2019.5.4

時代が平成から令和に変わり、新紙幣は2024
年度の上半期をめどに発行されると発表があっ

DSCF6274たが、1万円札に「近代日
本経済の父」と呼ばれる
渋沢栄一翁が選ばれた。
温泉巡りなどで度々使う
埼玉県上武道路に、今回
の一万円札の人物となる

DSCF6275渋沢栄一翁生家の看板を
ちょくちょく見ていた。そこ
で渋沢栄一記念館へ立ち
寄った。 地図
以前中山道を完歩した際
にJR深谷駅前に立つ渋沢

DSCF6276翁像を見て、「日本の金融
の父」と言うことは知ってい
たが、他どのような人物であ
ったのか、それを知りたけれ
ばここに来るのが一番だろう。
入館料 無料。

DSCF6277展示は、年表を並べるだけ
にしか思えずもう一工夫が
欲しいが、新一万円札の顔
となる渋沢栄一を知りました。
近代日本の礎を作った男を
感じることができました。

DSCF6278急遽発表された為、この記
念館職員も沢山の来館者に
手を焼いていた感が拭えま
せんでした。



DSCF6279DSCF6280






DSCF6282DSCF6283