toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2011年09月

術後目が覚めた よかった

2011.9.15  晴れ


良かった  目が覚めたよ、永遠の眠りにこのまま入っちゃうかとも思った


12日  13:05に睡眠導入剤を打たれたらと思ったら寝ていた


手術中の事は何も覚えていない

P9130405
目が覚めたのは翌13日朝4時ごろだったかな


まだ麻酔が効いていてどこも痛くもかゆくもなかった


ただ、鼻には胃までのチューブとチンチンにはおしっこを出すチューブと酸素マスク、


痛み止めの麻酔チューブが付いていた

P9130406

術後こんなに調子いいのかと思った程だった


昼前には、酸素マストと胃までのチューブが外れたとここまでは順調だった


気分が悪くなったのは13日夜からだった


立つと立ちくらみ、腹痛、便意、ベッドから起き上がる事さえできなくなっていた


結局  13,14日とベッドの上で寝ていた


みんな術後3日ぐらいから歩き始めるがとてもとてもそんな状態ではなかった


ベッドの上に状態を起こすのさえ気持ち悪く


夕方  リハビリの先生が来て  足の筋肉の衰えを防ぐストレッチをしたが


最後に起立の姿勢を2ー3分気持ち悪くそのまま寝込んでしまったのだ


夕方には、38.6度まで体温が上がり気持ち悪いのと悪寒で処置してもらった位体調がおかしくなっていた


ベッドの脇に簡易トイレを設置してもらい、夜中8回も便をした


色は深緑色の宿便だった


回数を増す度に気持ち悪さが薄れて行くのがわかった


今までの気持ち悪さと腹痛はこれが原因だったんだ


お陰で今朝は、スッキリ爽快までとはいかないが、一人でトイレに行ったほど


見違えるほど元気になった


あとは背中にある麻酔のパイプだ


この麻酔パイプを抜いてしまったら痛みはどの位になるのだろう


ま  いいや   これから頑張ろう


9/12手術

2011.9.12   手術の時刻が刻々と迫ってきた

BlogPaint予定では午後1時だが、午前中術前最後のCTをとった

やはり大腸に便がたくさん残っていて、このまま手術を行うと便からの細菌で

縫合箇所が炎症を起こす可能性がある

P9120376そこで一時的に人工肛門を取り付け12月頃に再度取り外す手術を行うことを

医師から了解を求められた

9/9病名宣告から今度は人工肛門・・・と、勘弁してくれと心が叫んでいた

9:25 手術着に着替える
P9120377P9120378
手術予定箇所をサインペンで描かれたところ

腹腔鏡手術だそうだ

腹腔鏡(ふくくうきょう、: Laparoscopy)は、体表皮膚より腹腔内挿入する内視鏡器具、もしくは手術手技のこと。
P9120380P9120381
13:05

