2018.6.23
谷川岳にリベンジしたいが、山の天気に好評な「てんきとくらす
」を豆にチェックするが、梅雨期とあって天候が安定しない。
IMG-016722日になってやっと雨マークが17-18時のみと替
わり、‘明朝5時頃から登れば昼頃までに戻ってこ
られそうだ’で、急遽決行を決めた。

無事山頂を極め下山出来た。
往路の際に未だ締まっていた谷川岳山岳資料館

DSCF1239に寄り道することにした。

谷川岳にかかわらず山岳資料・登山資
材などを展示している無料の施設。



DSCF1237エントランスに置いてあるのは昔のザック
足が痛くて担げないが、40kgあるそうだ。
白馬岳や北岳の際には約18kgを背負い
登山してバテたがその倍の荷物を背負い
登山していたなんて昔の人は凄かった。


DSCF1235DSCF1236谷川岳、一ノ倉沢
の写真・資料展示





DSCF1238これは一ノ倉沢用の登山資材。
ピッケル、カラビナ、ロープ・・・

詳しく見たかったが足が痛く、早く車に
乗って足を休めたいが本音だった。
でも昔の登山道具と今の登山道具比
較が出来て面白かった。