toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2014年07月

歩いていこう旧中山道五十六次 塩名田宿→八幡宿

2014.7.19

『歩いていこう旧中山道五十六次』の続編で長野県へやって来た

中山道五拾六次で二大難所と言われる碓氷峠越えは、6/14に攻略済み、残すは最大の難所和田峠だけ

だった。(本当かな他にも難所が沢山あるのでは)

いままでに日本橋→深谷宿、横川駅→岩村田宿と御嶽宿→草津宿と虫食い状態だが攻略済み。

これらは戦略的で合ってやむを得ないところだ

そして今回3連休を使い 岩村田宿から長久保宿(宿泊)翌日、難所和田峠越えを果たし下諏訪宿(泊)

21日に贄川宿を目指す予定

ただし和田峠に関しては公共交通機関が全く存在しない。いつものようにその日歩き終えたら電車で車

まで戻る行動パターンが出来ない。

そんなことからイレギュラープランとなった

19日 岩村田駅近くに車を駐める→和田宿→唐沢地区まで歩く⇒町内循環バス⇒長久保宿に戻り宿泊

20日 長久保宿⇒町内循環バス⇒唐沢地区→和田峠→下諏訪宿→下諏訪駅⇒小淵沢駅⇒岩村田駅

    ⇒自家用車⇒下諏訪宿(泊)

21日 下諏訪宿→贄川宿→贄川駅⇒下諏訪駅⇒帰路

上記の日程を是非遂行したい

DSCF6899
無事塩名田宿に着いたが、5:57ではまだ眠りの中に街があった

暴れ川であった千曲川の東岸にあり、旅籠が10軒以下の小さな宿場にも拘ら

ず、本陣1軒、脇本陣が2軒もあった

DSCF6900DSCF6901
問屋本陣 地図






BlogPaint
6:05 まもなく千曲川に差し掛かるとき街道は右へ降りていく。

宿場は江戸方向から下宿、中宿、河原宿と3宿に区分かれていた。

河原宿には往時の趣が一番濃く残っている。


DSCF6903
車一台通るのがやっとの幅 あの角を曲がるとどんな風景を見せてくれるの

だろう  地図




DSCF6905
地元では小滝通りと親しまれている通り。

しっとり落ち着いた街並みに都会の喧騒を忘れさせてくれる宿場でもあった。

だが、ひとたび千曲川が暴れると人々のけたたましい声で溢れかえったことだろう


DSCF6904DSCF6906
旧旅籠? 亀屋さん  この河原宿はとても綺麗






DSCF6907DSCF6908
千曲川ほとりに出た。往時はここを渡るのに苦労した

そうだ。今は、中津橋が架かり大雨だろうと渡ることが

出来ることに感謝


DSCF6909
昨日の夕立にやや川は濁っているが、悠久の歴史と一緒に川の流れはあった






BlogPaint
千曲川西岸に着いた。再び千曲川を振り返り思いを馳せた。

往時はこのように舟橋が架けられていたのかな




BlogPaint
6:17  旧街道は開発のため国道に飲み込まれていたが所々にその名残が

あり歩く身としては歩数が増えるのはちょっと気になるが、でもやっぱり旧来

の街道を歩ける嬉しさの方が上回る  地図


DSCF6912
6:39  地図  宿場名にもなった宿場東入り口にある八幡神社

境内には入らずここから参拝いたしました

下総の国からやって参りました toyotaboxyです

道中安全、家内安全 お守りください・・・といつも同じ事を繰り返す参拝光景です

DSCF6913
6:43 八幡宿本陣跡に着いてしまった  地図

わずか30分とは超短か!

日本橋から数えて24番目の宿場











銭湯でモミモミ…懐かしのマッサージ機、機械遺産に

2014.07.24日経新聞

img-724114336-DocuCentre-IV C4470(919796)-0133-140724114340

銭湯でモミモミ…懐かしのマッサージ機、機械遺産に

世界初の量産型自動マッサージ機(フジ医療器提供) 日本機械学会は24日、歴史的

に意義のある「機械遺産」に、・・・

そういえば以前行った 島根県にある世界遺産 石見銀山近くにある温泉 温泉津温泉も一緒に登録

されていたの知りつつ入浴した際に脱衣場に この話題に似たマッサージ器があり この機械も

『世界遺産』と冗談言っていたのを思い出した











歩いていこう旧中山道五十六次 岩村田とりやたまやで道草

2014.7.18

『歩いていこう旧中山道五十六次』の続編で長野県へやって来た

中山道五拾六次で二大難所と言われる碓氷峠越えは、6/14に攻略済み、残すは最大の難所和田峠だけ

だった。(本当かな他にも難所が沢山あるのでは)

いままでに日本橋→深谷宿、横川駅→岩村田宿と御嶽宿→草津宿と虫食い状態だが攻略済み。

これらは戦略的で合ってやむを得ないところだ

そして今回3連休を使い 岩村田宿から長久保宿(宿泊)翌日、難所和田峠越えを果たし下諏訪宿(泊)

