toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2013年02月

これは本物網走刑務所

2013.2.23

この数年で日本津津浦々まで行った気がするが、最近はこの時期にしか体験出来ないものに凝り出した

昨年の北海道・然別湖の湖上の露天風呂、和歌山県川湯温泉の仙人風呂長崎くんち、高山祭、秩父夜祭り

極めつけは死ぬ前に一度でいいからオーロラが見てみたいで叶ったカナダでオーロラ鑑賞屋久島縄文杉登山

、まだまだ上げたらきりがないほどある

そして今回は、流氷なる物を見てみたく道東網走市に来ていた

網走市と言えば恐らく誰しものが思い浮かべるのは『網走刑務所』だろう

たった今 網走刑務所の復元博物館を見学してきたが是非是非本物も見たくなり出掛けてみた。
P2230450
刑務所手前の網走川に掛かる鏡橋  地図

網走刑務所は、市街地と網走川を挟んだ位置に設置されているため橋を渡らなくては出入りすることは出来ません。

名は「鏡橋」 「流れる清流を鏡として、我が身を見つめ、自ら襟を正し目的の岸に渡るべし」との思いが、その名前の由来と言われています。

懲役刑が確定し収監される受刑者がここを渡っていくと思えば 身が引き締まる(ほんとは寒くて身が引き締まる)

それより現在は護送車であっという間に通り過ぎていくのだろう
P2230451
これが本物の網走刑務所

男性専用刑務所
過去に遡れば重罪犯を収容していましたが、現在では初犯をはじめ2~4年刑期の受刑者が収容されているそうです。刑務所正面には煉瓦でできた正門がありますが、これは修復を除くと開設当時のまま現在に至っています。実際には、現在この正門は開くことはなく、隣の近代的な門からの出入りになっているそうです。また建物も近代的になり空調も整い快適?らしいです。
入所したことがないので実際にはわかりません
P2230452
正門近くに売店があり受刑者が社会復帰する際に役立つであろう手塩にかけた自信作が売られていた。
市価で売られている同等品に比べ破格に値段で売られていた



P2230453P2230454






博物館網走監獄 復元施設とは言え凄すぎる

2013.2.23

この数年で日本津津浦々まで行った気がするが、最近はこの時期にしか体験出来ないものに凝り出した

昨年の北海道・然別湖の湖上の露天風呂、和歌山県川湯温泉の仙人風呂長崎くんち、高山祭、秩父夜祭り

極めつけは死ぬ前に一度でいいからオーロラが見てみたいで叶ったカナダでオーロラ鑑賞屋久島縄文杉登山

、まだまだ上げたらきりがないほどある

そして今回は、流氷なる物を見てみたく道東網走市に来ていた

網走市と言えば恐らく誰しものが思い浮かべるのは『網走刑務所』だろう

確かに2年前に知床に温泉巡りに来ていたが、ここ網走にはお目当ての温泉が無く寄りつきもしなかった
P2230418
網走刑務所と言っても本物ではなく以前使用していた建物を移築した博物館です

博物館網走監獄 〒099-2421 網走市字呼人1-1

Tel:0152-45-2411 

 P2230419

入場料1050円  カード使用不可

H・Pから割引券が使えます



P2230421
見学していたら早速監獄に送還された

でもこの鉄製の格子の一部がビニール製で脱走可能だった



P2230422
受刑者に面会する場面を再現していたが、確かに受刑者の顔を悪そうに作っていたがそれよりもっと気になったのは刑務官の顔だ。こいつの方がもっと悪い顔していた。
そういえば2枚目の門番の刑務官も凄い顔していた
実際刑務官も一筋縄な人では勤まらないってことかな


P2230423P2230424P2230420
展示施設はこれでお終いか?と売店の人に尋ねてしまったほど案内標識がなかった



P2230425
受刑者が塀の外に出て、日帰りできない作業をする場合は「休泊所」と呼ばれた仮小屋で寝泊まりしていた。

これから向かう旭川へ通じるR39道路がこの受刑者が作った道路、明治24年4月から11月までの8ヶ月間に、延べ1,000人以上の受刑者が投入され、工事の進行に伴い、次々と休泊所を建てては移動していきました。

P2230426
それにしても相当極悪人に作られているマネキン

受刑者飯に興味があった
どのくらい不味いのか食べてみたかった。
でもねこの粗食を食べて栄養管理されていると糖尿病が改善される人が多いんだって・・・ つまりは飽食過ぎるんだね
P2230427
ここは現在の刑務所を再現した展示場
館内には暖房が完備しTVまである。この後昔の独居房を見る事になるが、本日の気温-11℃ではどうして暖を取っていた?暖房無しで薄い衣類に布団では死んでしまう



