通過となってしまった

DSCF8293
温泉郷入り口の看板。

胸が高鳴るな TVや雑誌でよく見る湯。オレンジ色の凄いやつ・・・夕刊フジじ

ゃねぇぞ


DSCF8294DSCF8338
秘湯?ここは天下の東京都なんだよ

秘湯ってそんなに凄いところなのかな




DSCF8297
するとどこからか黒猫がやって来て拙者に何か言いたそうな目つき

そうか“遙々下総の国からやって来た怪しいものでございません

この秘湯 地鉈温泉に入浴をお許しください”念じたらどこかへ消えて行

                ってしまった。

あの黒猫 きっとここの湯守だな

でもよかった お許しが頂けて・・・

湯守と言えば 秋田の山奥 奥々八九郎温泉では、アブに許しが貰えず苦労した思い出が蘇る

DSCF8298
谷の最終地点が黄色に色付いている。あそこが地鉈温泉だが予想以上

の低地にある。恐らく往複路はきっと苦労するはずだ

さあ温泉に向け出発


DSCF8299DSCF8300
凄いところを進んでいくんだな

それにしてもどうしてこんな浸食?しているような地形

なんだろう


もしかしたらこんな言われが・・・

よくあるパターン  昔、弘法0師が鉈で地面を切りつけたところ大きな谷が出来、海水との混じると

ころに湯が湧いてきたとか・・・

DSCF8301
どうこの話 地方に行くとよくある話でしょ

温泉までの遊歩道はきれいに整備されて快適です

ただ帰り道はあの急坂を登ると思うと 気が滅入る


DSCF8302
これは振り返ったところです。

出発地点はあんな高いところにある




DSCF8303
画像では解りにくいが 温泉周辺の岩には沢山の彫刻(名前)が掘られていた

これは、この岩盤を切り開いた石工と湯治客が刻んだらしいが想像を超える量

に驚き


DSCF8341
この石碑 明治42年に作られたものだが、そんなに昔からこの湯は

尊びられていたんだね。それだけ医療が発達してなく温泉療養がせめ

てもの救いの船だった


そういえば 以前訪れた秋田の玉川温泉にも沢山の湯治客の姿があり ラジウム線がいいと

必死になっている姿見て唯々観光に訪れた拙者は、声を失ったことがあった

DSCF8304
ついに着いた 式根島に来たもう一つの目的地 地鉈温泉

この湯だまりが源泉で 湯底から泡と一緒に沢山の湯が湧き出ている

鉄分の多い湯ですが湧出直後はまだ青みがかった色をしています


DSCF8312
すぐさま湯温が気になった。通常80℃近くまである湯温は 58.6℃

を示すがこの温度ではここに入浴することは出来ない




DSCF8310DSCF8305
次の湯だまりも熱すぎ3番目の湯だまりに入浴開始

源泉は熱いので、満潮時に海水と混ぜて入りますが、

泉質的に最も良いと思われる、3番目の湯船。


DSCF8309DSCF8306海水の混入が少なく温泉そのものをここでは堪能で

きそうと選んだ。

41℃は最適な温度

入ってみると本当に濃厚な湯、それより湯底を手で

DSCF8313すくってみれば 堆積物が手にべっとり付いてきた。

なんて濃厚な湯なんだろう

驚くべき自然現象に敬服するのみだった



DSCF8315
更に海側に進んでもいくつもの湯だまりが見られ 海側に行くにつれて

温泉の堆積物の量が減り 海水と混ざっているのが感じ取れる

鉄分で赤青色が付いているので、海水と混ざっても温泉らしさを残している

                点がいいね。

DSCF8314
あたりを見渡せば 以前使っていた脱衣場跡があった。

ここは目隠しのような場所にあり女性が着替えるにはいい場所と思われる

でも 階段上部に公衆トイレがあり女性の方はここで着替えをすることをお

                勧めする

今回の入浴 拙者ひとり  ひとりと言うことは、身に纏うものがない状態、温泉入浴はやっぱりこのス

タイルじゃないと・・・よい子の皆さんは水着を着用しましょう



2014.10.26

乗船前にもう一度 入浴しに来た

DSCF8344
昨日より海側の湯船に入浴。

波が押し寄せるとひんやりするこの湯。これも大自然の中で入浴する

醍醐味。止められないね


DSCF8345
実は温泉来ると思わなかったため 水着を最初から持ってこなかった

波が来ると愚息がチジミ上がるの・・・駄目だエロ路線になっていた




DSCF8343
出た~海坊主!!

