2015.5.24

4年ぶりの大分温泉旅行も終盤に差し掛かっていた

次は 別府三秘湯の一つ 鶴の湯

これまで2度訪問し 一度は正月でその時は枯れていて驚いた

  2010.4.25入浴  2011.1.1訪問

DSCF1028
蛇ん湯からの帰り道に林道から見える鶴の湯

地図



DSCF1030
この鶴の湯迄の道のりも知悉していた。

こんな張り紙があったが,どうも警察はあの事件以降不審者

に対する緊張感ピリピリ感が伝わってくる

DSCF1031別府秘湯を守る常連会?って何?

でもね みんなで監視し悪人を近づけさせないことも大事だね

頑張りましょう


DSCF1034
この風景 早々鶴の湯だ。思わず早足になってしまった

冬期は枯れてしまう湯 さて今日は大丈夫だろうか?の心配

は無用だった

足元には湯船からの廃湯がしっかりと流れていた


DSCF1032
地元民の方々が入浴していたため入浴シーンは撮影しなかっ

たが、新たな情報を得た。

ここには石垣が組んだ遺構が周りにあるが これは以前旅館

が存在していたそうだ その湯船が今もこうして使われているそうだ

それにしてもここの湯は劇熱の湯だ

熱さに強い拙者でさえ難儀してしまうほどの湯温に広島から車で来た青年は茹で蛸
DSCF1033
の如く真っ赤になっていた

やっぱり別府三秘湯は最高だね

こんな施設が絶対閉鎖にならないことを切に願う

これは日本文化遺産だ

だからこそみんなで大切に守っていこうじゃないか