toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2012年05月

2012.5.14屋久島雨の朝

2012.5.14

屋久島に来て初めての雨だった

P5140457亜熱帯地方のような激しい雨だった

今日の予定は 朝一番の飛行機を乗り継いで千葉まで帰り

午後から会社で仕事の予定


レンタカーを返却する際 すごい雨ですね こんな雨でも縄文杉登山を決行するの?には

ガイドがいれば行くでしょう  って!

ほんとに大雨なんですよ

登山予定されている方 雨の時はスニーカーでは駄目ですよ 登山靴で行きましょう
P5140467
着替えも忘れずに

これは羽田で買ったお土産

バラ臭いだけであまり旨いと思わなかった

鮨居酒屋やしま 島寿司が旨かった 屋久島

2012.5.13

屋久島に来て2日目の夜 (最後の夜でもあった)

今夜は何処で宴をあげようか?と またまた安房の町を散策

屋久島に来て是非 食べたいものがあった

それは 島寿司とトビウオの唐揚げだった

探す条件はカード払いが出来ること・・・でもやっぱり昨夜の店しか無かった
P5130451
やっぱり昨夜と同じ店 『鮨居酒屋 やしま』だ

昨夜の様子はここ見てね

これはお通し 料理名 忘れた

P5130452
島寿司の握り

ネタの種類は今となっては忘れたが うまかった

お世辞抜きでうまかった。屋久島に来て何か得した気分だ

P5130453
恐らくホテルに泊まっていたのでは味わえない味だろう。

それより島の方との会話が面白い

これはトビウオの唐揚げ

P5130454
これも食べてみたい品だった

味的には普通だったが 見た目の感動がすごい

胸びれを広げている姿がいいね  格好いい

P5130455
食べてしまうのが・・・と言っている間にご覧の通り完食

胸びれも美味しんですよと進められ パリパリ・・・旨い

酒飲んで気が緩んだせいか 足が痛くなってきた

P5130456
またやっちまったか

ビール2杯飲んで やっぱり今日は変!

登山疲れが出たかな

今日はこの辺で切り上げるか

でも 屋久島に来てほんと良かった

または、残念ながら無いと思うがいい思い出が出来た

ありがとう 屋久島
                

湯泊温泉 全部で3つある湯船  屋久島

2012.5.13

平内海中温泉に入浴していたら 後から見えた男性が“あっちの湯は温かった”と放った一言に

何か忘れ物をしている気になりメモを書いた紙を見直した

いけねぇ この近くに『湯泊温泉』と言う海岸の野湯があることを思い出した
P5130448
目印は 湯泊郵便局です。局のはす向かいの道を海側に折れる





P5130426
道なりに進むと温泉の看板が出るので迷うことはない

専用の駐車場があり駐車も楽々



P5130427
清掃協力費100円払いいざ入浴





P5130440P5130441
簡易パーティションで仕切られただけの露天風呂

右側が男湯

湯温は38℃とやや微温湯

P5130435P5130436
平内海中温泉のような潮の満ち引きに関係なく24時間

入浴可能。

屋根がないので雨降り時と低気温の時は辛い湯

P5130437P5130438
今度は女湯へ移動。移動と言っても隣です。

簡易パーティションは空中だけの仕切りで湯船の中は

仕切られてません。

P5130442P5130443
この湯船 湯がどこから湧き出し(注ぎ込む)ているのか

同湯人に聞いたが湯が出ているのを感じられなかった

湯は、山側のパーティション足元から出ているそうです

P5130439
湯は男湯から女湯へ移動そして 女湯にはもう一つの小さな浴槽があった

川下に当たるため更に湯温が下がっていた



P5130444
湯船近くに丸い蓋の不思議なものがあった。

開けるとゴキブリが5匹くらいいて吃驚したが この中には排水コックがあったのだ



P5130445







そしてもう一つの浴槽が海岸近くにあった
P5130428
今の湯船から 平内方面へ歩いて50m進むと 湯船が現れる

この湯船は干潮時のみ入浴可能となる



P5130430P5130429
こっちの湯は足元湧出温泉と思われる

泉質は先ほどの湯と同じ

こっちの湯船は清掃が行き届いていないのか苔でぬるぬるしていた
P5130433P5130432
周りを見渡せば 浴槽らしきものがあるではないか

恐る恐る手を入れれば暖かい

これは入浴出来るぞ

P5130431
ここも足元湧出温泉だが、やっぱり苔でぬるぬるの湯だった

ああすごい顔しているな さすがに縄文杉登山後と言うだけあって疲労困憊だ

でも 意外にも気分がすがすがしかったんだよ

P5130434
でも よかった。あの一言を聞き漏らしていたらここに入浴せずに帰っていたこと

だろう。

きっと天使の囁きだったんだろう。

P5130446P5130447
近くには足湯もあったが湯ではなかった

さあこの後は下山祝いの祝杯を挙げよう

平内海中温泉 2度目の入浴

2012.513

縄文杉登山も終えて 安房森林鉄道探訪は結局見つからず

ふと思うと足が痛くなってきた

また悪い病気が始まった。急ぐあまり無理して登ると必ずや足が痛くなってくる。

今回も例に漏れず足が痛くなってきた

そうだこんな時は温泉入って疲れを洗い流そう

また平内海中温泉へ行くことにした

でも 今回干潮時刻が夕方だったのがいい結果となっていた
P5130417
安房の町並

道路は空いていて走りやすい



P5130418P5130419
温泉行く途中に 『焼酎川』のバス停発見

その脇には川が流れていた。もしやこの川の水は焼酎

なのか?


