2016.11.5

久しぶりの大分旅行に来ていたと、言うより今回の最大の目的

は、神話の里・高千穂に行くことだった。

九州には何度も来ているが宮崎県を訪れたのはまだ1度きり。

土日だけの日程では厳しいが、可能な限り宮崎・大分を楽しもう。

そういえば何か忘れ物をしている気が・・・あ、天岩戸神社に参拝

DSCF5941するのを忘れてた。

天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ) 地図

岩戸川対岸の断崖中腹にある「天岩戸」と

呼ばれる岩窟(跡)があり、日本神話に登場する天岩屋であると

言われる。

DSCF5942
時刻はすでに5時半を過ぎ辺りは闇に包ま

れようとしていた。急ごう天岩戸までは、ま

だ距離がある。

DSCF5943参道を本堂?を急ぎ足で駆け抜けた。

高安河原入り口に着いた。17:35

画像は明るいように映っているが、真っ暗に


近い。細いコンクリ道をひたすら降りていく

まさかこの時間に人に出会うとは思わなかったが、意外にも数組の

カップルとすれ違った。

“まだ見学できますか”

“灯りが全くなく厳しいかも”

DSCF5945
17:40 着いた

洞窟のため灯りが全くない。フラッシュ無しで撮

影したが全く解らないほど闇の中。

DSCF5946
今ここにはもう一組のカップルが居たから拙者も

いることが出来たが、独りではとても無理。

何かに押しつぶされそうなただならぬ気配に恐ろ

しさを感じ取っていた。

仰慕窟(ぎょうぼがいわや)と呼ばれる洞窟には天安河原宮があり、思

兼神を主祭神として八百萬神が祀られている。

この付近では「願いを込めて小石を積むと願いが叶う」として多数の石積

みがみられるが、行うのを忘れるほど動揺していた。

駄目だ。引き返えそう。

鬼太郎が居たならきっと【妖気】が感じます・・・と毛が立っただろう

今まで味わったことのない奇々怪々な出来事であった。

DSCF5947
帰り際だが、お参りをすることにした。

ここまで戻ってきてやっと正気に戻った気がした

が、これは只単に暗くて怖かったんじゃない、

あそこには霊気があるんだ。きっとそうだ。そうだ。

DSCF5948
来年の11月の3連休は、もう一度この地を訪れ

ようじゃないか

もう少し明るい時間帯に高安河原を参拝してみ

DSCF5950たいし、『夜神楽シーズン』の初めの11月3日に

毎年行っている神楽を見てみたい。
2016年の時間の予定は次の通りです。
 

DSCF5951午前9時半 神迎え神事
午前10時  神楽開始
午後10時  神楽終了