21日に贄川宿を目指す予定

ただし和田峠に関しては公共交通機関が全く存在しない。いつものようにその日歩き終えたら電車で車

まで戻る行動パターンが出来ない。

そんなことからイレギュラープランとなった

19日 岩村田駅近くに車を駐める→和田宿→唐沢地区まで歩く⇒町内循環バス⇒長久保宿に戻り宿泊

20日 長久保宿⇒町内循環バス⇒唐沢地区→和田峠→下諏訪宿→下諏訪駅⇒小淵沢駅⇒岩村田駅

    ⇒自家用車⇒下諏訪宿(泊)

21日 下諏訪宿→贄川宿→贄川駅⇒下諏訪駅⇒帰路

上記の日程を是非遂行したい、その為に当地に前の晩から着いていた

早く着いて寄りたい店があった

それは以前日経新聞に繁盛店として掲載された 居酒屋『とりやたまや』

店名が語るように鶏肉と玉子料理にこだわっている店

今となってはその時の記事が見つからないが、確か 自分で焼く目玉焼きが客に大受け・・・

これまでも長野方面に来た際に寄ろうとしていたが、なかなか縁が無かった

そこで今回 無理してでも早い時間帯に到着するよう頑張って来た

DSCF6876
22:26 お店はJR岩村田駅から約500mと至近距離の位置にあった 地図

予約していないがこの時間帯なら大丈夫だろうとドアを叩いた




DSCF6877
店内はカウンターとテーブル席を合わせ約30席のお店

居酒屋と言うよりも 小洒落た居酒屋。ひとり客ではちょっと物寂しい感




DSCF6878DSCF6881
夕飯を食べており簡単な物をオーダーすることにした

まずは焼き鳥食べたいな




DSCF6880
お任せ3点盛り+野菜

焼き鳥は塩で出てきた。素材に自信があるのかな、もも肉、砂肝、ねぎま

間違っていたら御免なさい


では、頂きます。確かに新鮮なのかも知れないがあまり美味しいとは言えない

この程度なら屋台で食べた方がましかな

食べていくうちに自分が興ざめしていくのが解った

DSCF6882更に追い打ちを掛けたのは、あの目玉焼きはあるか?

今はこのメニューはやっていない・・・結局これが帰るきっかけを決定づけて

しまった。

確かにこの店は流行っているのかも知れないが、メニュー名だけこだわって

いては客に飽きられる。

それとこのメニューに客が集まるものが味わいたかったがメニュー見た限りでは存在していないようだ

目玉焼き  今だって台所へ行けばすぐに作れる料理。それをどうやって居酒屋で提供し人気を博して

いるところを見たかったのに、普通の焼き鳥だけでは拙者を納得できない

残念ながらこの店では2度目はないね

歩いていこう旧中山道五十六次 岩村田宿→塩名田宿

2014.7.19

『歩いていこう旧中山道五十六次』の続編で長野県へやって来た

中山道五拾六次で二大難所と言われる碓氷峠越えは、6/14に攻略済み、残すは最大の難所和田峠だけ

だった。(本当かな他にも難所が沢山あるのでは)

いままでに日本橋→深谷宿、横川駅→岩村田宿と御嶽宿→草津宿と虫食い状態だが攻略済み。

これらは戦略的で合ってやむを得ないところだ

そして今回3連休を使い 岩村田宿から長久保宿(宿泊)翌日、難所和田峠越えを果たし下諏訪宿(泊)

21日に贄川宿を目指す予定

ただし和田峠に関しては公共交通機関が全く存在しない。いつものようにその日歩き終えたら電車で車

まで戻る行動パターンが出来ない。

そんなことからイレギュラープランとなった

19日 岩村田駅近くに車を駐める→和田宿→唐沢地区まで歩く⇒町内循環バス⇒長久保宿に戻り宿泊

20日 長久保宿⇒町内循環バス⇒唐沢地区→和田峠→下諏訪宿→下諏訪駅⇒小淵沢駅⇒岩村田駅

    ⇒自家用車⇒下諏訪宿(泊)

21日 下諏訪宿→贄川宿→贄川駅⇒下諏訪駅⇒帰路

上記の日程を是非遂行したい

DSCF6884
4:10 JR岩村田駅  まだまだ駅は眠りの中だった

そんな拙者も眠い

それでもなんとか身支度を調え旅立ちじゃ 


DSCF6885
今回の旅立ち時は忘れ物は許されない特に

宿泊用品(着替え、下着、洗面用具)、雨具、熊除けの鈴、カメラ、ipad、電源コ

ード、お金、昼朝食、帽子・・・と今までのリュックの重さの倍となっていた。

いつもの行脚は、車に戻るためリュックの中は、雨具、タオル、着替えのシャツ・・・位しか入っていない

だがいくら倍になったとはいえ所詮5kg程度と思われる

DSCF6888DSCF6886
街の片隅には今日明日この街で行われるお祭り

祇園祭』夜店の準備が出来ていた




DSCF6887DSCF6889







DSCF6890
すると商店街に『日本一小さな酒蔵』と暖簾が掛かっていた

日本一小さな酒蔵は岐阜県大野町にある杉原酒造さんでは?

