toyotaboxyのblog

せんちゃんのグルメ&秘境の湯旅行記

2010年08月

子熊を見たぞ

2010.8.28

予定では、この後川原毛大滝湯に行くつもりだったが ここから70km

もうすぐ5時にと言うことで今回はここで終わり

何か美味しいもの食べて帰ることにした

北上市に向かうため国道を走っていたら 熊の子供が国道を横切る

瞬間を見てしまった。

一瞬のことでカメラに納めることは出来なかったが、間違いなく熊の子

だった。一度は通り過ぎたが好奇心で戻ってきたが既に見あたらなかった

そこで 近くの道の駅錦秋湖 で熊情報を店の人に伝えた。  地図

子熊の近くに親熊は居なかったと聞かれたが居なかったと答えた



2010年08月28日_IMG_17782010年08月28日_IMG_1775
変な物を売っていた

乾燥まむし・すっぽん


2010年08月28日_IMG_17762010年08月28日_IMG_1777
夫婦まむし

木酢液



安比温泉に行くときに 地元の人から熊除けの道具は必要だと教えれ

今は山中を歩くときは熊鈴を鳴らしながら歩いている

ラジオは必需品、無いときは手をたたく、大きな声で唄を歌うも有効です。

森の住民 熊さんには気をつけましょう 

見立ての湯  廃墟の湯

2010.8.28

うぐいす旅館の復活を願いつつ 次へ行こう

ここも3度目の正直の見立ての湯  地図

2010年08月16日_IMG_1692
分岐点 ここは左の舗装路へ進む

8月16日は夕暮れ時の大雨で通行止め

以上進めなかった

2010年08月28日_IMG_1761
今日は雨の心配なし 日没まではまだ時間が

ある

見張りの湯のことがあるのでここから歩くことにした。

ここから1500mの所に見立ての湯入り口がある

約25分間の歩きだ頑張ろう 

道は通行止めにする、になるような所はなかった。ほとんど平坦な砂利道で歩きやすかった。
2010年08月28日_IMG_1762
約20分で着いた

やっぱり不似合いな看板

出来れば丸太で作って欲しかった
2010年08月28日_IMG_1763
最初 入り口が解らず難儀した

でも 勘が当たったからいいものの普通では見過ごしてしまう

看板がなければ通り過ぎていただろう

2010年08月28日_IMG_1764
看板を作った人に感謝

入り口だけが解りづらいが、山道は先人たちの足跡で解りやすく歩きやすかった



2010年08月28日_IMG_1765隠し見立ての湯?

ここが見立ての湯源泉だろう

パイプが地上に現れていた
2010年08月28日_IMG_1773
ここの沢には湯が流れていた。

湯温は32.7℃ やや温いな 

見立ての湯は温いかな
2010年08月28日_IMG_1766
やっと見えた ここまで5分の道のり




2010年08月28日_IMG_1767枯れ葉が5枚ほど湯に浮かんでいたが

湯船はとてもきれいな状態だった
2010年08月28日_IMG_1768
早速検温 39.4℃

湯の綺麗さは抜群。 湯温の最高

我慢できず入浴
2010年08月28日_IMG_17692010年08月28日_IMG_1770
意外と深い浴槽だった

苦労してたどり着いたこの湯。だからこそ他の人より思い

入れが激しかった。

2010年08月28日_IMG_1771
もう一方の湯船には湯が入っていなかった。

左右対称の湯船 男湯と女湯かな

ここは、元鉱山労働者用施設らしいが

鉱山に女性はいないだろう なんなんだろう?
2010年08月28日_IMG_1772
是非もう一度真っ赤に燃える秋に来てみたいものだ



それから 車に戻り 車で入り口まで再度来てみたが、丁度片道1500

mだった。道も乗用車でも十分問題なく走れたが、やっぱり通行止めは

通行止めです。歩きましょう。

2010.5.3訪問記

2012.8.14 道路通行止めで湯にたどり着くことが出来なかった

鶯宿温泉  (足元湧出温泉) 浴槽が壊れ休業中

2010.8.28

鶯宿温泉(おうしゅくおんせん)は、岩手県岩手郡雫石町にある温泉。  地図
2010年08月28日_IMG_1758
盛岡の奥座敷の温泉

お目当ては、足元湧出温泉のうぐいす旅館

だが昨年の9月17日の大雨で浴槽が壊れた

2010年08月28日_IMG_1759
為現在休業中。知っていたが一度行ってみた

かった、見てみたかったから寄ってみた

是非いい湯だからこそ復活して欲しいものだ

復活するためなら寄付してもいいよ 

大深温泉 見張りの湯 (野湯)

