2016.7.16

久しぶりに温泉旅行に出掛けることにした。先日行った那須周辺の温泉

巡りが懐かしく3連休と言うこともあって新潟から長野界隈の秘境を巡る

ことに決めこんだ。今ポリバスの湯、鼻毛の池鉱泉は、足湯だけしかでき

ない悔しい思いが残ったが、次はちょうどおなかも減ったので昼食のため

DSCF4043妙高市へ向け昨今話題になっている「豚汁ラーメン

」を実食しエネルギーチャージ完了。さあ燕温泉へ

急ごう。


DSCF4045
燕温泉に着いた。下界は晴れだったが1000m超の

この地は、雲の中にすっぽり包まれていてこれから

向かう惣滝まで雨に降られないかと気を揉んだ。

おみやげ屋さんで、‘雨になりそうか’

このような質問が私は一番嫌いと怪訝な顔された。

だって 今にも降り出しそうな雲加減 地元民なら解るかな~と・・・

DSCF4046
まずは、河原の湯。

燕温泉にはこれまで2度訪問しているが、河原の湯

は崩落事故で不可能だった以外1度のみ入浴してい

DSCF4047た。

ガスが立ちこめる中どんどん進むが こんな天気の

中入浴客などいるものかと不安になった。


DSCF4048DSCF4049
河原の湯手前に架かる吊り橋

だが、対岸さえも霧に霞んでい

た。

DSCF4058
河原の湯到着  地図

そうここには簡易脱衣場があるが、湯船は一つ、混浴

の湯であったが、今日もまた姫の入浴はないって当た

DSCF4059り前か!

約38℃くらいの微温湯に親爺達が3人まったりとして

いた。それはまるでカピパラの入浴シーンそのものだ。


DSCF4060
そんなことより今日のこの湯も以前と変わりない乳白

色に包まれた見事な硫黄泉。やっぱり温泉は濁り湯

がいいね

DSCF4057
どうこのまったりとした顔!運転疲れも一気に吹き飛

んだ。この湯の硫黄臭は強烈だった。家に帰ってから

も体から香ってくるが 加齢臭同様体から臭いを発す

るのはあまりいいもんじゃないね

この後惣滝に行く予定があるために すぐにこの湯を後にした