じゃないよ 伊那市の青年と一緒。

僅か数時間の出会いだが、随分前からの親友に思え


DSCF8346いや年齢から言って弟のような存在と言った方が正しいかな

この時点でカップルと4人で入浴中。ノーパンとはレディに誠に失礼をした

これが式根島最後の湯になったが さるびあ丸に載ってからも微かに薫る

加齢臭じゃなくて温泉臭にうっとり。

いい島だったな そしていい湯だった さらにいい出会いがあった。

なんか長いつきあいになりそうな予感がある  00くん ありがとうございました。



DSCF8316
これが松が下雅の湯と憩いの家に湯を送るポンプ施設です

ついでの時に確認されるといいですよ

松が下方面に伸びる送湯官が確認できます




式根島 幻の湯 白石川・海中温泉に入浴果たす

2014.10.25

伊豆七島 式根島に初上陸を果たし早速温泉巡りに出かけた

式根島には温泉が4つ いや5つある

全国区の知名度 地鉈温泉、次が松が下雅の湯、足附温泉、憩いの湯共同浴場と普通はここまでだが

もう一つ隠し湯がある。

幻の湯と言われ、大潮の時にしか現れない海岸に湧く湯

今回の来島の目的はこの湯に浸かることで まだ大潮時には時間があるのでそれまでは温泉巡りに当

てていた。

いよいよ幻の湯探索に伊那市の青年と出かけることになった
DSCF8265
今朝 確か 確か 確か TVで見た記憶がある風景地点にやって来た 

地図 




DSCF8290
確か記憶では護岸近くなんだが・・・でも岩場まで降りて手当たり次第

潮溜まりに手を差し入れ温度確認していたがなかなか思うように見つける

ことが出来ず 途方に暮れかけていた


DSCF8284
岩場を諦めかけていた所と浜辺に小さな潮溜まり?半ば諦めかけて手を

差し入れれば 暖かいじゃないか

TVとだいぶ違うが二人で掘り広げ湯船らしい形に作り上げた


DSCF8285
最初の頃と大きさが随分違うだろ

拙者よりも青年の方が数倍も頑張っていた  感謝

もう少し道具らしいもの持っていればもっと素晴らしいもの作れたのに


手足をフル活用して掘り進めるとどんどん湯が足元から沸いてくる

この湯は 足元湧出温泉だ  凄いぞ

湯温は 36℃くらいかな

意外にも適温の湯にびっくり

場所が砂地で湧き出る湯がやや濁っては見えるが、この湯は先ほど入浴した

脚附温泉の無色透明の食塩泉と同じ泉質の湯で間違いない


DSCF8286DSCF8288
いやー二人目的は同じ

話に花が咲いたね

時間がどれくらい経ったのだろうか


DSCF8287とても楽しかった

何が楽しかったか?内容は温泉の話もあるがたわいも無い話にも盛り上

がったんだ。彼も日本各地温泉に出掛けていて色々な温泉を知っていた



DSCF8289
だが、入浴後は彼と別れ単独行動。

実はまだ腑に落ちない点があり 今度は温泉達人のいるスーパーを探し

場所を今一度聞きたい衝動で島内徘徊

実は、大失敗をしていた

店名をメモすること忘れてしまっていたんだ この集落近くにあるお店をまず訪ねてみた

DSCF8291
オオヤマスーパー  地図

訪ねると見事ヒットした。だが今日の大潮は 夜中の0時でないと

幻の温泉には出会えない


DSCF8349場所は大方正解だが、もっと海側にあると言う

この潮見表見て。昼よりも夜の方が潮の引きが大きい。

干潮と言っても色々な事例があるんだと初めて知った



先ほどの湯 幻の温泉では可哀想だ

拙者が名付け親になってやろう

すぐ近くにある海岸名を名乗り 白石川・海中温泉・・・いいね

これで決まりだね

Youtube
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=r9NlWaFifC8


