2016.6.5

久しぶりに日帰り温泉と洒落込んだと言うより ‘右肩が痛いんだ’

その肩痛もあと少しのところまで治癒してきたが、最後は温泉療養

と決めていたが、あいにく日曜の一日しか余裕が無く日帰りで行け

る温泉地を思い浮かべ濃厚でなおかつ新鮮 そして安価な湯と思い

を巡らせたどり着いたは那須高原周辺であった。

DSCF3941只今、那須塩原温泉郷のいで湯 福渡温泉 

岩の湯 地図に入浴を済ませたが、時間的に

まだ行けるで思いついたは、木賊温泉であった。

岩の湯のロケーションが素晴らしかったためもう一湯も素晴らしいロケ

ーションを切望、確かにこの近くにある塩原温泉新湯の『むじなの湯

寺の湯』墨色の元湯温泉『大出館』と甲乙つけがたい湯であったが

気分は開放的な屋外の湯を体が脳が望んでいたんだ。

早速ハンドルを握りアクセルを踏み込んだ。片道70kmもあるが行ける

DSCF3942と思ったら苦にもならない

着いた。2010.3.22入浴

この湯へは何度来ただろう。かれこれ5回?は、来


DSCF3943ている大好きな湯であった。

そして今も懇々と足下から湯が湧き続け無色透明な

湯が湯船いっぱいに満たされている


DSCF3944
今日は新潟からバイクで来た青年と同湯になったが、

混雑しない点もいいね。温泉は静かにまったりと浸か

りたいね

DSCF3945
今年は雪不足のため地下水の水位が上がらず未だに

吹き出さない福島大塩温泉に存在する『季節限定露天

風呂
』に湯が吹き出していたなら今回絶対にそこまで行

DSCF3946っていた。

今日の時点でも湯が噴き出していなかった

今年はこのまま吹き出さないで終えてしまうようだ。


DSCF3948
自然の摂理。だからこそあの湯は奇跡の湯なのだ。

そうそうこの湯木賊温泉も奇跡の湯だと思う。足下から

沸き出す湯が人間は入浴するのにちょうど良い湯加減

DSCF3949の湯が湧き出すんだから・・・

朝早い出発だったから会長を誘うの躊躇ったがやっぱり

誘わなかったのを後悔していた。


会長 またどこかの温泉へ行こうね