2018.7.14

3連休を利用して信州長野へキャンプへ行くぞ!
先ずは第一目的地 国宝松本城に向けて車を走らせるだけ
じゃ詰まらない。温泉寄るぞ・・・で寄り道したは、上田市にあ
る霊泉寺温泉。高温注意報の出ている今、温泉日和とは真
逆だが、やっぱり温泉は外せない。

DSCF1322さあ 本日最後の温泉に会長を案内し
たは、乗鞍温泉にある無料の湯「せせ
らぎの湯」。この湯にはこの地方に来
るたび寄る大好きな湯でありいままで
に4回訪問し今回で5回目であった。


DSCF1323いつものようにドアを開け中にはいると
大混雑の湯になっていた。ライダーグ
ループやら計7名が入浴していて、定
員3名ほどの湯が溢れかえっていた。
その為暫し待つことにした。


DSCF1324だが、なかなか上がる気配がない。女
湯は、入浴している気配がない?それ
なら女湯に入っちゃうぞ!・・・って本気
で思っていたほどだ。



DSCF1325大好きな温泉に入浴を出来ず待つのは
酷だ。よく犬は餌を目の前にして‘待て’
が出来ると感心する。思わず‘もう充分
だろ早く出ろ’と叫びたくなるほど苛立っ
ていた。


DSCF1326すると女性観光客がこの秘湯を見学に
現れ女湯へ入っていくじゃないか。“入
浴ですか”
‘いや見学だけよ’・・・と言うことで拙者も
一緒に中へ入っていき写真をパチリ。


誰も入っていないのならこの湯に入浴しちゃおうかなと思ってい
たらライダー諸君がぞろぞろ上がり始めた。

DSCF1327いやー待った!時間にして16分だが気
持ちは1時間超えているくらいだ。
以前と全くと言っていいほど変わらぬ湯
に安堵し入浴開始。



DSCF1328この小さな湯にちょっと前まで大勢が入
浴していた余韻は直ぐにかき消され山
間の中の秘湯に戻り我々を癒してくれた。
いい湯だね会長
そうだな こんないい湯とは思わなかった


DSCF1329でもいつも思うことだが、こんな少ない注
ぎ込む量で湯温を保つのは無理があり、
きっと湯舟の中に別な注ぎ口があるはず
だが確認出来ない。
ま!いいか。今は無心に温泉を楽しもう。


DSCF1330でもそんなにゆっくりも出来ない。これから
80km走り馬羅尾高原キャンプ場へ行か
なくちゃ成らない。後ろ髪引かれる思いで
湯を後にした。バス停から湯舎の間にあ
る温泉升。この湯が・・・結構な湯量が流
れていくじゃないか。やっぱり湯舟の中に

DSCF1331注ぎ口があるんだろうな。

家に向かう車内で会長曰く“今回の旅で一
番良かった湯はこのせせらぎの湯だった”
と言ってくれ連れてきた甲斐があったもん
だ。

でも会長と温泉巡りして7年も経つがこの湯に連れてきてなかっ
たのが不思議なくらいだ。今日もし時間があれば未だこの先に
いい湯があるんだよ。
栃尾温泉荒神の湯、新穂高の湯、荒城温泉恵比寿の湯
今度案内するから待っててね。