toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2012年03月

秘密のケンミンSHOWで紹介された 平塚の湯麺 老郷本店

2012.3.24

神奈川県平塚市へやって来た

2012.3.22 日テレの『秘密のケンミンSHOW』にて「中華街には存在しないメニュー」という題目で 

平塚の『老郷(ラオシャ)本店』の湯麺が紹介されそれを目当てに平塚に来たのだ
P3240480

0463-21-3658

神奈川県平塚市紅谷町17-23

11:30~23:00   ランチ営業、日曜営業

P3240482
本日11:20に開店した。放映後と言うこともあって早めの開店かな

店内はカウンター席のみで約20席くらいの大きさだった



P3240481
メニューは 湯麺550円

        味噌麺550円  餃子500円の3品だけのシンプルなものだった

今 丼に酢、ラーメンスープを入れたのが解った

P3240484
意外と早く湯麺が出てきた 注文後7分後のことであった

青湯スープを思わせる透明なスープに冷や麦を連想させる鹹水(かんすい)の

使用量が少ない白色系のストレート麺

P3240485
メンマのチェックはと言えば 長さが揃っている

ここの湯麺にはオリジナルな酢が注入されているため酸っぱいと言うが これが

意外と旨いのだ。されにトッピングの生タマネギのトッピングとわかめがよく合う

P3240486
このスープだけでも申し分ないが、ラー油を入れるとスープが更に引き締まり


味に深みが増した。とてもさっぱりとしたヘルシーラーメン完成だ

とてもよく考えられているラーメンだった

P3240487
もしもう一品トッピングを加えるなら 白菜キムチ付けなんか良く合うと思う

今書きながら思っていたがキムチ入りを食べたくなった

湯麺はもちろん完食 美味しかったです

P3240488
帰り際には 食事待ちの列が出来始めていた

老郷本店



横浜中華街のある神奈川県は平塚市に、中華街には存在しないメニューがあるという。タンメンという名前なのだというが、老郷本店に行きそのタンメンを注文してみた。

平塚市に住む神奈川県民は大量のワカメが乗った酸っぱいタンメンが大好きだという。老郷本店でタンメンを注文して確かめてみると、本当にタマネギやワカメが大量に乗ったものだった。

老郷本店の「タンメン」は初代の岩間敏到さんが考案したもので、お酢を使ったヘルシーな料理を手軽に食べてもらいたいということからだった。1日に多い日で700食売れる。

タンメンについて、鶴田真由は食べたことがないと話したが、久本らは女性が好きそうだし食べてみたいと話した。

 住所:神奈川県平塚市紅谷町17-23 
「老郷 本店」




この日の放映では 栃木県那須塩原市の 『阿Q』さんも紹介されていた

機会を作り阿Qさんにも行ってみよう

また ケンミンSHOW見て 富士市のかつ皿『金時』さん出掛けていた

また番組で面白い料理や話題性の料理があれば出掛けてみたい

新潟名物 鶏半身唐揚げ せきとり本店

2012.3.17

新潟市の名物 鶏の唐揚げ(半身)がまた食べたくて再訪問した

この店には 2010.3.21に初訪問していてその時は一人でカウンターに座って食事をし地元の人と会話を楽しんだ

思い出がありもう一度あの唐揚げが食べたくなり会長とやって来た
P3170465
TEL

025-223-5934

住所

新潟県新潟市中央区窪田町3-199

営業時間


16:30~21:30

P3170468
あのときと比べ焼き鳥が10円値上がりしていた

唐揚げは時価で今日はいくら? と聞いたが 残念ながら忘れてしまった

800円だったかな?

