2014.11.22

『歩いていこう旧中山道五十六次』も今回の旅で完結となってしまう

東海道五十三次を歩き終えた瞬間は二度と街道歩きするもんか・・・思ったほど疲れていたが

今はまだまだ余力が有り余っている

このままならまだまだ歩けそうだ

時が経つというのはこんな物かも知れない

ゆっくり鑑賞しながらの旧中山道五十六次も今こうして一日目の行程を終えてしまった

最後だからゆっくりと思っても時は経過してしまう

だからこそ 今を一生懸命に生きよう

時間があるなら未知の地へ出掛け グルメを堪能するもよし徘徊するもなおよしだ

休日家でTVや昼寝は成るべくなら止めよう(だが、時には妻の顔色を伺わなくては為らないときがある)

人生にはリハーサルがないんだ



本題へ戻ろう

今、大井宿本陣前を通過、ここには二回目の枡形があった

今日はもう少し 恵那駅まで向かいそこから電車に乗って本日の出発地南木曽駅に戻る予定

DSCF8985DSCF8982
すると旧街道沿いではこんなイベントが開かれていた

のれんアートコンテスト

 全国から公募で集まったのれんを、長島橋から大井宿本陣跡までの中山道の各商店や家の軒先に掛け、通りを歩く観光客らに、気に入ったのれんを投票してもらうコンテスト。個性あふれるのれんアートが道を彩り、目を楽しませています。

DSCF8983DSCF8984
14:20  地図

ここは「ひしや資料館」




DSCF8986中山道 ひし屋資料館


大井宿の有力な商家であった古山家住宅を改修・復元し。建築当初の状態に限りなく近づいています。
資料室には、当時の商業の様子や当主がたしなんだ俳諧について古文書を中心に、また、大井宿や近隣村の特色に触れる資料などが展示してあります。この「ひし屋」は平成9年に恵那市の文化財に指定された。 

古山氏は、地銀の十六銀行設立にも係わった名士でもあった

DSCF8987
暖簾コンテストは疲れた体にビタミンを与えてくれる。

こんなもんと言っては失礼だが、町の人みんなで宿場を盛り上げようとする

心意気がひしひしと伝わってき初めて訪れた拙者の心を和ませてくれる


DSCF8988
こうして色々な暖簾を見ていると 幼稚園児から大人の力作まで様々だ

果たして暖簾に求められる図柄って何だろう

暖簾は飲食店の入り口にも掲げられることが多いが一番多いのは民家で


DSCF8989の使用例だろう

だからこそみんなが心温まりいつしか笑顔になっていくような作品がいいね

でも これらの作品に一票は難しかったし長島橋まで歩いてみないと結論は

出なかった

DSCF8990
暖簾の掲げる宿場内には、格調高い本陣正門や、格子戸のある庄屋宅、旧

家や旅篭屋などが今でも面影をしのばせていてこの暖簾ととても調和が取

れた素晴らしい街並みだと思う


DSCF8991BlogPaint
旅館いち川さんのT字路を曲がる

ここが3度目の枡形であった




DSCF8993DSCF8994DSCF8995
14:31  地図

市神神社前が4度目の枡

形道


DSCF8996DSCF8997
5,6度目の枡形を通過するとここ大井橋に出る

今でこそ立派な橋になっていたが往時が木を渡した

だけの簡素な橋だったそうだ  地図


DSCF8998DSCF8999
14:38  地図

あっここ 東海道五十三次歩き終え 帰り道に秘境

駅で名高いJR飯田線小和田駅に向かう際に偶然


立ち寄っていた場所。

あの時は『二度と街道歩きなんかするもんか』と言うほど疲弊していたが・・・まさか翌年に歩いているな

んて想像も出来なかった

DSCF9001
今日の徘徊はこれでお終い。

明日は 中山道五十六次の千秋楽となる

楽しみと言うより寂しさの方が増している


ああ 終わっちゃうよ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2014.11.23

『歩いていこう旧中山道五十六次』も今日で完結となってしまう

東海道五十三次を歩き終えた瞬間は二度と街道歩きするもんか・・・思ったほど疲れていたが

今はまだまだ余力が有り余っている

本来ならゆっくり歩きたいところだが、夜 式根島で会った青年と久しぶりに会う予定になっているため

急ぐ日程となってしまった
DSCF9009
5:27  眠いよ~寒いよ~

現在の気温 2℃ どおりで寒い訳か・・・日中18℃まで上がるの?