2010.8.28

さあ次行ってみよう

次は見張りの湯 再度チャレンジの湯だった

地図はたぶんこの辺だろう?  地図

ここは2010.8.15 日没間近2010年08月15日_IMG_1677と降雨のため断念した湯でもあった2010年08月15日_IMG_1676

画像は8/15





2010年08月28日_IMG_17292010年08月15日_IMG_1679
←3km地点
ブナ沢林道分岐点

→4.1km分岐点


2010年08月15日_IMG_1678
5.1km地点

冷水林道分岐点



2010年08月28日_IMG_17308.1kmの沢

前回はここが濁流となっていた。

幅1m 深さが検討付かず ここから先一歩も進めず

              ここで断念した地点
2010年08月28日_IMG_1757
約10km Y字路

ここにはこの様な看板があります 『発電所専用通路につき

関係者以外の立ち入りを禁止いたします』とこの先も車で行

けますが、荒れた砂利道に急勾配 2駆の車はここに駐めて歩きましょう(残り約500m)

注意  4駆でも降雨時や雨上がり後など滑りやすいと思われる日は、

     下りるの止めましょう

     晴れが続いていたので2駆で下りたら上がれなくなってしまい

     たまたま通りがかった4駆の人に助けてもらった苦い経験が出来た。

2010年08月28日_IMG_1731
11.1km地点

車4台が限界駐車スペース

11:50出発

2010年08月28日_IMG_1732
この道が予想外の急勾配の連続路。





2010年08月28日_IMG_1733
発電用の取水施設があるため立ち入り禁止の看板 (石仮戸取水口)

現在12:00 10分経過



2010年08月28日_IMG_1734
コンクリの石道路出現

現在12:08  18分経過

ここを過ぎれば道は平坦となります

2010年08月28日_IMG_1756
川沿いの道

吊り橋まではもう少し



2010年08月28日_IMG_17352010年08月28日_IMG_1755やっと着いた大深吊り橋?

大深とは今朝入った温泉の名 もしかしたら 結構近いのかな

だって林道11kmも走ったんだからな  
             現在12:15 25分経過

2010年08月28日_IMG_1736
この吊り橋登場 状態はいいが結構揺れて怖い。

でも青森市にある田代元湯の吊り橋の方が

もっと怖かった記憶がある

2010年08月28日_IMG_1737
この橋からは人道が作った道が続くんだ

こんな僻地までもこんなに整備されていることに不思議に思った

現在12:18 28分経過  到着

見張り小屋とは名ばかり立派な建物であった

2010年08月28日_IMG_17532010年08月28日_IMG_1754
湯船には建物に沿って回り込むと現れる





2010年08月28日_IMG_17522010年08月28日_IMG_1742小屋を回り込むとすぐ近くにあります

やっと着いた→

大深温泉見張りの湯


2010年08月28日_IMG_1751見張りの湯近くに川があり、川の対岸に渡り撮影してみた

実はこの川が又凄い事になっていた 川のすべてが湯であった

湯量こそ少ないが列記とした湯川であった


2010年08月28日_IMG_17382010年08月28日_IMG_1739←川上を望む

それにしても熱い 湯温は72.4℃もあり

奥が暗くてよく解らないが、神秘的と表現出来る

2010年08月28日_IMG_1743
川下を望めば、こちらは川上とは対照的に明るい景色が広がる

時間が許せば川下に下がり 適温の湯溜まりを見つけ入浴したかっ

たが、この奥地でこれ以上動くのは危険と思った

             この湯だまりと化した見張りの湯より魅力的なのは解っていた

2010年08月28日_IMG_1746
←見張りの湯に注ぎ込む引き湯口。

湯温63.6℃もあったがほとんどが湯船には入ってなかった為

             辛うじて入浴出来たがこの湯全て注ぎ込んでいたら熱くて入浴ど

ころではない

2010年08月28日_IMG_1744←湯船の湯温46.5℃

これは結構熱いぞ、気合いを入れて入らないと入れないぞ

意を決して入浴開始

2010年08月28日_IMG_1745セルフターマーが下りる瞬間に入浴シーンを撮ったが

でも意外にも入ってられたが熱いのには間違いない。

青森の田代元湯はこれより熱かった記憶がある

あの時は温度計忘れた失態をしたが、恐らく50℃位あったんだな

でもこの湯 湯が注ぎ込んでもいないのに何故熱いの?

また 湯が流れ出してもいない 湯底は緑苔が生えていた

2010年08月28日_IMG_1747足元湧出温泉でもなさそうだ

辺りを観察すれば湯船の周りの石すべてが熱かった。

地熱帯の上に湯船があって自然と熱されていたんだな(自称仮説)

でも引き水が欲しい こんなに苦労してきた湯 微温湯でゆっくり浸かりたかったが、本音

だった

2010年08月28日_IMG_1748湯から上がり辺りを徘徊 気になる物を見つけた。

見張りの湯へ引き込むゴム管の行方であった

追跡開始


2010年08月28日_IMG_175030m上流にこんな湯船が?