P3170469P3170470P3170466
もつ煮込みのつもりで頼んだが来てみたらちょっと違う

でも何処にも『もつ』とは書いてなかった

P3170467
オーダー後 20分後に唐揚げが出てきた

食べていくうちに昔の感動がどこかへ行ってしまった

あんまり美味しくないのだ


やっぱり 美味しいと思った感動はそのままとって置いた方が良かったのかもしれない

初恋の人に20年後会うようなものかな

でも 本当に旨い物は何度食べても旨いのに・・・

と言うことは あんまり旨くなかったのかな


こちらがタクシーを呼んでもらっている間に 隣席に金沢から来たご夫婦と話が弾んだ

その奥様は秘密のケンミンSHOWを見てこの店に来た また『みかづき』のイタリアンも食べてきたと言って

あれ 拙者と同じ様に行動する人が居るモンだな~と思い 意気投合してしまった

新潟には他にもあるよ 長岡市の『レストランナカタの洋風カツ丼』を話したが知らなかった

タクシーさえ来なかったら もっともっと話が弾み楽しい夜になったと思うと残念だった

にいがた酒の陣2012に行ってきた

2012.3.17

新潟市へやって来た

今日明日と開かれる『にいがた酒の陣2012』のイベントに参加するためであるが、途中寄り道をしたために

ちょっと予定時刻より遅くなってしまった

寄り道先は奇臭泉の『西方の湯』でした。その湯はヨードチンキ臭で今でも体から異臭が漂っていて

このまま人混みの中に溶け込むのは抵抗を感じたほどだった

にいがた酒の陣 H・P   10:00-18:00  入場無料 試飲する方は2000円掛かります

P3170450
現在16:25 当初ホテルへ車を預けてから来ようと思ったがそうなると17時を

ゆうに回ってしまうため、まず現地へ行ってみよう そして雰囲気が良ければ

そこの駐車場へ車を置き明日の朝引き取りに来よう・・・で現地に来た


まず目に入ったのが 帰り客がタクシーを乗るための大行列 

うわー 乗るまでにどのくらい掛かるんだろう  ここで試飲チケット購入する気が失ってきた
P3170453
2階からメイン会場が見えた ものすごい人出がまだ会場内に残っていた

早速エレベーターで会場へGO!

でも 常日頃日本酒など飲まないのに この酒の陣だけは一度は来てみたかった

P3170464
試飲券2000円を払うと この黄色いリストバンドとお猪口をもらえ、これが目印となり

各ブースにて試飲が出来るシステム



P3170455
試飲券を購入するかしないかは、すぐに判断がついた。

実際これと行って飲みたい銘柄があったわけではない

最初の一口二口ぐらいまでは味がわかるだろうがその後は惰性になる

P3170458
ほんとに味わいたいなら飲食店でじっくり味わいたいが本音であった

と言うことで試飲券は購入しないで会場内を散策した



P3170456
会場内でライブも行われていた

Your Friends=新潟市を拠点に活動し県外でのLiveも行うなど、活動の幅を広げている。キャッチー &POPをテーマに作られる曲は、世代を問わず人気を集めているグループ。

P3170457
初めて聞いたが とても聞きやすく歌も上手かった

Your Friends H・P



P3170460P3170462
もう少し会場周りをしてみた

それにしても日本酒大好きな方がこんなにもいるとは

思わなかった

P3170461
「酒粕発行食品」コーナー」
 
美味しくて健康に良い、今話題の酒粕発行食品「さかすけ」を使用した食品をご紹介。



P3170451P3170454
亀田製菓コーナー

チョコ味の柿の種とオリジナルゆるキャラ『ターン王子』



P3170452
夜 ホテル近くの寿司屋さんで食事中 まだリストバンドを付けたままの人がお酒を

飲んでいた。でも必ずと言ってビールを飲んでいた。拙者達は、日本酒 『久保田』

『麒麟山』を飲み飲めなかったお酒に舌鼓を打っていた

P3170463
酒の陣の後 『せきとり本店』での食事後タクシー運転手さんにお勧めのお酒は

何ですかと聞いたら 村上市の『〆張鶴』と言っており会長がそれを飲んでいました

辛口の端麗の日本酒でした


感想

入場料 2000円はちょっと高すぎませんか

本来の主旨は 金儲けよりも日本酒の振興が目的?(ほんとは知らない)

ここで気に入った日本酒を見つけて今後の購入に結びつけ需要拡大が主旨だろうと思う

そうなれば 2000円は高すぎる 2000円払えば相当量のお酒が飲めるし買える

1000円当たりが妥当な線だろう

それと従来のお酒とは別に話題性のあるお酒を用意してほしいものだ

ヨードチンキ臭の湯 『西方の湯』 源泉を見つけたよ

2012.3.17

新潟県胎内市 西方(さいほう)の湯へやって来た

本来の目的は『にいがた酒の陣2012』だが、ちょっと寄り道をした

この湯へは これで2度目の訪問であった

初回は 2010.10.10 自分の意志では二度と来るまいと思っていた湯だったが

今回 悪友の会長と一緒のため敢えて 石油臭のする『新津温泉』より 悪臭名高き『西方の湯』を選んだのだ
P3170447
わけなく西方の湯へ着いたが、相も変わらず 不気味な外観 そして館内のインテリア