P2230428P2230431P2230430
鉄丸は体験してみたかったな





P2230429
作務衣とつげ傘を纏い受刑者に扮する





P2230433
明治45年から昭和59年まで実際に網走刑務所で使用されていた獄舎です。


中央見張りを中心に、5本の指を放射状に広げたようになっているため、五翼放射状舎房と呼ばれています。

ここは寒い 寒くて死んじゃうよ

P2230432
人気がない今 いやいや人気があってもここ網走市の冬は厳しすぎる

どうやって過ごしていたかが知りたいね



P2230434
浴場

この際だから実際に温泉を引き観光客に開放したらきっといい名物になる事だろう

その際 受刑者用入浴時間等もわかる配慮してよりリアルに再現できたら面白そう

その際は絶対に入浴するのにな

本物の網走刑務所

網走 砕氷船おーろら乗船 1階から見る事をお勧めいたします

2013.2.23

この数年で日本津津浦々まで行った気がするが、最近はこの時期にしか体験

出来ないものに凝り出した

昨年の北海道・然別湖の湖上の露天風呂、和歌山県川湯温泉の仙人風呂

長崎くんち、高山祭、秩父夜祭り

極めつけは死ぬ前に一度でいいからオーロラが見てみたいで叶ったカナダ

オーロラ鑑賞屋久島縄文杉登山、まだまだ上げたらきりがないほどある

そして今回は、流氷なる物を見てみたかった

極寒のこの時期にしか現れない流氷、海が氷で埋め尽くされるというのはど

んな物か クリオネなる神秘な生き物をも連れてくる流氷 ああ見てみたい

P2230435
網走市 港からははっきりと流氷を確認出来る

地図

オホーツク海の流氷は、アムール川から流れ込んで

塩分
が低くなった海水が凍り、凍る過程で塩分が排出されたものといわれる。

P2230438
流氷が海を覆うためにこの道東地方は、日本海側が大

荒れでも比較的天候がよい。反対に流氷が少ない年は

海からの水蒸気量が増し雪が多い年となる

沿岸から流氷が確認できたそのシーズンの最初の日を「流氷初日」という。

乗船料3300円は、ちょっと高かった
P2230436
砕氷船おーろら号  詳しくはここ





P2230439
出発して港湾内こそ流氷がなかったが外洋は流氷で覆

い尽くされていた。

これは流氷と言うよりも Ice field と言った方が適切か

も知れない

薄いものでも10cm中には50cmを超えるものもあった

P2230440
大きな流氷の塊に当たると“ズシーン”と体に堪える震動がある。

それにしてもこの展望デッキは寒い。何が寒いかと言えば顔だ

風上に顔向けてはいられない寒さ 寒いと言うより痛い、まさ

にしばれる寒さだね

P2230441
紋別で運航されている「ガリンコ号Ⅱ」は砕氷方式が「おーろ

ら」と異なり、船体の最前部にあるドリル状のスクリューを回

転しながら砕氷して進む方式に対して、「おーろら」は南極観

測船「しらせ」と同様 氷塊を船の重さで砕氷してゆく方式です。

初めから観光用の設計された「おーろら」は世界初の流氷観光砕氷船ということ

になります。
P2230442P2230443






P2230444
展望デッキから1階に下りてきた
一般人は展望デッキを好むが拙者はこの位置が気に入った

まず進行方向がある程度見える。砕氷した氷に触れるんじ

ゃないくらい近い位置で流氷が見られる

P2230445
この船の特徴である砕氷の仕組みがこの位置でよく解る
船長はわざわざ氷の塊に突進していたのだ。先ほどからの

ズシーンとした震動は業とのことだった。船首を氷の上に載

せ氷を割り前に進。時にはあの塊に突っ込むのかと恐ろしくもなったのもあった。

中には氷に乗り上げたはいいが前に進めずバックし再度突っ込んでいた。

P2230446
これらのことはここ1階のこの位置でしか体験出来ないもの

でこの船に乗船を予定している方は絶対にここがお勧めです

欲を言えばアザラシなどの動物を見てみたかったが この

船がこんなにも面白かったのは意外だった

P2230448
船内に クリオネ が入った水槽があったが、目をこらせど

結局確認は出来なかった

初の流氷見物 とても面白い体験をすることが出来た

面白かったよ ありがとう

台湾 春陽温泉 崖下にあるもう一つの野渓温泉

2013.2.10

2月の3連休を使い2度目の台湾旅行に出掛けた

今日2/10は台湾では元旦の日だった。でも拙者にはそんなの関係ねぇ

