2018.8.12

夏休みを利用してきた東北の旅に来ていた。
道が海に迫りいよいよ地の果てとなっていった。
DSCF1626小高い丘に登るとそこは、
元青函トンネル工事現場の
最前線基地があった地に作
られた青函トンネル記念館
地図


実は下調べが出来て折らず会長からの海底駅に
行ける施設とアドバイスでここにやってきた。
ここでは、青函トンネル記念館【体験坑道】海面下
140mの別世界をご案内.

【海面下140m体験坑道(トンネル見学コース)へは、
ケーブルカー竜飛斜坑線に乗ってまっしぐら】

トンネル工事の作業坑として使われた一角に体験
坑道展示場が作られています!
実際に工事で使われた機械や器具が展示され、
大工事の現場の雰囲気を味わうことができます!

DSCF162713:59 だが現在50分待ち。
ここで50分待つのは辛い。
この先竜飛崎を巡り芦野公
園にあるキャンプ場まで移
動がある。


DSCF1629これを知っていたなら温泉を
早く切り上げてここに来ていた。
なんと日本一短い私鉄「青函
トンネル竜飛斜坑線 もぐら号」
でもあった。
青函トンネル工事における作

DSCF1630業員の移動や 物資の輸送な
どを目的として建設され、旧・
竜飛海底駅に9分で海面下
140mへ行くことが出来ます。



DSCF1628仕方ないか・・・成り行き任せの
旅だもの。展示ホール見学しよ
う。でもなんか下手くそな展示方
法。見ていて引き込まれるもの
がないんだ。駄目だ帰ろう会長。