2012.10.25

式根島にある温泉に入り終えてしまい

DSCF8317行く当てがない

超貧乏性の拙者は、とにかくゆっくりなど出来ない

ゆっくりするときは本当に具合が悪いときぐらいだ

ここは湯加減の穴。

DSCF8318
地鉈温泉の行く道すがらにある名所だ

湯加減の穴とは、この穴から水蒸気が立ち上ってくる

意外と奥行きは深く、小市民であるからめっいぱいなど手を差し込む勇気もない


と言うのも日本版真『実の口』に見えてしょうがない

【水着着用の温泉、ルールを守って入浴できましたか?】と問われそうで怖かった

実際にはもっともっと奥に差し入れれば温度が上がったが 暗くて映らないなどの撮影には難しかった


DSCF8319
10泊3万円の宿?

誰か泊まる人いるのかな

この式根島は結構フリーなことが多い

キャンプ場も届けさえすれば無料

DSCF8320海岸での釣りも漁業権と口うるさくいう人はいない(らしい)

軒先で赤いものに目が止まった

唐辛子かな でも鷹の爪のような形をしていなく丸尾を帯びている

俗に言う島唐辛子なのかな

DSCF8321
店先にこんなポスターが掲げてあった

『ありがとう あぜりあ丸』 11月18日 最終就航

調べてみれば 下田航路の旅客船

昭和63年竣工から運航してきたあぜりあ丸。就航から26年を過ぎ、退任というわけです

新しい船は「フェリーあぜりあ」という名前のとおりフェリー船に替わります

DSCF8322
こうして島内を徘徊していても気になることがある

足は自然と白石川海岸・海中温泉へ向かっていた

本来の温泉はすっかり海中に沈み、先ほど入浴した湯も現在は潮が満ちて来、


今 同じ湯船に入浴すれば海水温の冷たさだけが感じられここに温泉が湧いているなんて信じられない

ようになっていた

DSCF8324
再び 松が下雅の湯にも訪れてみたら メインの湯船が満々と湯が満たされ

ているのが目に入り 再度入浴することにした




DSCF8325DSCF8326
この湯では拙者を感動することは出来ない

この湯に入るなら 地鉈温泉の湯船に入りたいと

すぐに上がってしまった


DSCF8327DSCF8323
どうも疲れたみたいだ

岸壁行っても詰まらない

取りあえず宿に帰ろう


DSCF8328
小学校の前を通ったら スポーツ少年団?がサッカーの練習していた

500余名の島民の割に子供が多いんだな

しかも全面芝生張りの校庭って凄い


DSCF8329DSCF8330
自動車修理工場の片隅にモアイ像があった

なんでも池袋駅前にあるモヤイ像はここ式根島から

送られたそうだ


宿の夕食時 お客さん小学校でサッカーみていたでしょ。OO商店で自転車借りたでしょ・・・だって

日中の行動全て見透かされていた

小さな島だからこそのネットワーク。

ここでナイスな情報を手に入れた

実は、この土日 この小学校でサッカー教室が行われていた

FC東京のOB選手が来島し子供達に指導する

すぐに 別な民宿に泊まっていた青年に連絡

明日 一緒にサッカー教室を見学することになった

何でも同宿の男子がサッカー大好きで一緒に来るそう

明日 何しようか路頭に迷っていたから・・・明日も楽しそうだ

お休みなさい