それとも湯を流すための湯貯め施設か?

直径80cm位と小さくここで入浴は適さない


2010年08月28日_IMG_1749水面は湯ノ華で覆われていおり

湯温を計れば59.3℃もあり入浴施設では無いことが確証できた

この温度での引き込み湯ではちょっと辛い

更に進みたかったが この奥(上流)は、草ぼうぼうで恐ろしいのでこれ以上探検する

のは止めたのは言うまでもない。

見張りの湯は、まだまだ未開の湯。神秘の湯。辺りに広がる野湯施設群らしきもの

次回来る機会があれば 

★上流を調べてみたい

★下流に下っていい湯船(野湯)があるか歩いてみたい

宿題が出来てしまった 今度いつここに来られるかな



この後地獄が待っていた

あのY路地から下まで下がったのがいけなかった。

車を動かした迄はいいが坂の途中でタイヤが空転、登れないのだ

何度トライしても登れない

やっちまった どうしようと途方に暮れていたら

地元の4駆車が後を来た

『登れないんです 助けてください』

私を助手席に乗せて ローギアでトライ

何度か失敗したが 見事クリア

こんな山奥で立ち往生したら・・・考えただけでもゾっとした

国道まで約11km 歩いたら3時間 携帯は繋がらない

レッカー呼んでも2~3時間待ち

食料はほとんど積んでない

せめてもの救いは 携帯ガソリン20L積んでいること

野湯廻るなら 携帯ガソリン、ロープ、スコップは必需品 

立ち往生と言えば 2011.12.24福島県不動湯温泉にてスタッドレスタイヤで登れず

チェーン装着したアクシデントがあった



 













 
 


新玉川温泉 

2010.8.16

次行ってみよう

今度は新玉川温泉  玉川温泉には2度入浴したことがあったが

新玉川温泉に入ったことがなかった  地図

2010年08月28日_IMG_1728
ここは新玉川温泉に向かう橋の上

玉川毒水という酸性水を中和させる施設

一般には公開されていない

玉川毒水

強酸性の湯は湯治においては人々の役に立つが、かつては田畑を枯らし、魚を殺す「玉川毒水」として恐れられてもいた。1940年に、玉川の中和を図るためこの酸性水を田沢湖に導入し、希釈して放流する事業が行われたが、その結果そこに生息していたクニマスなど多くの魚類が絶滅している。

現在では下流の玉川に流れ込む前に石灰により中和処理を行い、pHの数値を高めて(アルカリ化)から放流される。1972年(昭和47年)から、東北電力の協力により、野積みの石灰石に酸性水を散いて中和させる「簡易石灰石中和法」による処理を開始。1989年(平成元年)の中和施設の完成(本運用は1991年)により玉川の酸性度は更に緩和された。1990年には下流の宝仙台付近に玉川ダムが完成、中和後の沈殿と攪拌も行うようになった事により、有史以来秋田平野の最大の難題であった玉川毒水は、現在基準地点付近でpH6.8にまで回復した。しかし田沢湖の水質は目標に未だ届かず、回復の努力が続けられている。

玉川温泉は、本格的湯治場として人気が高く、長期で滞在する湯治客も多い。きわめて宿泊の予約が入れにくいため、1998年に同経営の「新玉川温泉」が、さらに2004年には別経営の宿「ぶなの森玉川温泉 湯治館そよ風」が新玉川温泉の近くに開業している。湯治
向きの玉川温泉に対して、新玉川温泉は観光客向けに作られている。玉川温泉と新玉川温泉とでは、新玉川の湯の方が刺激も少なく入りやすい。これは、源泉から長距離引湯している影響である。

2010年08月28日_P82809312010年08月28日_P8280930
玉川温泉と同じ湯瀬グループ

基本的には玉川温泉と同じ作りの湯船らしい

入浴料600円







2010年08月28日_P8280929
男湯入り口

今日は大曲の花火大会の影響で混んでいるそうです



2010年08月28日_P82809182010年08月28日_P8280919←源泉50%湯

→源泉100%の湯




2010年08月28日_P82809212010年08月28日_P8280920
←源泉50%

→名物蒸し湯



2010年08月28日_P8280924
弱酸性湯に入浴

これが又ここではとても入りやすい



2010年08月28日_P8280928
今度は露天風呂へ

露天風呂と岩盤浴は玉川温泉にはない施設



2010年08月28日_P82809252010年08月28日_P8280926






この新玉川温泉 開湯して12年の割には施設はとてもきれいだった

又この近くに「ぶなの森玉川温泉 湯治館そよ風」も出来たが、同じ玉

川温泉の湯を引いている。同じなら元祖の玉川温泉に入りたい。

新しく作るなら違った活用の温泉を作って欲しかった。

奇跡の湯ならではの 何かが欲しかった。

記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