いよいよ手術に向けて睡眠導入剤の注射が始まる

これが痛かった

P9120386P9120388
拙者はなかなか薬が効きにくい体質なのか

6分たっても意識があった

パパとお別れの握手

P9120390P9120391P9120393
この辺はあまり覚えていない





P9120394
13:28

いよいよ出棺?死人じゃないぞ

病室を出る この頃は深い眠りの中

P9120395P9120396P9120399






P9120400
これが術前最後の写真

ここから約3時間の予定

術中は鼻にチューブを入れられたり、膀胱にチューブを入れられたりなにされて

                いるんだかわからない

P9120401P9120402
予定より大幅に遅れ18:59出てきた

まだまだ麻酔が効いていて深い眠りの中



P9120403
摘出した腫瘍

大きさはクルミ大まで大きくなっていた

こいつのおかげで拙者は、大変苦しんだ


先生曰く 『下剤の影響で腸がブヨブヨに膨れあがっていた。転移可能性のあるリンパ管も取り除いた。

他に転移は今のところ見られないし 状態は思ったよりも早期だったと・・・』

我が家族 この腸と腫瘍を見たくせに夕食は焼き肉屋へ行きホルモンを食べたそうだ

異常だな

緊急事態 ミッションからオイル漏れ発覚

2011.8.14

新穂高温泉 露天風呂に浸かりいい気分
IMG_0989
あれ車の下が濡れている 何だろう

あ・岩間温泉で岩にぶつかって漏れたんだ

赤色だからラジエター漏れか

IMG_0990スタンド見つけ補充液を買うか水購入し補充しながら家に帰ろう

途中でエネオス発見 症状を見てもらったら

ラジエターじゃないねミッションオイルだ

これ以上走れないよ

走ったらミッションが焼き付いておシャカになるよ

それにしても岩間温泉からここまでよく走れたもんだね

その間高速も走行してきたんだろう

不思議だ

で、どうすればいいのですか?

IMG_0991レッカー呼んで牽引して修理工場まで運んでもらうしかない

幸い車両保険入っていたのでレッカー代50km無料

高山市街にあるトヨタ岐阜店まで運んでもらった

ただし 17日までお盆休みで車を置いて拙者だけ自宅へ帰ることになった

高山→新宿行きは出たばっかり

仕方なく高山→名古屋駅行き 高速バスに乗り

名古屋駅→東京駅行き 高速バスにうまく乗り継ぎが出来

8/15 朝8時頃自宅に着いた

今回の修理代 35万円

加徴レッカー代 17000円

その後 入院、手術と散々だった

本来自分でまた高速バスに乗って車を引き取りに行く予定だったが

陸送をお願いした

高山→千葉間 2万円

結構高くついた 参った

これがこの夏の事件だった



新穂高温泉 露天風呂

2011.8.14

次は新穂高の湯 露天風呂  地図


◇新穂高の湯(中尾高原口バス停下車徒歩2分)

槍ヶ岳や笠ヶ岳を望みながらの露天風呂は一幸です。 ゆっくりと新穂高温泉の湯のぬくもりに

身をひたせば、心まで四季折々のやさしい色に染まっていきます。
開設時期6月23日 12:00~10月31日
 ◆湯温が36℃~37℃と、
   ぬるめの湯となります。
開設時間8時~21時
利用料金寸志(200円程度)

ここには以前二度訪問しているが期間外で入浴できず 今回が三度目の正直だった
P8140303P8140290P8140291






P8140302
自噴と書いてあるが脇にポンプ小屋がありどう考えてもポンプで汲み上げて

いるしか考えられない



P8140299P8140301
料金箱と脱衣場

男性は裸が多いが女性は水着を着ていた



P8140292P8140295P8140296
この辺りは温い

盛夏だから許せるが10月下旬

頃はきつい湯温

P8140298P8140293
この湯はポンプで汲み上げたと思われる湯

さすがにホース近くは暖かい



P8140294P8140297
無色透明の湯

硫黄の香りも感じられず単純泉かな



P8140300
河原近くには自噴の湯があった

ただし先客が占領していて拙者は、入浴できず終わってしまった

先ほどの大露天風呂にもあちらこちらから湯が沸き出しているのかな

この湯に入浴する方は、よく開設期間を確認すること

盛夏の頃ならいいが、初夏や晩秋時は湯温が低いことがあるので注意が必要

思いもしなかった見舞客

いやー吃驚した

P9110374中学三年の時の担任の先生が見舞いに来てくれた

「私わかる」

微かに残る記憶を振り絞り  服部先生ですね

そうよ当たり

24年前に同窓会でお会いして以来の再開だった

先生は当時と余り変わりはなく、耳のあたりの癖っ毛ですぐにわかった

さらに卒業アルバムを持参していただき目を通すのは久しぶりだった

懐かしい!   青春時代の果敢な時期の写真   ほんと懐かしいな

わんぱく坊主が写っていた

思いもかけない見舞客に吃驚したのだ

やっぱり お見舞いに来てくれるのは大歓迎だね

逆を考えれば、知人が入院したら(相手の都合もあるが)出来る限り顔見るだけでもいい

見舞いに行こうと思う今日この頃だった

先生いつまでもお元気でいてください

ありがとうございました

記事検索
月別アーカイブ
Amazonライブリンク
プロフィール

toyotaboxy

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