toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2010年08月

大深温泉

2010.8.16

ふけノ湯を後にした。

通りに出たらふけノ湯の反対側に大深温泉があるではないか

ちょっと寄ってみる

大深温泉(おおぶかおんせん)は、秋田県仙北市大深沢にある温泉。  地図

十和田八幡平国立公園内、八幡平アスピーテラインから側道を入った先に、1軒宿の「大深温泉」が存在する。

但し、宿といっても完全に湯治施設である。宿泊棟はオンドル小屋
のみ。


日帰り入浴も同湯治施設で可能である。
2010年08月28日_IMG_1719



通りから長い坂道を降りていく

2010年08月28日_IMG_1722ここは湯治スタイルでしか宿泊できない温泉

通路には硫黄が吹き出ていた

今は夏だが 横になってみるとこれが又気持ちいい

2010年08月28日_IMG_1721
晩秋の寒い頃 ここで過ごせたらなんて贅沢なんだろう




2010年08月28日_IMG_17202010年08月28日_IMG_1723お風呂

源泉が高いので・・・

熱すぎだぞ

2010年08月28日_IMG_17272010年08月28日_IMG_1726源泉から引き込んできた湯

湯温68.3℃



2010年08月28日_IMG_1725お風呂目の前を流れる沢水

やけに冷たいと思ったら7.4℃しかなかった



2010年08月28日_IMG_1724すぐ近くを流れる沢

湯ノ華で真っ白だった

さぞかし暖かいと思って手を入れてみると

これが又冷たいのだ  冷泉だった

でもこのまま流れていくのはもったいない話だ

今回初めて大深温泉に寄ってみたが、これが本来の温泉場。

こんな宿に一度は泊まってみたいと思った。

近年「蒸けの湯」のオンドル小屋は山津波で流され今は存在しない。

再建の予定もないみたい。近くの赤川温泉、澄川温泉というところも山

津波で破壊され施設が存在しません。

この大深温泉はそのようなことになりませんように願うばかりです。

蒸ノ(ふけの)湯温泉  露天風呂と野湯

2010.8.28

次行ってみよう 蒸(ふけ)ノ湯です  地図

蒸ノ湯温泉(ふけのゆおんせん)は、秋田県鹿角市八幡平にある温泉。

八幡平の山腹、アスピーテラインから奥に入った標高1100mの高所に一軒宿の「ふけの湯温泉」が存在する。子宝の湯であることから、館内にはそれにまつわって金勢様が多く奉納されている。旅館の建物にに付随して、男女別の内湯・露天風呂がある。旅館から数百m離れた窪地に5つの混浴・女性専用の露天風呂と地熱を利用したオンドル浴小屋がある。露天風呂の照明にはランプが使われる。日帰り入浴可能。

古来より温泉は女陰であるとされていることから、温泉が枯れずに湧き続けるように男根である金精神を祀っているという温泉も多い。金精神を祀っている温泉としては、岩手県花巻市の大沢温泉やここ蒸ノ湯温泉
などが知られている。
2010年08月28日_P82808872010年08月28日_P8280889
入浴料500円