降りて飲んでみるようなことはしなかったが どんな由来があるのかな  地図

調べてみたらその昔、地元の人間が作った焼酎に税金をかけられたのでやむなく川に流して捨てた、

という話かららしい。

近くには三岳酒造さんがあるが 三岳酒造の焼酎はこの川の水を汲み充填しただけではないのか

とても気になる  三岳酒造さんの場所


P5130420
15:40  今回二度目の入浴となる 平内海中温泉へやってきた

5/12 満潮時の訪問

5/12 初めての入浴

P5130421P5130422
今回はシャンプーで頭を洗いすっきりしたところです

そしたらふと現れた客が“あっちの温泉は温かった”と

呟いたのです。あっちってなんだ???

P5130423
一番左手にある湯(昨日外人の娘が入浴していた)

結構な量の湯が海へと流れ去っていった

そんなことより【あっちの湯】が気になり車に戻って調べることにした

P5130425
入浴終了

解ったぞ 湯泊温泉だ。危なく入浴せずに千葉に帰ってしまう所だった

伯父さんありがとうございます

安房森林鉄道は何処まで続くの? 探訪

2012.5.13


屋久島にある安房森林鉄道を調べてみた

安房森林軌道(あんぼう)とは、屋久島にある森林鉄道である。

観光など林業以外の目的で保存されている森林鉄道以外では、日本で唯一現役で稼働している森林鉄道

P5130004である。

現在は、縄文杉登山者の屎尿を運搬するために残されている

時には急患者も運ぶことがある


P5130349
荒川登山口においてあるガソリン機関車





P5130413
ここは登山口から少し歩き始めた地点

左 縄文杉登山道

真っ直ぐ  安房の町方面

P5130355
縄文杉登山中にガイドに聞いてみた

問 屎尿はどのくらいのペースで運搬するの?

  不定期です。 糞尿が一杯になったら運行するんです

P5130403最近では GW前に運搬したが、その後は運搬していないよ

だから線路が真っ赤に錆びていたのか

問 この鉄道何処まで続いているの?

現在も安房の町まで続いているんだよ   ほんとに!後で確かめてみよう
P5130358


一番動かしている機関車が格納されている機関庫

登山道途中にあります


P5130410
そして中には緑色の機関車1両が眠っていた





P5130411
線路を安房方面へ少し歩いて行くと 貨車が置いてあった

歩行者通行止めの看板と共にゲートが閉まっていた

この鉄路何処まで続いているかを調べたがなかなかウェブマップでは記載無かった

P5130412
そして国土地理院のマップには 安房の町まで続く鉄路が記載されていた

屋久島の地図をよく見て下さいね きっと簡単に見つかりますよ



P5130416
でもこのことを知ったのは家に帰ってからです

でも下山後 目星を付けて車で走り回ったのですが ニアミスしたにもかかわらず

見つけられなかった  地図


探索中に時期外れだけどたんかん畑があった

そこには猛犬を放し飼いにしてあった。 荒ましい吠え声にたじろいた拙者でした

たんかん泥棒防止のためかなと 夜 居酒屋でその時の話しをすると

それは猿を追い払う犬よ・・・と言われた

安房森林鉄道はこの畑の奧を走っていた

また ここも通過したがまさか道路の下を走っているとは思わず 通過して松峰橋まで出てしまった

更に国土地理院の地図を見てみれば 始発駅なる位置がすごく間近だったことが悔しくてしょうがない



今度来るときには絶対・・・は、ないな

残念ながら屋久島は素晴らしいが たぶん二度と来ないだろうと言うより来れないだろう

でも 悔しい限りだ




現在は、荒川分岐点を境に、安房~荒川が屋久島電工株式会社の区間、荒川から先が屋久島森林管

理署の区間となっている。

安房~荒川は屋久島電工に払い下げられて発電所の維持管理に使用している。

荒川から先は有限会社愛林に運行委託されており、登山道にあるトイレなどの維持管理に必要な物資

の輸送や、屋久杉の土埋木や昔の切り株などの運搬に使用している。

世界遺産である屋久杉の伐採は原則として許されていないが、土埋木や
昔の切り株は、民芸品、家具、

建材として使用することが認められているためである。

記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