2016.10.8

長崎くんちを見に出掛けるゾ!

今日のくんち2日目は、「庭先周り」の日なので今日は

観光しながら夕刻長崎入りする。

DSCF5428
牧のうどん店だ、この店ケンミンSHOWで紹介

された店だったが、先ほど『呼子、萬坊』にて

いか料理を鱈腹いやいか腹食べたから食べら

れない。またくんちからの帰り道に見つけたら食べることにしよう。


ケンミンSHOWより
・トッピングNo.1は、ごぼうの天ぷら「ごぼ天」。
ごぼ天のほかに、カマボコを丸く固めて揚げた「丸天」もトッピングの大定番。そして、多くのうどん店が、ネギが入れ放題だという。

・福岡のうどんの麺は、柔らかいのが特徴。
福岡のうどんは20分程茹でて、麺を柔らかくする。しかも、麺をあらかじめ茹でておき、注文を受けてから1、2分温めるスタイルが基本だという。また、生地の段階で他県のうどんより長い「半日寝かせて熟成」するため、茹ですぎの柔らかさではなく、歯ごたえのある麺に仕上がるのだという。

・サイドメニューの定番は、「かしわのおにぎり」。
かしわのおにぎりとは、醤油ベースのダシに、鶏肉・にんじん・ごぼうなどを入れて炊き込みご飯にして、おにぎりにしたもの。

・福岡には、うどんチェーン店も数多く存在。
「ウエスト」…県全域に72店舗を展開。24時間営業の店が多く、シメに訪れるお客も多い。
「牧のうどん」…福岡市郊外を中心に18店舗を展開。麺が普通盛りで500gもあり、しかも福岡屈指の柔らかさ。まぜると汁気を吸収するため、ダシを足しながら食べるのが定番。
「資さんうどん」…北九州市を中心に35店舗を展開。うどんのほかに「ぼた餅」が人気。うどんを食べた後のスイーツとして熱愛されている。