BlogPaint
夕方3時に再訪してみたら 潮が満ちて水没していた

本当の幻に湯には入れなかったが それでも満足満足

次はいつこの式根島に来るのかな






式根島 松が下雅の湯

2014.10.25

伊豆七島 式根島に初上陸を果たし早速温泉巡りに出かけた

式根島には温泉が4つ いや5つある

全国区の知名度 地鉈温泉、次が松が下雅の湯、足附温泉、憩いの湯共同浴場と普通はここまでだが

もう一つ隠し湯がある。

幻の湯と言われ、大潮の時にしか現れない海岸に湧く湯

今回の来島の目的はこの湯に浸かることで まだ大潮時には時間があるのでそれまでは温泉巡りに当

てていた

DSCF8269足附温泉も無事入浴を果たし再び清掃をしていた松が下雅の湯に戻ってきた

清掃業務もほぼ終わりかけていた。

入浴可能かとの問いに“いいよ”と快く返事が返ってきたが、湯船にはまだ半分

の量に満たない湯しかないがそれでも一番湯をご馳走になった

昔からお風呂に先に入浴したものは後者や家主に対して 礼の意味で“お先に頂きました”と添える

食事でも無いのに“頂きました”と不思議なことだが、食事では食後は“ご馳走様”であった

だめだ 余計解らなくなってきた

でも恐らく 昔は 暖かさはご馳走にも劣らぬ贅沢・もてなしであったのだろう

そこからの感謝の表れが “お先に頂きました”となったのだろう

DSCF8279
またしてもやってしまった 全裸での入浴

よい子の皆さんは水着着用ですよ




DSCF8281
源泉温度は57.6℃もあり僅かに出ている水があるが湯船の温度は

45℃くらいと熱かった




DSCF8280その為長湯が出来ず 縁に揚がり休んでいると伯父さんが近づいてきた

ここぞとばかりに拙者の聞き込みが開始した

ここの源泉はどこにあるの

  答 地鉈温泉を新たにボーリングし高台にあるポンプ小屋から湯を2ヶ所に

送っている。もう一ヶ所は、憩いの湯共同浴場だよ

伯父さんは定年間近に埼玉からここに移住してきた

島では、ガソリンが200円を超える。更に軽油代は、ガソリンを越え240円くらいする

何故?ガソリンには地方交付金の援助があるから軽油より安い

大島で大規模な災害があったがここも降ったのですか

   式根島には大きな山が無いから雨雲が通過してしまい大雨とならない

   先日のスーパー台風も拍子抜けだった

電気・水道は新島から海中を伝わりパイプで送られてくる・・・

その他色々な地元ならではの話が聞けた

島民のほとんど全員がゴールド運転免許所持者。

スピード違反、駐車違反、シートベルト未装着違反それより一時停止などの取り締まりなんて存在しない

お酒を飲んで・・・この話はカットしよう

またこの湯は 夜に成ると沢山の島民で賑わうそうだ

とにかく話が面白かった

先ほどの伊那から来た青年も湯に浸かり始め もう一人新たな青年が湯に浸かり先に上がっていった

ほど長い時間話に付き合ってくれた

拙者にも離島生活を進められたが 拙者は大の魚臭が苦手。

船着き場に宿の方が迎えに来た車の魚臭さに頭を抱え込んだ位駄目だった

地元の人は慣れて何とも思わないのかな

まずはそれを克服しない限り離島生活は出来ないと改めて悟ったのであった

最後に 幻の湯のことをリサーチ

すると海岸沿いを進むとあるはずだ・・・

DSCF8283よし 間合いを見て切り上げることにした

伊那からの青年に

『一緒に幻の湯探しに行きませんか』に承諾を受け

二人の宝探しへ出掛けていった



P・S

ここの湯と憩いの湯と地鉈が同じ湯なら 憩いの湯には入浴する意味が無い
記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