2018.6.23
谷川岳にリベンジしたいが、山の天気に好評な「てんきとくらす
」を豆にチェックするが、梅雨期とあって天候が安定しない。
IMG-016722日になってやっと雨マークが17-18時のみと替
わり、‘明朝5時頃から登れば昼頃までに戻ってこ
られそうだ’で、急遽決行を決めた。

車は、白毛門登山口駐車場に駐め西黒尾根登山
道にて谷川岳山頂を目指す。

DSCF1204谷川岳はロープウエイを使った比較的簡
単に登頂出来るが、拙者は西黒尾根ル
ートで登頂を目指す。
前日に谷川岳登山指導センターに天気と
登山道について電話すると‘西黒尾根ル
ートは、とても滑りやすく雨が降ると危険。

DSCF1205更に鎖場が数カ所あり最短ルートなかん
ずく急勾配が続く・・・’
ならば 早朝出発し昼頃までには下山し
ようと決め登山開始、山頂まで3.7km 4
時間、9時頃までには着きたい
 4:58

DSCF1206DSCF1207早速の急登の連続。
初めての標識が現
れた。 5:47
その後も樹林帯の
中約1時間延々と
進む

DSCF12086:29
登山開始から1時間半後急に視界が開け
た。谷川岳天神平スキー場全景が丸見え、
このスキー場には若い頃何度となく訪れ
早い年だと11月下旬にシーズンインし、
初滑りを楽しんだものだが近年は訪問し
ていない。

DSCF1209すると最初の鎖場が出現。 6:34
今にして思えばここが樹林帯最後の地でもあり難
所の「ラクダの背」の始まりでもあった。
ここから始まる鎖場の岩は、皆つるつるに磨かれ?
岩が濡れているときは、特に危険であり早急な階
段設置をして欲しいと願う。

DSCF1210DSCF12116:54 ラクダの背標
識に到着。これから
も続く急登の連続路
にややうんざりする
も尾根を吹き抜ける
涼風に癒される。

DSCF12126:58 巌剛新道との分岐点に到着。
これでラクダの背難所を通過。
巌剛新道(がんごうしんどう)とは、マチガ
沢沿いの平坦な道を上る引き替えにこの
分岐点手前に待つ急登の連続道は西黒
の急登を凌ぐ勾配がある。因みに谷川岳
は日本一の急登の山とも言われる。

DSCF1213DSCF12327:44 ザンゲ岩
ここの急斜面も辛い。
ザンゲする暇もない
ほど追いつめられて
いく。


DSCF12147:57 肩の小屋手前に残る雪渓。アイゼン
なしで楽々進める。





DSCF12157:59
肩の小屋付近にある道しるべ





DSCF12168:05 谷川岳トマノ耳 到着
1963m 別名薬師岳とも言う
3時間で登頂成功。ああ疲れた。




DSCF1217さすがに山頂は涼しいを通り越してじっ
としていると寒いくらいだ。
もう一つの耳オキノ耳へ行こう。




DSCF1218登山道に突如現れた黒いホース。
肩の小屋に由来の物と思われるが、飲
料水なのか 不明であった。




DSCF1219そのホースを辿るとマチガ沢谷底方面へ
伸びていく。肩の小屋配水管をわざわざ
100mもこの地へ延ばす意味が解らない。
上水道を山頂まで上げることなど出来な
い。何だろう?


DSCF12208:20 オキノ耳到着。
この頃からガスが出始めた。天気が崩れ
るのかな。夕刻からは下界でも小雨が降
る予報。記念撮影し下山を急ごう。



DSCF1221オキノ耳 1977m
別名谷川富士と呼ばれていたが、国土地
理院
の標記ミスで、それ以来トマ・オキの
二つ耳が谷川岳と呼ばれるようになってし
まった。


DSCF1222DSCF1223チングルマ






DSCF1231復路 肩の小屋へちょっと寄り道。
山頂(トマの耳)のすぐ下にある山小屋
肩の小屋」です。
避難小屋を改装し有人山小屋にしたた
め定員40名ととても小さな山小屋。


DSCF1225早速入り口から中へ入ってみよう。
写真撮影の承諾を得て撮影させて頂い
た。




DSCF1226DSCF1227DSCF1228






DSCF1229有料トイレ 100円はポッチャントイレ。
やはりここの小屋には水場がなく、水は
大変貴重。
キャンプ場無し。



さあ下山開始しよう。山頂で同じになった人は、下山はロープウ
エイで帰ると言うが拙者は敢えて同じ西黒尾根ルートで下山。
でも西黒尾根ルートは、下山の難易度が高く初心者には不向き
であるため、注意を必要と言われいる。
8:48

DSCF1233歩き始めて直ぐに膝に痛みが出てきた。
登頂時急ぎ過ぎ為だろう。ストックを使い
ショックを掛けないようにやっとの事でこ
こまで下山したが、1時間46分も掛かり
この辺りから足を引きずるようになって
いた。

DSCF123411:13 登山口に大袈裟ながら命からが
ら辿り着いた。
復路 2時間25分 往復約6時間の行程
であった。

雨にも降られず無事登山を終えたが、

日本一急登と言われる谷川岳はきつかった。