この気温差はちょっと辛いかも知れない


DSCF9010
そんなこと言ってられない。今日は御嶽宿(31粁)まで歩きその後伊那市ま

で行かなくてはならない。御嶽から先は2014.6.21完歩済みでここ大井宿か

ら御嶽宿間を歩き終えれば中山道五十六次も全て繋がってしまう訳だ


DSCF9011
晩秋のこの時期は日の出が遅い為当たりは真っ暗。寂しいよ 怖いよ

誰か助けて・・・




DSCF9012DSCF9013
あ 暖簾が出しっ放しだった 

夜間片付けないんだね




DSCF9014
すると暖簾コンテスト投票所があった

もちろん投票することも可能だったが 一つを選びきれなかった為今回は

棄権した。


DSCF9015
これが投票用紙

本陣跡から長島(おさしま)橋までと意外と長い距離。全てを見て記憶して

一票投じるのも大変な作業だね


DSCF9016
5:55  地図

坂の上交差点




DSCF9017
旧道はこの階段を上がって行く。往時は小高い坂上にあったのだろうが、

今は削された交差点となっていた。

なかなか明るくならない。夜明け前が一番暗いと言われるように真っ暗だ


BlogPaint
6:07  地図  旧道は右へと逸れていく

少し前からカメラのバッテリー不足と表示された。そういえば昨日も同じ現

象が現れ撮影時間を短時間にして小電力で何とか熟してきたが、今日もだ


った。昨夜間違いなくフル充電してあるはず・・・なのに何故?とこのときには思い当たる節がなかった

後で気が付いたのだが 外気温が低くいくらポケットに入れてあったカメラのバッテリーが寒さで機能し

ていなかったんだ

いざとなればipadのカメラもあるが、ipadを使いすぎてネットが使えなくなると道に迷うことだけではな

い路頭に迷うことになり兼ねない。

それだけは避けたい

だが折角の工程を画像に納められないのも辛い

節約しながら撮影するしか方法はなかった

DSCF9020
この先の峠越えがあることはこの時点では知るよしもなかった

地図




DSCF9021
東の山並みが明るくなってきた東雲の時が近づいた

日の出はまだ遠いな




DSCF9023
JRの踏切を越えると一気に田園の中を進み中央道ガード下へ

だんだん寂しい山道になっていく

やっと足元が確認できるくらいの明るさになったことに胸をなで下ろした


DSCF9024
6:13 『これより西十三峠』の石碑

この先峠道としか思っていなかった。中山道の難所は、碓氷峠、和田峠は、

攻略済み。恐るるにたりないものなどなかった


DSCF9025
6:16  十三峠と言ってもたいしたことないと思っていたが、未明の山道は

何か異様に不気味。間違っても出会す人などいない。出会すといったら熊

か猪だろうの心配が浮かんできてしまった


DSCF9028
6:23  槇ヶ根一里塚

やっと明るくなってきた




DSCF9029
日の出は近いな

今日もいい天気になりそうだ




DSCF9030
6:24  槇ヶ根一里塚を越えると尾根沿いの道に変わり素晴らしく展望がいい

すると 桜百選の園 の石碑

辺りの樹木は間違いなく桜の木。春には素晴らしい眺望が拝めることだろう


DSCF9031DSCF9032DSCF9033
するとメガソーラー発電装

置があった。 地図

大震災後 国の政策で始


まった再生可能エネルギーだが、ここに来て雲行きが変わってきた。

国はもっと一貫とした政策をとって欲しいものだ(我が家の屋根にもソーラー発電が乗っている)

また最近は電気ケーブル盗難事件が多発しているとニュースで報じていた

BlogPaint
6:36

建設会社脇の草道が中山道




DSCF9035
木の葉の絨毯の中を進む






DSCF9036
6:39

槇ヶ根立場跡




DSCF9037
6:40  立場跡の先に「追分道標」がある。  地図

ここは伊勢・名古屋へ行く下街道との追分。上街道(中山道)を通るより4里

ほど近かったことから、たいへん賑わった街道であったそうだ


DSCF9038
異様な土模様??

これは猪が、土中の虫を探して鼻で掘り返した痕跡だと勉強済み。

勉強済みはいいが・・・と言う事は猪が生息する山だと再確認


DSCF9039
6:49  姫御殿跡

ここは祝峠といい、展望がよいので旅人にとって格好の休憩地であったそ

うだ。


DSCF9040お姫様が通行するときは、ここに仮御殿を建てて休憩されることが多かっ

たのだとか。





DSCF9041
6:52  地図

姫御殿先に『首なし地蔵』があるが、縁起でもない

そそくさと通過してしまった 


DSCF9042
7:06

やっと朝日が降り注いできた。暖かい 暖かいも何よりのご馳走だが

明るくなったことが何より嬉しかった


BlogPaint
四ッ谷集落の中を通過し再び山中へ入ろうとしていた  地図

ここらであの十三峠の意味が別もんだと疑惑が湧いてきた

もしかしたら13もの峠道が連なる道なのかな?


