toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2012年10月

長門湯本温泉共同湯 礼湯   山口県

2012.10.6

初の山口県と行って過言ではない山口県の温泉巡りにやってきた

PA060692
今 長門湯本温泉の共同湯 『恩湯』へ入浴を済ませてきた

そこでもう一軒ある共同湯『礼湯』へ行くことにした

場所はここからすぐ近くにあり この画像のポスト脇の路地を上がっていく

PA060684
およそ100mで共同湯にたどり着くことが出来る

市営の共同湯は、平成14年8月に新築されたらしいが 10年も経ったなんて

感じなかった

PA060685PA060686
入浴料は恩湯と同じ200円





PA060687
湯船はこれ一つの湯  恩湯と同じ源泉の湯だがここは加温しているそうです

ここで地元の人とまた会話が始まった。

ここに来る途中にあった於福温泉はどんな温泉ですか

PA060688
新しい源泉により湯量が増し源泉掛け流しの湯だが加温している単純泉だよ

湯巡りしている拙者にここの温泉より 『俵山温泉』は素晴らしい湯だよ

とアドバイスくれた

PA060689
恩湯の湯は源泉の湯、ここは同じ源泉だが加温している点で見劣りしてしまった

一般人ならこちらの湯の方が適温に近い湯温で快適に感じるが拙者には趣の

ない湯にしか感じなかった

PA060690PA060691
帰り道はちょっこより道 路地裏を散策してみたが

ここにも不況風が吹きまっくっていた。旅館2軒が閉

鎖になっていた

PA060693
では 折角教えて頂けた俵山温泉に向かおう

長門湯本温泉 恩湯(おんとう)共同湯  山口県

2012.10.6

PA060672
山口県にある長門湯本温泉へやってきた

地図  日本全国の温泉巡りを始めてから山口県の温泉には今回が初の訪問と

なった。今まで車での通過はあったがその際は立ち寄り湯はしなかった

PA060673
昔の遺産 洗濯場があったが今は湯が張られてなかった

確かに自然保護のためむやみに湯を使うのは考え物だが、観光の面ではやっぱ

り湯を張っていて欲しいものだ。今はただでさえ不況で観光客減少の中人を呼べ

PA060683るアイテムが一つでも多くあれば人が来るかも知れない

温泉に入ろう  2つある共同湯のうちの一つ 『恩湯(おんとう)』にまず入ること

にした

建物はとても風情がある湯舎。これでゆと浴場の作りがよければ最高だね
PA060682
外観は昭和の趣があるが内装は改装を加えたらしくあまり好感を得られなかった

出来ることなら調和をする作りをして欲しかった



PA060674
大人200円は良心的な値段 さすが市営の湯だね

男湯と女湯では湯加減が違うらしい

男湯は源泉そのまま 女湯は加温しているそうです

PA060675
源泉温度は39℃とやや温めの湯らしい

アルカリ質の単純泉



PA060681
浴場には2つの湯船があったがどちらも同じ湯だった

無色透明の湯は常に湯が注ぎ込まれ源泉掛け流しのぬる湯温泉だった

温いが故みんな長風呂だった。だが真冬はなかなか体が温まらないと地元民が

PA060678PA060679嘆いていた

湯船は結構深く80cmほどあったかな  その縁には腰

掛けられる段が付いていた


PA060677
拙者も結構長く浸かっていたが 次ぎ行く予定もあったので

ほどほどにして切り上げた。次は『礼湯』へ行こう





富士山の麓 河口湖畔の清掃活動とノルディックウォーキング体験⑤

2012.10.27

JTBが主催する環境保全プロジェクトに当選し会長と二人で参加してきた

富士山の麓 河口湖畔の清掃活動とノルディックウォーキング体験
  • 実施日程:2012年10月27日(土)
  • 実施場所:山梨県富士河口湖町(河口湖畔)
活動内容

2013年の世界文化遺産登録を目指す富士山の麓、河口湖畔にて1時間程度の清掃活動を実施します。また、美しい湖畔で富士山を望みながら体験するノルディックウォーキングは、富士山国際ノルディック協会公認の1時間程度のウォーキング。インストラクターによるレクチャーがあり、初心者の方でも安心してご参加いただけます。

また、10月26日~28日には、「有名人と富士山を歩こう!」イベントが開催されており、同イベントへの合流参加も可能です。 

行程

新宿(8:00)=(バス)=河口湖畔(大池公園/清掃活動とノルディックウォーキング体験)=昼食と温泉入浴=お土産ショッピング=(バス)=新宿(18:00頃)


  • 募集人数:10名
  • 発着地:新宿
  • 企画実施:(株)JTB関東
  • 取扱個所:法人営業甲府支店
  • 協力団体:富士山国際ノルディック協会
  • 交通機関:バス
  • 食事回数:昼食1回
  • 最少催行人員/受付最少人員:25名/1名
  • 添乗員:添乗員が同行します。

いよいよこの企画も大詰め 特別ゲストのトークショーと抽選会
PA271020PA271021
ゲストふたりからは 日常における規則正しい生活の

大切さを話されていた。規則正しい3食と睡眠の大切さ

改めて痛感した

PA271022
抽選会が始まった

この手の抽選会には 欲深い拙者はことごとく外れっぱなし・・・だが、

今回は まず会長がキャンプテントをゲットした

PA271024
最近はキャンプには行ってないと話していたがこれを機にキャンプ始めるかな

まずはデイキャンプから始めてみたらいかが



PA271023
すると今度は拙者が見事地元野菜詰め合わせが当たった

白菜・蕪など5kgはあろう新鮮な野菜だった

このお土産が奥様には一番のお土産になった

PA271026
解散後お願いして 岩崎恭子さんと記念撮影お願いできた

とても綺麗な方で 最近結婚と数ヶ月前に長女を出産したばかりだったが

とてもスタイルがよく ツーショット出来てとても嬉しかった

これからも 水泳界にとどまらず多方面で大活躍されることを期待いたします

頑張って下さい


今回JTBさんの企画で『富士山の麓 河口湖畔の清掃活動とノルディックウォーキング体験』に

参加出来てとてもよかった

清掃活動では 釣り糸などの収集が出来たことに誇りに思う反面 これらの後始末は釣り人が

しっかり行えばしなくて済む作業 その点の周知活動にもいつか参加してみたね


また 世界遺産登録を目指す富士山の美化活動にもとても興味がある

今回のような1時間の作業ではなく本格的な美化活動にも参加してみたいな


東日本大震災の発生後には 5回続けさまに出掛けボランティアした心がまたうずき始めた

これから冬場には美化活動が少ない今 来年は数多くのボランティアに参加してみようと心に

決めた拙者でした

JTBさん お世話になりました

『愛の国から幸福へ』の2駅が小説の舞台になる

2012.10.30日経MJ新聞
PA301042
『愛の国から幸福へ』の2駅が小説の舞台になる

ここの舞台となる幸福駅には 今年の2月に

訪問していた  


どんな形でも話題に上がり観光客が増えてみんなが潤えばいいことじゃないかな

SL 岩手で来冬復活 花巻⇔釜石間

2012.10.30日経MJ新聞
PA301041
SL 岩手で来冬復活 花巻⇔釜石間

来冬か待ち遠しいな  運転再開始したら一度は乗ってみたいね
記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