2016.7.16

久しぶりに温泉旅行に出掛けることにした。先日行った那須周辺の温泉

巡りが懐かしく3連休と言うこともあって新潟から長野界隈の秘境を巡る

ことに決めこんだ。今 惣滝へ向かう道の未整備につき踏破を諦めた。

次は、赤倉温泉の源泉小屋だ。

そこには保守管理をする関係者が、作業後に汗を流す露天湯が存在する。

その露天湯を見てみたい、さらには入浴できれば最高・・・だが、場所がは
DSCF4081
っきりしないんだ。解っているのは黄金の湯側の登

山道を登った先にあることだけ。



DSCF4063
どのくらい歩いただろう 車が登れるように整備された

道をどんどん進むが、その限界地点からはエンジン

付きリヤカー?が1台やっと通れる道幅に変わる。

DSCF4077
途中小規模の土石流後がありもし今日も濃霧の中の

決行だが、雨が少しでも降ってきたならと思うと怖くな

った。

DSCF4076DSCF4064
着いた。意外と遠かったな。

さて露天風呂はどこかな

地図

DSCF4065
小屋の裏手にその湯船があったが、栓が抜かれ空っ

ぽの湯船だった。すぐさま栓をし湯を為始めるが如何

せん湯量が細すぎる。

DSCF4069
湯に振れると熱い。湯温を計れば56℃もあるじゃない

か。下調べでは硫酸塩泉、炭酸水素塩泉でかすかに

白濁する湯

DSCF4068
2分後にここまでしか湯が貯まらず湯船一杯になるに

は1時間近く掛かると思われ痺れを切らして湯浴びを

することにした。

DSCF4072
この湯温で湯船が一杯になったらとてもじゃないが入

浴できないが適度に石やコンクリによって湯温が冷や

され心地よいが湯量が少なすぎる。

DSCF4066
ここから赤倉温泉街までどのくらいの距離があるのだろう

大変な思いをして湯を引いているんだね

引き湯の温泉街で思い出すは 富山の宇奈月温泉、福島

DSCF4075
の岳温泉であった。そんな引き湯の湯に浸かるより源泉に

ある湯に浸かりたいと思うは拙者だけだろうか


源泉小屋内部