2014.9.14

昔の街並みが残る地域 足助へ向けて車を走らせていると 廃線の駅らしい建物が目に止まり

急停止
DSCF7811DSCF7812
旧駅舎の中に案内板が掲げてあった

ここは、名古屋鉄道三河線 西中金駅 地図





西中金駅(にしなかがねえき)は、かつて愛知県豊田市中金町にあった名古屋鉄道三河線の駅(廃駅)である。

三河鉄道時代には紅葉で有名な香嵐渓のある足助町(現豊田市)まで延伸する予定だった。だが、世界恐慌による資金不足や戦争などの影響で当駅までの延伸以降は延伸が進まず、名古屋鉄道合併後も事業免許は得ていたものの、最終的には断念して事業免許を返却した。現在も西中金駅の駅舎はバス停留所として使われている。

その為廃線となった駅舎が残る珍しいケースでもあった

DSCF7813
ホームに佇めば レールがまだそのまま残っており郷愁を誘うね

更に足助に向けて走って行くと ここにかってレールが敷かれ汽車が走っていた

形跡があちらこちらで見受けられ そのような軌跡を探すのも楽しい旅だと気付


いた

レールが敷いてあった地点  地図

三河広瀬駅  地図  西中金駅と共に駅舎とホームが国の登録有形文化財に登録された


鉄道が廃止された地域に繁栄はない

地域創生の鍵は鉄道復活だが、自動車社会の今容易なことではないね