内湯露天込み料金



2010年08月28日_P82808902010年08月28日_P8280909
露天風呂の看板先を降りていったところの風景

後で発見した野湯



2010年08月28日_P82808912010年08月28日_P8280892

→女性専用露天風呂




2010年08月28日_P8280893露天風呂の真ん中を流れる川

それは 湯川 であった

護岸が高くてこの辺では降りられないがどこかにいい場所ないかな


2010年08月28日_P82808942010年08月28日_P8280895
まずは混浴露天風呂

誰も入浴していなかった

白濁した湯
2010年08月28日_P8280896
飲泉してみるとゆで卵の味がした





2010年08月28日_P8280897こちらの湯はやや温かった

加水・源泉掛け流し。湯色は透明だが源泉によ

っては湯の花によって
白濁するというが、湯は

白濁していた。湯底には湯ノ華がうっすら貯まっていた
2010年08月28日_P82808992010年08月28日_P8280898温熱浴施設

地面を触ると暖かかった




2010年08月28日_P8280904混浴施設から川に向2010年08月28日_P8280901
かってみたら

なんと湯溜まりがあったのだ



2010年08月28日_P82809032010年08月28日_P8280902
ここが何とも気持ちいいのだ

この岩のお陰でどこからも見られず、深さ50cm位ある。

湯温は快適。 ただし湯底は泥が貯まっていた。
2010年08月28日_P82809052010年08月28日_P8280906
男湯

ここは違う源泉だが

内容的には似たような湯だった
2010年08月28日_P8280908
2010年08月28日_P8280907
女湯も同じ源泉

今度は館内の内湯へ



2010年08月28日_P8280888館内のフロントとふけの湯神社

子宝の湯であることから、館内にはそれにまつわって金勢様が多く奉納されている。




2010年08月28日_P82809162010年08月28日_P8280910男湯露天

3つある源泉のうちの一ッが館内の湯だろう

でも先ほどと同じ似たような湯だった


2010年08月28日_P82809152010年08月28日_P8280911






2010年08月28日_P82809142010年08月28日_P8280912館内内湯






2010年08月28日_P8280913


















藤七温泉 (野湯)  岩手県

2010.8.28

次は藤七温泉

ここは、2010.8.16に旅館の露天風呂に入浴したが

野湯には入ってなかったため再トライ
2010年08月28日_IMG_1718
ここは藤七温泉から山へ400m地点     地図

3台位駐められるスペースがあるのと橋が目印


2010年08月28日_IMG_1703湯船が50m下に見える

これは期待できるぞ と山道を降りていく



2010年08月28日_IMG_17072010年08月28日_IMG_1706
上の画像の左側の湯船

湯温49℃ 熱くて入れない


2010年08月28日_IMG_17112010年08月28日_IMG_1704
右側の湯船

一番道路に近いところ

湯温33.2℃

ややぬるかった 結構山水を引き込んでいたためだ

もう少し気温が高ければ最高なのに 湯船の底には簀の子板が敷いてある

2010年08月28日_IMG_17092010年08月28日_IMG_1710もう少し上に行ってみよう

←見るからに熱そうだ

→ここからしたを望む

すぐ近くに湯船が見えるが熱くて入れない

赤線は降りてきた道。


2010年08月28日_IMG_1713今度は下の方へ降りてみた

旅館の引き込み湯かな



2010年08月28日_IMG_17152010年08月28日_IMG_1714意外にもこの川湯が一番の適温だった

もう少し湯量と湯船になる湯溜まりがあれ

ば入浴していた

2010年08月28日_IMG_1717
車に戻り 再度振り返ったところ

ここはすばらしい 感動した



入浴済みの泥湯一覧

別府保養ランド藤七温泉宿の湯、後生掛温泉恐山湯坂温泉

正津川野湯酸ヶ湯温泉地獄沼

草の湯と出光イーハトーブトライアル

2010.8.28

東北・野湯・名湯・グルメの旅 リベンジ

前回廻れなかった一部を廻ることにした。

草の湯

初回は、2010.06.19 林業活動中で林道に入ることが出来なかった

2010.08.16 出発する直前までの大雨のため朝から行くのを止めていた

今回8月28日 天気快晴  コンディション最高  睡眠時間3時間
2010年08月28日_IMG_1694
東北道 松尾八幡平ICから安比スキー場を目指す。

地図

スキー場脇の道を山の方へ上がっていく分かれ道。

左 ブナの森と言う施設  安比温泉(野湯)方面

右 草の湯

2010年08月28日_IMG_1697現在 6:50 まだ開いていなかった

ここでは熊情報や山の現在のことを教えてくれる  地図

山には入る前には是非立ち寄りたい

                しかたなし草の湯へ向かうことにする



2010年08月28日_IMG_1696先ほどの分岐点から6.9km地点

八幡平草の湯コース登山口

又今日もひもが張っていた。このぐらいなら通れると通過

2010年08月28日_IMG_1695
50m進むと今度はワイヤーで通行止め

南京錠で結ばれ突破無理。

これでは、草の湯には行けない

この先の車止めからは歩いて30分だが、ここからはどのくらい掛かるか

皆目見当も付かない  

もし出掛ける方いましたら 岩手県北部森林組合に確認されるといいですよ

電話0195-72-2221

早速電話してみました

 回答は、『年内の通行止め解除の予定はありません。伐採した木

などが道のそばにあり危険なので終日通行止めにしている。

年が明け 雪解け後も登山道内で別の伐採作業を行うので通行止

め解除の予定は当分ありません。』

そこで八幡平観光組合にクレームのメールを送りました

 kanko@hachimantai.or.jp  

このブログを見た方も“通行止めは、作業のない日は解除して”と

発信してください

このような声が集まれば御役所も動いてくれるでしょう

ほんとは森林組合なんでしょうが、我々は観光客なのです。

観光組合と通じて動いてもらいましょう


 

2010年08月28日_IMG_1700安比まで戻ってきた するとトライアルの大会が今始まろうとしていた


第34回出光イーハトーブトライアル大会

8月28,29日 

安比高原




2010年08月28日_IMG_16992010年08月28日_IMG_1698





2010年08月28日_IMG_1701これが第一組スタートの瞬間です

午前7:30スタート

関東一高 白井グランドとTVで放映された店

帰りがけ関東一高白井合宿所グランドを訪ねてみました

2010年08月22日_P8220885
関東第一高等学校(かんとうだいいちこうとうがっこう)は、東京都江戸川区松島二丁目にある私立高等学校。以前は男子校であったが、2004年共学化した。略称「関商」「関一」。


つい最近まで行われていた第92回全国高校野球で同校は8進出。

おめでとう
2010年08月22日_P822088622日は新チームによる紅白戦が行われていた



近所の話題のお店 

マルエイ 白井店

クロマグロの解体ショーなどが行われていた千葉県のスーパー。

ワイズ・カフェ

玉置浩二が安全地帯を組んでた時のドラマー田中裕二が経営するカフェレストラン。

 住所:千葉県白井市根1710 

http://www.chizumaru.com/maplink.asp?SER=all&D=all&X=504114.463&Y=128817.766&SCL=339

菊川工業

2泊3日で職探しをするという“就活バスツアー”の第一弾ツアーの参加者たちが向かっていた企業。フジテレビ社屋の球体部分を手掛けたとのこと。
参加者たちが経営者から直接事業内容を聞き、工場などを見学している様子が映っていた。

記事検索
月別アーカイブ
Amazonライブリンク
プロフィール

toyotaboxy

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