2016.1.22

降って湧いたイタリア旅行が始まった。

スマホナビとレンタカーを使いローマからフィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノと

そしてピサ巡る旅行の2日目が始まった。

極寒の中であったがサトゥルニアでの野天湯は、実に楽しかった。

さあ 次行こう。

次はトスカーナ州にあるシエナ。

ここには、世界一美しいと称される広場『カンポ広場』がある他、中世の文化都

市シ工ナで今なお景観が残る世界遺産の街。

DSCF3165
小高い丘陵地の中を車はどんどん進むとオリーブ畑の中

を進んでいた。

YOUTUBE動画

このパッチワークのような風景どこかで見覚えがある

そうだ 北海道美瑛の丘にそっくり、まるでどこでもドアで移動したようだった

DSCF3166
今度はブドウ畑。日本のものに比べて背丈が低いのが特

徴。イタリアの州名の中で一番知名度があるトスカナ州は

正しく世界有数のワインの産地から来ている。

DSCF3167
オリーブの木が道路脇に立っていた為途中下車。

時季外れなのだろう木には実がなっていないが、足元に

は沢山のブラックオリーブの実が落ちていた。

DSCF3168DSCF3169






DSCF3170DSCF3171DSCF3172
YOUTUBE動画





田園の中に突如現れた都市、それがシエナだった。

この町にもZTLが設定されていた為地域外に車を駐める必要があるが

設定エリアがよく解らなかったが、何とか無事に駐車することが出来た。

地図

DSCF3175
地図  ローマでは確認出来なかったZTLゾーン

この門より先が「シエナ歴史地区」=ZTLゾーン



DSCF3192
その先にあった監視カメラ。こいつで車載ナンバ

ーを読み取り違反者に通知警告する・・・が景観

を守る為ならしょうが無いか 地図

DSCF3176
カンポ広場への道のりは解らないが、取りあえず

看板が設置してあった為ひたすら歩いていく。



DSCF3177
広場までの道は常に上り坂となっており厳しい道

のりでもあった。その沿道には僅かばかりの店舗

があるがとても華やかな場では無い。

DSCF3178
何だろう 礼拝堂なのかな  地図





DSCF3179
更に歩を進めるとなんと珍しいお店があった。

日本shop sol levante とは=朝日の意味であった

ドア越しに中を覗くとラーメンなどの食べ物もある他

雑貨も販売しているが、イタリアに来て始めてみる日本shop。台湾やバン

コク、バンクーバーでも沢山見られる日本のお店だが、ローマではお目に

かかれなかった。更に自動車でもそうだ 先ほどの3都市では日本車で溢

れかえっていたのにここイタリアではたまに見る程度でほとんどがヨーロッ

パ車、韓国の車もたまに見る程度だった。

イタリア人は他国の文化に興味が無いのか自国に対する愛着心が根強い

のか他国文化をまず見ない国であった。

DSCF3180でも将来的には日本のコンビニや飲食店は進出しても絶対

成功すると思う。それだけ日本文化やグルメは絶対的だと

思うのは拙者だけでは無いはずだ。


DSCF3181DSCF3182
お土産にイタリアの国旗はいいね。

でもミラノでサッカー観戦した際にイン

テルの旗がほしいんだよね

DSCF3183
マンジャンの塔 (10:00-19:00 8€) が見えたが、高いね

今回は登る予定が無い。登るのはフィレンツェのクーポラが

待っている。

DSCF3184
10:42  カンポ広場到着 

緩やかな勾配が付けられた扇状のこの広場は、ど

こかの円形劇場のような雰囲気が醸し出す。

DSCF3185DSCF3186
プブリコ宮殿

広場の縁に来ればお盆状の全ての広

場が見渡せるさまは圧巻の風景

DSCF3187
これらの印象により『世界一美しい広場』の称号が

与えられているのだろう。

広場にあるガイヤの噴水

DSCF3188
他に大聖堂や洗礼堂などもあったがフィレンツェへ

急ぎたい為見ずに終えてしまった



DSCF3189DSCF3190
プブリコ宮殿チケットセンターに

は念のため訪問していた



DSCF3191
路駐した車が少しは心配になったが、車には何も異

常は無かった。

イタリアではメイン道路以外裏路地なら駐車しても可

DSCF3193能らしい

さあ次はフィレンツェへ行くぞ