2019.4.21

久しぶりの筑波山登山に来ていた。
無事山頂神社本殿に参拝を出来意気揚々、

DSCF6011この先寄りたいところが
あった。それは旧筑波山
郵便局舎。 地図
まもなく郵便局と思ったら
御幸ヶ原登山道で見た「
つくば道」の石碑が現れ

DSCF6012た。へぇーつくば道の前
局舎があった。それは旧
東海道や旧中山道を歩
いていたときの光景が蘇
る。現在で老舗と言われ
るメーカーなどは必ずと

DSCF6013言って街道に沿って存在
していた。
 昭和14年建築当時で洋
館風作りとは珍しい。
だがこの郵便局も昭和5
0年に新局舎が完成しそ

DSCF6014の役目を終える。
ああ、勿体ないこんな素
敵な局舎を再活用してい
ない・・・のも納得出来て
しまう。


DSCF6015局舎前のつくば道は、す
ぐ上を走る県道には出る
には階段道を登らなくて
はならず車の進入は無
理な地に建っており現在
の車社会ではこの局舎

に車DSCF6016で乗り入れるのは
凄く大変であった為再
活用も出来なかったの
であろう。
この局舎が日の目を浴
びるのは毎年4/1と11/1

のお祭りの際に玄関とが開かれ往時の面影が
蘇る。2019年の11/1は金曜日とあって来訪は
無理だった。
それにしてもこの旧筑波山郵便局のこと、つく
ば市観光案内書・観光協会HPにも載ってない。
そのようなことからつくば市は、観光資源と思
われていないのが残念だ。