ここは戸塚酒造。真相はどうなのよ


社名合名会社戸塚酒造店
創業承応2年(1653)創業
所在地〒385-0022 長野県佐久市岩村田752番地
代表戸塚 武
杜氏荻原 重雄
仕込水八ヶ岳の伏流水(軟水)

DSCF6891
つどいの館 こてさんね』  4:39  地図

佐久市の岩村田本町商店街に、七つの飲食店が集まった「中山道岩村田宿 つどいの館こてさんね」が6/9オープンした。「気軽に食事できるところが少ない」という客の声にこたえ、同商店街振興組合が空き店舗を活用。新たに飲食店の経営を目指す人を募り、街の活性化を図ることにした。

 「つどいの館」に入っているのは、そば、ラーメン、ハンバーガー、ビール&おつまみ、オムライス、カフェ&ワイン、沖縄料理の7店。店は約13平方メートルから約33平方メートル。ほとんどはカウンターだけの小さな店だが全面ガラスで仕切られているため開放感がある。

こてさんねとは長野県東信地域の方言です

てえさんねえ/こてえされねえ:「居心地がいい」「楽だ」の意。

BlogPaintDSCF6893
岩村田本町交差点を右折、すると今日明日開催の祇

園祭に使われる神輿が置いてあり近くには昨晩の宴

席の名残跡。いいな拙者の住む部落には自慢できる


祭りがない。実行係で祭りという物に参加してみたかったな

DSCF6894
なんだこの巨大玉葱は?

ここは佐久市子供未来館




DSCF6895
4:54  県立岩村田高校 この高校部活が盛んで強豪校だ

え~ボクシング部あるんだ 凄い




DSCF6896
5:41 約1時間歩いた まだまだ気温が低い朝のうちに距離を稼いでおかなくちゃ

塩名田宿まであと1粁




DSCF6897
マンホール蓋考察

旧浅科村時代の物。浅間山と千曲川、周囲には稲穂で縁取ったデザイン

浅科村は現在は佐久市


DSCF6898
5:57  塩名田宿に入っていたと思ったら本陣跡に着いてしまった

地図

日本橋から数えて23番目の宿場町

お願いだから 本陣の看板もう少し豪華にして欲しい。お金掛けろって言うわけではないがプラスチックだ

けじゃあまりにも寂しすぎるだろ









歩いていこう旧中山道五十六次 赤坂宿で貸し自転車で道草

2014.6.22

『歩いていこう旧中山道五十六次』の続編で岐阜県へやって来た

7/5に高速道路料金が東日本大震災復興財源確保のため値上げされるうちに少しでも自宅から遠い宿を

を今のうちに歩いておきたかった

いままでに 日本橋深谷宿間、横川駅岩村田宿間と赤坂宿草津宿間と虫食い状態だがこれらは戦略的で

合ってやむを得ないところだ

そして昨日、御嶽宿から赤坂宿間を歩き今朝は加納宿から赤坂宿まで辿り着いたが列車時刻を間違える

失態をし待ち時間を利用してレンタサイクルで赤坂宿を再度見学しに出掛けた。

DSCF6850
レンタサイクルは美濃赤坂駅で無料で貸してくれる。

駅は、無人だが人が駐在していた。訳を聞けばJR東海の人ではなくJR貨物

の人らしい


DSCF6847
自転車ってこんなに移動するの楽な乗り物だったんだとしみじみ思った

どんなに急いでも歩きでは4粁がやっとだが、ペダル1漕ぎで数メートル

楽だ 歩いているのが嫌になってしまうほど差があった


DSCF6848DSCF6849
洋館の中へ入りボランティアの方から色々な話を聞く

ことが出来た

赤坂港は昔は川幅広かった、荷は桑名まで下る・・・


昔は町中白かった(石灰搬出のため)・・・

やっぱり再度来て良かった

時刻間違いがかえって良い結果に繋がった

まだ神は拙者のことを見捨てては居ないみたいだ

と、思いにふっけって居ないで今度こそ電車に乗り遅れるぞで後にした

DSCF6851
駅の貨物ヤードには大理石が沢山置かれていた






DSCF6852
駅に戻ると モデルを使った撮影が行われていた

名前はわからない

でもローカル線のこの駅 とても趣があり撮影にはもってこいの駅かも知れない


DSCF6853
10:53 定刻通り駅を後にする

JR岐阜駅で降り名鉄岐阜駅に向かう時 黄金の信長像を初めて見た

すごか


DSCF6854DSCF6855DSCF6856
11:43

名鉄加納駅に着いた

これで今回の行脚はお終い




記事検索
月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
プロフィール

toyotaboxy

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