2020.6.6

今、檜枝岐にある檜枝岐歌舞伎(愛宕神社)を見てき
たが、隣町の南会津町
にも農村歌舞伎の舞台があっ

DSCF6323
た為立ち寄った。ここは「
大桃の舞台」と呼ばれてい
る。地図
大桃地区にある駒嶽神社の
境内にある舞台で、明治28

DSCF6321年に再建されたものです。
舞台の間口約8m強、正面
上部に破風(はふ)があり
、正面の小廂(こびさし)
がついた切妻造で、全国で

DSCF6324も珍しい兜造の茅葺き屋根
の作りとなっている。 舞台
中央部には二層になった迫
りが固定の状態で作られて
いる。江戸時代の幕府直轄

DSCF6328地「南山御蔵入」だった南
会津地方では、冬期の唯一
の娯楽として農民による農
村歌舞伎が盛んに執り行わ
れ、この南会津地方には歌

DSCF6322舞伎舞台37ヶ所、一座35ヶ
所と記録が残っているが、
時代の変化から各地で歌舞
伎が衰退しこの大桃地区も
同様に一端途絶えてしまっ

DSCF6329たが、地域の貴重な宝「大
桃の舞台」を地域おこしに
活用しようと、2007年(平
成19年)から「大桃夢舞台
」が再上演されるようにな

DSCF6325った。開催日は、年一度の
8月第一日曜日で、2020年8
月2日の公演は中止と発表
されています。舞台の見学
は一年中出来、ここでは舞

DSCF6326台にスリッパが置いてあり
舞台に上がることが出来る
ようで拙者達もその舞台に
立ってみると、檜枝岐とは
大きさこそ違えど多くの地

DSCF6327元民や観光客の拍手や、歌
舞伎独特の叫び声「大向こ
う」が聞こえたのは空耳じ
ゃない気がする。見学は無
料。2020年の開催が中止と

なってしまった今、一日も早い新型コロナウイルス
の終息を願ごう。