2018.7.14

3連休を利用して信州長野へキャンプへ行くぞ!
先ずは第一目的地 国宝松本城に向けて車を走らせるだけ
じゃ詰まらない。温泉寄るぞ・・・で寄り道したは、上田市にあ
る霊泉寺温泉。高温注意報の出ている今、温泉日和とは真
逆だが、やっぱり温泉は外せない。

さあ次行こうで立ち寄ったは、鹿教湯温泉文殊の湯。
DSCF1294ここ鹿教湯温泉には2つの共同湯が存
在し、その一つの高梨共同湯には、今
まで2度入浴している2012.1.8 2017.
9.23
が、この文殊の湯には未入浴であ
った為今回立ち寄った。


DSCF1297文殊の湯 地図 湯端通 りを歩き五台
橋のたもとあるのが文殊の湯。
まだ真新しい湯舎には、違和感を感じる
が、入浴しよう。



DSCF1298この時間帯は無人の湯。自販機で入浴
券を購入し投入箱に入れるシステム。





DSCF1299泉質は鹿教湯温泉内全て同じ湯の単
純泉。5つある源泉から湯を混合し、各
旅館やホテルへと配湯されている。
この時間入浴客は居ず独占の湯となっ
たが、内湯には浸からず露天風呂へ
移動。

DSCF1300内村川に面し緑を愛でながらの入浴を
楽しめる筈だったが、日射しが強すぎ
て眩しくてリラックスどころかストレスを
感じちゃう。
内湯に戻ろう。


DSCF1302とはいえ、躰を洗うための入浴ではなく、
どちらかと言えばリラックスか休息を求
めるが、内湯では視覚からのリラックス
度は全くと言って無い。こんな湯なら長
居は無用で上がってしまった。


DSCF1303
だが、内村川沿いは楓の名所。秋の紅
葉シーズンには、燃えるような赤を楽し
みには、来てみたいと思っうが、入浴だ
けなら鄙びた高梨共同湯の方が拙者に
は合う。

DSCF1304DSCF1305DSCF1306






DSCF1307温泉脇にある鹿教湯温泉最古と言われる
源泉跡を見ることが出来るが、全くと言っ
て湯の気配がなく枯渇したようだ。