それより昨日行くことが出来なかった南投懸仁愛郷にある春陽野渓温泉を訪れたが水害の復旧工事なのだろう

何処を掘っても湯が湧き出す川原は重機で埋められ温泉の面影さえなくなっていた。

P2100303そしてこの春陽温泉にはこの徳魯湾橋を渡り砂利道をすすむと崖下に野渓温泉(湯船)があるらしい

情報筋は【湯けむり台湾紀行】と言う本

現在は舗装された道路を奥へと進むことにした

だが 崖下にあるという野湯は結局見つけられず 終点となるある温泉施設に着いてしまった

P2100307
ここは春陽部落-觀(溫泉營地)と言うキャンプ施設で温泉付きだった

ここでこの本を見せながら 崖下の野湯を知りませんかと果敢にも聞いてみた

すると 知ってるよでも今はCOLD だよ

この程度は理解出来たがさすがに場所までは解らなかった

上の画像は温泉施設 オレンジ色が壁で白色が個室浴場入り口ドア

また円中央には大衆浴場がある
P2100305
この時間 湯を張り始めて間もないのか1/4程度しか貯まっていなかった
そしてこの湯に入るには水着着用である

今更ながら水着着用の湯は勿論 まして個室の湯に浸かることに対して何の感興もわかない

P2100306
まして無色透明のこの湯、これが濁り湯だったなら考えは別だが一般的な単純泉の湯

僅かだが情報のお礼を告げここを後にした



P2100308
影で綺麗に映っていないが桜が咲いていた
恐らく沖縄で見たカンヒザクラと同じ品種と思われる





P2100326
こんなに綺麗なところもあった
今は快晴だが台湾の天気はエリアによってめまぐるしく変わる
今回の旅行で晴れたのはこのときだけだったかな
あっという間にすぐに雨が降り出す
この後も霧や雨に当たる最悪の連休となった



台湾 春陽野渓温泉は水害の痕で消えて無くなっていた

2013.2.10

2月の3連休を使い2度目の台湾旅行に出掛けた

今日2/10は台湾では元旦の日だった。でも拙者にはそんなの関係ねぇ

それより昨日行くことが出来なかった南投懸仁愛郷にある春陽野渓温泉をまず目指すことにした

朝6時あたりはまだ真っ暗の中チェックアウトを済ませ ハイウエイ1号線を南下した

P2100300
ここは高速料金所

この春節(旧正月)期間 0-7時までは高速は無料開放されていた
実際そんなこと知らずゲートで停まり40元を支払おうとしたが無人状態だった
確か電光掲示板に『0-7δθηΑΗΥΩ暫定』意味の解らない漢字が綴られていた
確認出来たのは【0-7】→時間だろうと解った
それ以外では【暫定】もしかしたら0-7時の間お正月料金で加算されると思っていた。
でも実際は0-7時の間無料で通行出来ることだった

P2100301
高速1号から3号線へ乗り継ぐとき初日の出となった。
台湾の高速では一部の路線で1号から3号に乗り換える方法は一度一般道へ降ろされ再度高速に乗ることがある。



P2100302
6号終点のところにあったGSで給油
係員にガソリン満タンを意味する『加満』と言いたかったが発音が解らず
手のひらに『加満』と書いたら解ったらしく給油が開始された

油種 95 

P2100310
14号線を走っていたら『春陽野渓温泉1.5k』の看板発見  地図
ここから谷底の川原まで一気に降りていく。道路は全てアスファルト舗装だがものすごい急勾配でなおかつ細い道。対向車が来ようものならすれ違えない地点も沢山あった
また 雨等で濡れた状態では登り切れるか不安なほどだ


P2100303
谷底には真っ赤な徳魯湾橋が架かっていた。野渓温泉はこの下の川原のことを言うのだろうが大水害があったのだろうその災害復旧のあとらしく重機で綺麗に平されていた




P2100304
橋より上流方面を望むが湯気らし物や人工湯船らしい痕さえ確認出来なかった





P2100309
思い切って川原まで降りてみたが温泉の『お』の字さえなかった
参考にした本によれば 川原の何処を掘っても湯が湧き出ていると書いてあるが
とてもとてもそんな雰囲気ではなく ただの川原と化していた

近年 台湾でもゲリラ豪雨に近いような大雨が降り河川が崩壊することが度々起きている。河川が崩壊イコール野渓温泉の崩壊にも通じる
そしてこの春陽野渓温泉も例外ではなかった。

またひとつ貴重な野渓温泉が消えて行ったのだ
記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