2017.8.14

3度目のタイ旅行も後半戦だ。今アユタヤでワット・マハーター
DSCF8805
トを見学したが、何せ暑くて参った。

暑いときは???海に行こうで、海を目

差しLet's go!

海に出ては見たけれど ブルーの海が・・・ヘドロの海と化してい

た。川から流れ出た泥で一面灰色の海に吃驚した!

タイと言えばプーケットやパッタヤーなどの美々しいビーチリゾ

ートが存在しバンコク郊外でもと淡い期待を抱きやって来たもん

だから歎息してしまった。


ここから100km先にはビーチリゾートのパッタヤーがある、“会長

車に乗れ!パッタヤーへ行くぞ”


だが走り始めて気が付いた やっぱりパッタヤーは遠い、啖呵を

切った以上自分の口から“行くの止めた”とも言えず手懸かりを探

していた。


すると右前方にこの地に不似合いな高層ビルが現れ道草を決め

込んだ。DSCF8852


ここは、仏教法人Wat Hong Thong 地図

お寺の名前はワットホーントーン

DSCF8853
タイ湾に突き出た海上寺院ですが、これは

何?意味不明 意図不明 理解不能

イミフ チンプンカンプン怪しいところに来

DSCF8854てしまったかな

本堂へ通じる桟橋には風鈴?が願掛けされ

ているが潮風の影響で朽ちている物ばかり。


DSCF8855
現在は干潮時らしく干潟が広がっているが

先ほど寄った運河河口の残像がまだあるの

かヘドロにしか見えない。

DSCF8856
でもこんな地にも生き物がいる。あれって有

明海に住むムツゴロウじゃないか



DSCF8857
海軍か またおかしくなってきた





DSCF8858DSCF8859DSCF8851






何だろうね、このトレードマーク調の造形物は。

DSCF8860






DSCF8861
これは住居なんですよ





偶然訪れた奇妙な寺院 どんな御利益があるのか知らぬが面白かった。

日本人ツアーでは絶対訪れない地であった。