通路は電気を消され真っ暗 あちらこちらにあるアンティークと思えないがらくたの山々 

明かりの灯らない夕刻の頃だったら とても一人で入浴する勇気はない

P3170444P3170445
脱衣場、前回訪問した際の雑誌記事がまだ掲示してあった

破れ具合も全く同じだった

でも不思議なことに日焼け現象は進んでいなかった

P3170439
う くせぇ そうそうこの臭い この臭い こんなに臭かったかな

ヨードチンキ臭の湯 知る限りでは日本唯一の湯

ここは熱い湯船   今日は比較的入りやすい温度だった

P3170440
2回目の入湯だったがこれほど臭かったかなと首をかしげてしまうほど臭かった

会長は この悪臭にたまげ湯船に恐る恐る足を湯に浸けていたのが滑稽だった

よくよく聞いたら 熱くて難儀していたそうだ

P3170441 
湯口は相も変わらず真っ黒で劇熱の湯が流れ込んでいた

掘削自噴の湯そして強食塩泉  これを調べたときにこの湯舐めたんじゃないだろうな

とてもじゃないけど 飲泉なんて考えられないし 洗髪、洗顔なんてとても出来なかった

P3170442
今こうしてブログを書いていて以前の記事を見れば 同じ感想をそのまま書いていた

月日が経とうと奇臭の湯の体感は、まるっきり同じだった為笑いがこぼれてしまった

まさしくtoyotaboxyのブログは拙者のブログであった

P3170443
でもこの湯 2度目の訪問だが、必ずと言っていいほど他の客が入浴している

帰り際にも入浴しに来た人とすれ違った

この湯 効能が凄いのかな 地元民が良く通っているらしい

 前回もそうだったが、露天風呂には湯が張られてなかった

もしかしたらもう使うことはないのかなこの露天風呂!

P3170448
会長が着替えている間に 女湯入り口の奧まで探検して館外を見れば

湯けむりが見えるではないか もしかしてあそこがこの湯の源泉かな

玄関で靴をはき直して 敷地沿いに歩いて見に行った

P3170449
画像はないが石油掘削基地か天然ガスの基地(小さな施設)奧に

その地点があったが 冬期のため枯れているのかガスのため枯れているのか

解らないが木に葉が無く、安易に近づこうとする拙者の足を止めてしまった

さすがこれ以上進めず断念してしまった

でもここがこの西方の湯の源泉であるに間違いなさそうであった

入浴を終え 再び車を走らせると 車内はあのヨードチンキ臭で充満し

ふとした拍子で手を鼻に近づけると“くせぇ~”と何度も声を出していた

こんなに臭かったかな

以前より臭さが増した気がした

これから 『2012新潟酒の陣』と『せきとり本店』へ行く予定

この悪臭漂う体で群衆の中入っていけるかな

真湯でシャワー浴びてから上がるんだった

湯田中温泉 平和の湯 共同湯

2012.2.26

長野県にある湯田中温泉にやってきた

ここの9湯ある共同湯巡りをする為である

大湯   2012.2.25入浴  地図  

綿の湯   2012.2.25入浴  地図
わしの湯   2012.2.26入浴  地図
千代の湯   2012.2.26入浴  地図
滝の湯   2012.2.25入浴  地図
白樺の湯   2012.2.25入浴  地図
弥勒の湯   2012.2.26訪問  地図
平和の湯   2012.2.26訪問  地図
脚気の湯   2012.2.26訪問  地図

大湯も含め基本は、地元民および宿泊客専用となり、毎月26日に一部の共同浴場は一般客の入浴が
P2260379
可能になる。

そうなんと今日は26日ふろの日だったのだ

宿を取ったのは偶然ではなかったのだ 必然だったのだ

P2260391
弥勒の湯の近くにもう一つの湯があった

平和の湯

だが、ここも解放にはならない湯だった

記事検索
月別アーカイブ
Amazonライブリンク
プロフィール

toyotaboxy

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