2017.1.1

HAPPY NEW YEAR (~o~) おめでとう今年もよろしく

年末年始の休みを利用してイタリア旅行に来ていた。

DSCF6672
着いたスペイン広場 20:26  地図

初回は改修工事中で防護壁の隙間から微かに全体

を垣間見る程度で凄く残念な念だけが残ったが、やっ

DSCF6673と階段内に踏み入れることが出来た。 初回の記事

初回とは違った視点で書き綴ろう。先ずは階段を登

ってその視界を堪能しよう。


DSCF6674
うわぁこれが、ローマの休日に時間経過が不自然に映

っていた時計か!こんな間近で見られるなんて

この時計がある施設は、Trinità dei Monti教会です。

DSCF6675
スペイン階段こそ見えないが、臨時設置の電飾ツリー

、更に高級ショッピングストリートのコンドッティ通りに

続く光の道が綺麗。

DSCF6679DSCF6680DSCF6678






DSCF6677
舟の噴水だが、ぶれてしまった。

夜間撮影の大敵は、手ぶれによる画像の乱れ。

だからといってフラッシュ撮影は決して綺麗に

写せない。皆さん夜間撮影は、フラッシュ無しで三脚などの固定器具

を使うと綺麗に撮れます、その三脚だが大型はとにかく持ち運ぶのに

苦労する。そこで100均でミニ三脚なる便利なものが売っている。

拙者のように失敗しないよう綺麗な画像を残そう。



DSCF6682
イタリアの救急車。日本のサイレンも特殊だが、

ここイタリアのサイレンは聞き慣れないせいか

とても異様に思えた。

DSCF6683
さすがに今日は ハードスケジュールだった。

だから今日はここまでで観光を終えホテルに

帰ろうとA線地下鉄スパーニャ駅にやってきたが

切符買う客の大行列にめげた。

宿まで約4㌔、歩いて1時間なら歩いて帰ろう