DSCF9044DSCF9045
7:21

紅坂一里塚




DSCF9046DSCF9047
7:31  地図

藤川を渡り国道に出ると、道路向こう側に見える

のは「藤村(ふじむら)高札場跡」


DSCF9048
こんな山奥にも民家があった。ここは深萱(ふかがや)という集落

たまたま住民と会話が出来た

この辺の田畑には電気柵が沢山あるが猪が田畑を荒らすんですか

猪も鹿も沢山いて困っている

猪などは最初は効果あったが電気柵も最近では怖がらなくて困っている

今日展示会があり最新式の猪除けがあるんで見に行ってくるそうだ

そうそう 熊が出るから注意して行きなさいと教えられた

鳥獣害対策と野生生物の専門家による鳥獣害防止の”知恵”を発信するブログ

BlogPaint
7:33  旧道は深萱集落内へ入っていく






DSCF9050DSCF9051DSCF9052DSCF9053







DSCF9054
7:53  地図

ここから瑞浪市。ここまでいくつもの坂を上り下ってきたことだろう

もう少しいい道は無かったのだろうか?


確か平行して木曽川の流れがある 河川敷は洪水の影響があるため無理としてももう少し平坦な

ところを歩けたはずなのに どうしてこんなに困難な道を作ったの

それとも参勤交代をより大変に仕向けたのかな

BlogPaintDSCF9056
8:00

観音坂は、とても整備された坂。瑞浪市は中山

道の価値をとても理解している


DSCF9057







DSCF9058
8:19

炭焼き立て場跡




DSCF9059
集落のとある民家の納屋に『シバタ式脱穀機』があった

柴田三代治と農機具生産. 株式会社柴田商会の創立 ... 兵庫県. 上郡町 

3. 柴田工業

上郡町においても、犂(すき)や踏車(ふみぐるま)、千歯扱(せんばこ)き、唐箕(とうみ)など 、町外各地で生産された特色ある農機具が広く使われていた一方、柴田三代治(みよじ) 氏らによって、株式会社柴田商会が設立され、除草器や足踏脱穀

と、ここまでしか解らなかった

DSCF9061
旧道は中山道ゴルフ倶楽部の中を通っていた

地図




DSCF9074
旧道を歩いていたらロストボールがこれだけ落ちていた

これって 今朝は拙者が一番最初。でも昨日は・・・

恐らく日中歩いた方がいたら拾っていたと思う


でもゴルフをプレイする人は日中だけ

これらの要点を想像するに  昨日旧道を歩いた人はいなかった筈

それだけ旧道を歩く人は希で この旧中山道は実際には観光資源にはならないって事だ


DSCF9060
8:35

樫ノ木坂  坂が多すぎてもう何が何だか解らない




DSCF9064DSCF9065
8:45

阿波屋の茶屋跡   やっぱり瑞浪市教育委員

会は偉い


DSCF9066
8:48

街道際に『尻冷やし地蔵』が鎮座している。

ここは旅人にとっては貴重な清水の湧き出る場所。

この清水に感謝して建立されたのだそうだが、清水で尻を冷やしているように見えるので、こんな愛

称で呼ばれるようになったのだとか。

BlogPaint
8:50  地図

もうすぐなんだけどな大鍬(おおくて)宿、なかなか着かない




DSCF9068
8:53

しゃれこ坂




DSCF9069
9:01

ここに来て初めて十三峠の意味がわかった。十三峠とは峠の名前ではなく

十三もの峠が連なった山道のことを言うんだと・・・


DSCF9070東海道の時もこの中山道も一緒 予習しないでい行き当たりばったりの旅

この石碑があるということはここが京側入り口と言うことだ

つまり 十三峠を通過し終えたんだ

ああ疲れた

DSCF9071
大湫(おおくて)宿到着

東に十三峠、西に琵琶峠に挟まれた山間部に小さな宿場町

タイムスリップしたかのような街並みを見るにつれ中山道五十六次の旅は


DSCF9072
時間旅行という名のトラベルなのかも知れない






DSCF9073
9:05  大湫宿本陣跡に到着といってもここは小学校の校庭

昔はここに本陣が建っていた

日本橋から数えて中山道47番目の宿場町


DSCF9075だが、その本陣に関する説明看板や石碑など一つも掲げてらてれなかった

早朝の3時間半の峠歩きは堪えた

でもどうしてこの道が、『歩いていこう旧中山道五十六次』の完結道になって

しまったんだろう

最後の日はもっと楽なコースを選べはそれこそ 楽だったな中山道・・・と次の期待も膨らむが

あまりにも過酷すぎたこの道 

独りニタニタ笑いがこみ上げてきたんだ

最後の最後にこんな過激な道を歩くなんて拙者らしいと言えばそうかも知れない

ああ 疲れた

暫し 休足してから旅立つとするか